抜き切り

Pb260903

知人のマー坊が杉の木を伐採、狭いところで倒す方向は

ワイヤーを張り切る、

Pb260906

最初にワイヤーを張る、

Pb260904

受け口を入れる、倒す方向に

Pb260905

そして切り倒しである、見事に目指す方向に倒れる。

| | | コメント (0)

張り子の虎

Pb250895

倉真の干支作りが始まる、これまで竹で骨組みを作り、

今日から藁で肉を作り始める。

Pb250896

藁を小束にして袴を綺麗にしてからの取り付けである、

Pb250898

やはり人手が足りない、

Pb250900

 

| | | コメント (0)

Pb240893

気温10度で寒い日に生姜を掘り穴釜に保存する、

15度位なら良かったが寒いので、保存にはもうすこし早いのが良い

Pb240894

南向きの土手の斜面である、毎年同じ穴で出し入れ、

Pb240892

今年は気温が寒くなるとの事、いつもより上に掛ける

保温材を増やさなくてはならない。

 

| | | コメント (0)

卵から幼虫アサギマダラ

Pb150834

鬼女蘭の種を確認に行く、なんだか萎れ方がおかしいが?

Pb180858_20211123193101

その鬼女蘭の葉の裏にはアサギマダラ幼虫2匹と卵が3個

Pb180859_20211123193101

幼虫はまだ極端に小さい、葉の裏に付いたゴミみたいである、

Pb120821

山の中に見に行くには枝をかき分けて行かなければならない所だ、

Pb150846_20211123193101

気温13度でも日差しがあればアサギマダラが舞うが明日から寒さがまだ下がる、

どこかの暖かい場所に隠れているのかな?。

 

 

| | | コメント (0)

倉真紅葉

Pb210885

紅葉まっ盛りであるが、昼から雨が降り始める。

Pb210881

山の81号沿いは散り始めと見頃で、雨の影響が心配される。

Pb210884

風雨は強くなりそうも無い、落ち葉で路上がスリップの可能性大です。

| | | コメント (0)

次なる催し こんにゃく亭

Pb210878

倉真こんにゃく亭、アサギマダラの次は巨大干支

Pb210880

今日は「この月さい」で野点のお手前があるので

朝から人の出入りが多い。

Pb210876

話は戻るが巨大干支を作成し始めた、柱立てと竹の胴体作成、

Pb210877

初めての催しである、少し場所が狭いが、

Pb210879

さていつ頃の完成か?時々プログにのせます。

| | | コメント (0)

フジバカマ終わり

Pb180849

こんにゃく亭のフジバカマ花が枯れ始める、花は長く持つ

ドライフラワーに丁度良いのかな?

Pb180848

朝は冷えている、もちろんアサギマダラはいない、

Pb180847

山にはメスのアサギマダラが産卵のため、暖かくなる11時頃から

舞っている。

Pb150846

| | | コメント (0)

見られず

Pb190863

覗いていない原木に大きな椎茸が原木に覆い被さっている、

こんな大きな椎茸余り見たことが無い

Pb190866

メジャーで計測すると15㎝ある、夕ご飯に頂く、

Pb190868

月食は曇りで見られず、その前の夕焼けが綺麗であった。

| | | コメント (0)

忘れ物は

Pb190251_20211118192801

カメラとガラケーを置き忘れた、置き忘れた場所は分っている

最近は忘れ物多くなって来た、畑に行き作業を終わり帰ったら鍬が無かったり

ブルーベリー剪定に行き、ハサミを忘れたり、離れるときに頭に残っていない、

この先が恐ろしい、72歳でこの状態、若いつもりだが先が見えてきた。

| | | コメント (0)

Pb140827 

鬼女蘭の葉に白い粒、アサギマダラの卵ではないか?

Pb140829

違う葉には丸い穴が空きかけている、アサギマダラ幼虫が穴を空けた跡

Pb150831

他の葉には幼虫がいる、この所鬼女蘭の裏に沢山の跡が。

Pb140828

 

| | | コメント (0)

«色