« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

仕事収め

Photo

今年最後の仕事は雑木の切り倒しで終わりかな? チェンソーの使いこなしと刃の研磨を習得する為に抜木切りと雑木切りで今年も終了かな

Photo_2 Photo_4

チェンソーの作業は非常に疲れが激しい、足場の悪い所と、細心の注意を払わないとチェンソーの刃が木と木に挟まれてしまう。細い雑木でも油断できない。

Photo_8 Photo_9

ケヤキの木が背が高く、思いのほか先端部分が遠くに倒れるし燃すのにも短く切らないと燃えない、手間が掛かる仕事です。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焚き火

Photo

畑の横の雑木を切り畑の中での焚き火、切り倒した生木をそのまま燃すことに 火が付かない枯れ竹を種火にして何とか燃え始める

Photo_2 Photo_3

川の岸に雑木を集める、ドラムカンで炭焼を行いたいのだが昨年は巧くいかず、炭は少ししか取れずに終わる。

Photo_6

足場が悪く切り倒すのに一苦労、そしてこの所の寒さで体が動かない先が思いやられる。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山林

Photo

杉の木に巻きついた太い藤、見た瞬間は蛇でも居るのかなと思うほどの迫力、ぎゅっと締め付けて食い込んでいる。ナタで藤を切ると音をたてて緩むすごい力、杉の上部は枯れて死んでいる。

Photo_2 Photo_3

木も、くの字に曲がり間伐する、2時間の作業で手首に痛み、古傷が痛む。

Photo_4 Photo_5

猪が体のダニ落としに こすり付けた雑木が多く見られる、杉の木でダニ落としを行えば杉の皮が剥がれ傷つき物にならない、雑木も必要かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒れた山林

Photo_4

山の中に入りビックリ倒木で荒れ放題、猪の道 と掘り返した穴、手間が掛かりそうである

Photo_6 Photo_7

雑木が多く桧木も根がはれないのか貧弱、雑木を切り倒すことに、しかし隣地との境が分からない、隣地の地主と話し会いしなければ、外国人に売り払うことも考えなければ。

Photo_10 Photo_11

木材は売れないし、山崩れが起きれば、県が被害を被るから地主が責任を持てと主張している、過疎の土地は県の土地でも要らないと主張おかしなはなしだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉

Photo

今年のブルーベリーは紅葉が見事なほどの赤色に染まりました、落葉も進みましたがまだ紅葉がみられます。

Photo_2 Photo_3

3年物の植木鉢のブルーベリーの紅葉が特に際立っています、植替えは来年の3月頃が最適だ、定植しても多くのブルーベりーが残りそうである、一本500円で譲りますのでどうぞ、山林管理の費用に使用したいのですが、緑の自然を保つのに御協力できましたら宜しく、

Photo_4

植木鉢で育てると庭先で多くの実が付きますが、花が付くと鳥が花を食べてしまいます早くから防鳥対策が必要です。肥料は固形の種粕で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水源修理、山水

Photo_4

山水の水源修理を行う、湧き水から水を取るる様に50センチのビニールパイプを取り付ける、ブロックの間から綺麗な水が出ているが、沢蟹がうろうろと多い

Photo_5 Photo_7

大雨が降り水量が多いときにパイプがどのようなるかわからない、今までは多穴菅を埋めて、水を取っていたので泥が混入し濁り水が出ることがあり、飲料水に出来ない状態になる。しかし飲料水は無理があるだろうな?

Photo_9

水源から一度コンクリの箱に水を溜め、20センチのパイプで大きなタンクに入れ、ろ過しているので良いかなしかしタンク内の清掃も行わなくては、苦難の水確保だ?   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里芋窯出し

Photo

里芋を保存してある窯を開け取り出す、11月初めに穴掘りして保存しておいた物です、一株そのまま保存です、

Photo_3 Photo_4

穴掘りして里芋を伏せて並べ、土で覆い発泡スチロールを乗せ、スチロールの上にも土、その上に土、そして水除のトタン、トタンの上にも土、掘り返すのに一苦労

Photo_5 Photo_7

バケツ2杯を掘り出す、親頭に腐りが入り、芽が出て居る物もある、しかし寒さが厳しくなるから、そのままにして置くことにする。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉈・鋸・購入

Photo

欲しかった鉈・鋸セツトの購入に金谷駅道り、山口刃物に行く、悩みぬいたすえに、195ミリのセツト物13400円を購入、財産区作業に必要で何回使うのか、森林管理のボランテアも大変、チエンソー・草刈り機、ナタ鎌、どうしようかな?

Photo_2 Photo_3

腰に刀のように紐で固定し出し入れする、鞘に収めて使用するので無くさないようにしないと枝打作業に鋸・鉈で使用

Photo_4 Photo_5

鋸は切れなくなると、目立て作業が必要で自分では出来なく業者さんに依頼しなくてはならない、鉈は何とか自分で研げるかな、大事にしなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

樹上

Photo

3日ぶりの山仕事 2,3日で終わる予定で居たのだが風邪で休み、体調を整え山の中に入る、しかし寒さが一段と進み身にしみる。

Photo_2 Photo_3

先日切り倒した桧木の切り株に猪が体を擦りつけ泥だらけ、近くには猪のうんち、人間の匂いも気にならない様子、箱罠には敏感に反応するのに。

Photo_4 Photo_5

安全を確保して作業しなければならないので、一本の枝打ちに40分掛かる、木が大きくなりすぎて枝が多く有り仕事も進まない。何とか終わるであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保存したジャガイモ

Photo

5月に収穫したジャガイモを土蔵に保存し、食用として使用しています、芽が伸びてきて少し柔らかくなり、おでん材料には最適な状態です、今日はシチュウにしていただくことに。

Photo_2 Photo_3

長く伸びた芽を一つ一つ手で欠く、9月に一度芽欠きを行い、今回で2回目である、今年のジャガイモは小ぶりで、収穫量も少なく残りバケツ一杯だけで、残りのジャガイモも芽を欠き再度保存する。

Photo_4

シチュウもアツアツで美味しく頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桧木の輪切り

124

山に入り切り倒した桧木直径20センチの活用方法が無いかなと思い、植木鉢の台にしようと輪切りに、チェンソーが切れなく凸凹の切り口に刃の跡がスジ状に、香りがすばらしい。

Photo Photo_2

チェンソーの刃が切れないので、細かな切りくずばかりである、刃の研磨の方法も簡単に出来れば良いのだが、次なる遊びがチェンソーの手入れかな?硬い桧木の輪切りが結構上手に出来たではないか。

Photo_3 Photo_4

桧木の枝打切りも20パーセント終了したのだが、遊びの時間は期限がないからのんびりと楽しもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枝切り

122

熊さんの山林の中にNttの電話線が張られおり、樹の枝が電話線に当たり傷つくとのことで作業に来ました。電力会社も来ることも有るが、立会いは初めてなので様子を見る。Photo

樹のことを理解している作業者で、枝の根元から切り落としての作業で、力枝まで落とし、電話線に掛かった枝だは最小限に切り落とすとのこと、信頼して直ぐに退散して、畑の草取りに向う。

Photo_2

切り落とした枝の置き場所を指定し他ところ、快諾して作業をしておりました。しかし他の業者の中には、邪魔になる枝のみ切り落として吉とする業者もいます。明日どのような常態化確かめたいと思うが。まいいかな?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »