« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

確定申告

Photo

昨年の確定申告に市役所 に出向く9じ15分頃受付 に順番を取る30番の札をもらい会場を見ると知人のMさんがいたので話を聞くと8時20分に受付に来て9番の札 私が終了したのが12時10分頃 時間は掛かったが申請は親切丁寧で簡単に済ませることが出来ました

Photo_2

遊び場の竹林を見に入るとイノシシの遊び場となって土が返されて散々の有様で落ち込みました どうしようもないです対策がないです 中国の竹の子を食べるしかないsad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の準備

Photo_2

金柑の実も野鳥に食べられ少なくなり 家庭菜園の野菜も少なくなって残りはブロッコリーの側ライシン

Photo_3

寒さで大きくならないブロコリー もそろそろ終わりに近ずく

1_2

ジャガイモのうね作りを鼻水をすすりながらぼちぼちこなうcatface寒い1日でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっとこさの炭

Photo

ドラムカンの炭焼きようやく出来ましたしかし肥料袋1杯でした 雑木の太さにより 出来が違うこと ドラムカンの中に材料を入れるのも大変 ドラムカンの形状の変更とタキグチをしっかり作成すること

Photo_2

細かな炭はさっそく家庭菜園の土譲改良にと畑にまきました

Photo_3

クド石灰と混ぜてジャガイモの酸度の調整に1週間後にジャガイモの植付けです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狩猟終了

Photo

2月15日本日で狩猟期間が終了です箱罠にクサリを巻いて鍵を掛けて終了です畑を荒らされるため やむなく昨年狩猟免許を取り箱罠を設置して20キロのイノシシ3頭を駆除できました

Photo_3

Photo_2

しかし狩猟最終日に昨年の暮れから出てこんなかったイノシシが出没して竹の子を食い荒らし始めました 今年も竹の子の収穫は見込まれないようです 獣よけの網は穴が開き使用不能となりこまったものだ このままだとジャガイモと里芋も被害は確実です 何とかしなければ あせるばかりです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

挑戦3

Photo

雨も上がり暖かいのでドラムカン炭焼きの窯明けをする タキグチの所は火が回り燃焼していました しかし全体は無炭化 どうもドラムカン自体の構造が悪いのでは

Photo_2

エントツの位置が上側に付いているため全体の温度が上昇しないのではと変更することに材料の出し入れが大変ですがとにかく炭化させることだけ考えよう

Photo_4 Photo_5

エントツ タキグチとも下側になる様に変更し試してみることに今日はもうヘトヘト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炭作り失敗2

Photo_3

またまた失敗今度は炭化しないドラムカンの中の写真 乾燥まではしているのか木が割れて細い木が炭になっている物もある

Photo_4

バケツ一杯ぐらい出来ているが炭の質が悪く柔らかい消し炭の様な炭である

Photo_8

そのまま火をつけ燃す 温度が上昇するまでに2時間は掛かる 炭化させるためのドラムカンの密閉は2時間半にして エントツの密閉は煙で適当に判断どうなることやら   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失敗の炭焼き

Photo

やはり失敗でした昨日の帰りにエントツを塞ぐべきでした エントツを見ると透明の陽炎の様な煙完全燃焼で灰とほんの少しの炭 火力はすごい 

Photo_3

炭化の様子が見れないのが問題 煙で判断するのは至難の技 青い煙で辛い匂いから黄色の様な色で炭化できるか試すとするかな。タキグチとエントツは土を水で練り塞ぐことに

Photo_4

イノシシは出没なしである竹林にも出てこない 今年は竹の子の裏年なのかrain

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新挑戦

Photo

ドラムカンによる炭焼きを新たなる挑戦としドラムカンのタキグチを切断し畑に持ち込む何の知識もなく無謀なる挑戦

Photo_2

雑木を60センチに切りドラムに入れるが横に入れようか立てに入れようか迷うが横にする

Photo_4

とにかく行動タキグチで2時間火を焚きタキグチを閉じるエントツをどのタイミングで閉じるか分からない 10時間置いてみよう明日の朝までちょと長すぎ でも夜中ではむり灰になるかな灰は畑に入れれば どうなるかなsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デコポン

Photo

小さな木に五個のデコポンが実のるこのところの寒さに柔らかくなってしまい取ることにしてました デコが小さく酸味が強い 肥料がたりないみたいのと日差しと寒さ 適地でわない

Photo_3

少し貯蔵して置けば酸味がなくなると思う しかし適地適作とは良く言いますが異論はないですね ビタミンCが取れれば良しとしましょう。

Photo_4

炭作りだめでした 炭ではなくて灰になってしまいました。ドラムカンの炭焼に挑戦しなければならない 大変だcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコ炭

Photo

家庭菜園の土壌改良の木炭作りです 北風が強く寒い一日となるが焚き火の要領で体を暖め ながらの作業 静岡新聞にステンレスで作成した製品が紹介されていましたが良い物だと思い ドラムカンで試して

Photo_2

雑木を適当に切りドラムカンに入るおおきさにする これが大変 種火となる枯れた杉の葉と竹の枯れたものを用意し

Photo_3

50センチの深さの穴掘り上にドラムカンをのせドラムカンの径に掘る 種火となる火を作り十分に燃えたところで雑木を入る

Photo_4

最上部に火が回り煙が出なくなったところでドラムカンを取り土を被せる 明日の楽しみにして作業終了

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草を食べる

Photo_5 

立春となったが寒い一日となる まだ目まいがなおらないが すこしずつ体を動かす山にはしらぬまに フキノトウが花をさかせています

Photo_2

フキ味噌を作るのには大きくなりすぎ あちらこちらと探し回り食べれることが出来そうなものを探しあてました

Photo_3

こんもりとし葉で包まれている物を取り 熱湯でゆがきミジンギリにしフライパンに油をいれ炒め味噌砂糖みりんを追加していため出来上がり

Photo_4

ほろ苦いフキ味噌の出来上がり 熱々のご飯に乗せて・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »