カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年7月

道にクワガタムシ

Photo

家庭菜園に行く道ルート81に大きなクワガタムシ、こんな大きなクワガタは見たことが無い、残念なことに腹部がありませんでした、カラスにでも襲われたのか、しかしまだ生存していました、

Photo_2 Photo_3

生命力はスゴイ、モリアオガエルのタマゴも雨に打たれ、解けて落ちそうだが、泡の中にオタマジャクシの姿は見られない、受精してないかも、

イノシシ出没

Photo_9

熊さんの草刈場にイノシシ出没、山肌を深く掘り起こして草の根を食べた跡、本当に困った物だ、有害駆除の許可は出ていないし、出そうもないし、年間通してずっと、許可してほしい物だ、特に中山間地の農林業者の狩猟免許を持っている人に、許可を出して、

Photo_10 Photo_11

山百合は全滅寸前 クマガイソウも全滅、自然保護も鳥獣以外もあるのに、トラバサミの禁止も排除してほしい物だ、

Photo_12 Photo_13

モリアオガエルが、タマゴを2個産卵、オタマジャクシの面倒を見ることが出来ないので自然に任せることに、弱肉強食、頑張れモリアオガエル。

援農

Photo_4

昨日援農作業が終了、夜の雨で茶畑が濡れ、茶刈り作業は大変、そこに来て蒸し暑さが加はり、汗が、流れ落ち 眼の中に入り 痛いこと、

Photo_5 Photo_6

午後3時に茶刈り作業は終了、雨模様を気にしての、せわしない お茶刈り、眺めの良い場所で 気分転換には良い所です

Photo_7 Photo_8

最後の茶畑は竹があり、風が通らないので、より暑い、茶工場の中も暑い、脱水症状に気をつけ 水分補給に、茶3リットル飲み干す。

山菜、山野草のその後

Photo

山菜のウドは2メイターになり、ウドの大木、まだ成長する芽は次々と出て葉、と茎になり成長途中、後50センチは伸びるだろう、

Photo_2 Photo_3

クマガイソウは、葉が開いたままで、新芽は出てきません、セッコクは新芽がでてきました、種粕肥料を花のお礼に与えてやらなければ、ならないのですが、手が回らない、まずいPhoto_4

今からは山百合が咲きます、しかし球根をイノシシが食べ、ほとんど見られなくなってきました。

援農

Photo_2 

朝7時30分に茶畑に付き、昨日と同様に乗用茶刈り機による茶刈りに、今にも雨が心配の空模様、軽トラ2杯、刈り終わり、機械の片ずけ、シートを被せロープで固定、次は2人用の茶刈り

Photo_4 Photo_5

茶刈りを初めると、雨がポツリ、これはまずい、軽トラ1車刈り、雨で中止に、最悪の事態に、まだ2日刈り取りしなければ、天気は晴れマークはなし、毎日天気予報とにらめっこ。

Photo_7

 

援農2茶刈り

Photo_2

援農の要請が昨日の夜連絡あり、キュウキョ決まり今日7時に家を出る、本日の作業は乗用茶刈り機の手伝い、

Photo_3 Photo_7

とにかく気温が高く、暑い暑い、眼の中に汗が入り、痛い、水分補給を取りながし、飯が食べれない、7月にお茶刈りは、今まで行つたことは有ったかな、

Photo_10 Photo_11

熊さんも、乗用茶刈り機を運転、見よう見真似で4通り刈る、しかし、最後の1通りで運転失敗、ガクガクトノッキング、危なかった、明日も茶刈り、早く終了させなければ、安全第一、明日も朝早い、早く寝ることにしよう。  

水被害、潅水ホース抜ける

Photo

3日前に潅水ホースを直したとこが、昨日の雨 で抜ける、水量が多く、悩むが今日は気温が30度と暑くそれならば、川に入ろうと、修理に川の中に。

Photo_2 Photo_3

川幅一杯に、水が有るが、ひざ小僧より浅い、水しぶきで、涼しい 、天国だしかし、水量が少し多すぎで修理には手間取る、1時間水に漬かり、要約完了

Photo_4

山菜かな?、沢に沿ってミョウガがあるので、覗いて見ると小さいが、出ている、冷奴の薬味に取る、旬の味、美味である。

ブルーベリー収穫

Photo

なんとかブルーベリーの収穫が、始まる、ハイブッシュ系で大きな実も、しかし木が2本しかなく1回の量が50グラム位なので冷蔵庫にストックすることに

Photo_3 Photo_4

収穫量を多くしたいのですが、ラビットアイ系の収穫に変わらないと、ジャムと果樹酒作りに移れない、

Photo_6 Photo_7

7月の下旬に、最盛期になり、大忙しになる、 

ズッキーニ、受粉の結末

Photo

ズッキーニの受粉を行うが、変形してしまう、雨の影響、収穫し始めは変形なしだったのだが、受粉を手伝うようになつてから始まる、

Photo_4  Photo_7

親指位の大きさにはなるのだが、花ガラは落下せず、腐りがはいる、又まったく大きくならず、黄色く変色し腐る

Photo_8 Photo_9

何もせず自然に任せて、置いても、ある程度、成長し収穫 出来る、何が悪いのか、野菜が何を求めているのか、まったく分からない。研究しなければ??。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年12月 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29