« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

ブルーベリー畑

Photo

ブルーベリーの栽培が09年から始め 3年目になる、昨年は収穫時期に小動物ハクビシンが入り散々の収穫量でした。

Photo_2 Photo_5

09年に植えたブルーベリーは花芽が沢山付き、樹の負担が多く摘果の為に花を摘まなければならない、選定の時期に丸太小屋作りを行ったので、なおさら花芽が付く、樹が大きくならない。

Photo_12 Photo_14

ブルーベリーも定植しなくてはならないし、薪作りと家庭菜園の種蒔、忙しい毎日。       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山菜ウド見つけ

Photo

今年は寒い日が多いのに、春の山菜のウドが山にありました。霜が降り芽が少し枯れているが、春の香りが楽しめる。

Photo_2 Photo_3

秋に見つけて置いた、熊さんの穴場、しかし今年は雨が少なく乾燥した日が多く痩せて小さい、他の草に負けてしまったのか?

Photo_4 Photo_5

サバイバルナイフで収穫、来年の為に一株に2本は残す、芽が確実に霜に当たっている。天麩羅、それともヌタ、それともマヨネーズ、楽しみの春。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸太小屋

Photo

最近の雨で出入り口と小窓の方角からの風が吹き 出入り口からの雨水の浸入がある、

対策が見つからない、軒を出すことがベストのようであるが、風が強く吹くので考え物です

Photo_2 Photo_3

サッシは雨水を確実に防いでくれる現代品、出入り口の位置を間違えるたんだな。

Photo_4 Photo_5

内装は手付かず、ブルーベリーの花芽が膨らむ、管理がおろそかになる、選定時期も過ぎ去る、竹の子も収穫時期が始まりそうである。とにかく忙しい毎日である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薪割り

Photo

丸太小屋の中で燃す、薪作りの作業を行う、杉の丸太が沢山、山に有り活用しなくては灯油ストーブが有るのだが、東北関東震災で灯油不足であるから、薪の使用がよいのでは

Photo_4  Photo_3

命中率が悪くイマイチで細く割るのが大変である。

Photo_5 Photo_6

小屋の中で燃す達磨ストーブがあれば良いのだが、取り合えず燃すことが出来れば良いのだ 囲炉裏では煙が強く丸太小屋の中に居られない。薪ストーブでも同じことですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸太小屋の焚き火

Photo

丸太小屋の中での焚き火、昨日の里芋を見て、少し時期が早いのですが里芋の植え付けを行う、腐りの無く芽が出ている物を選び出し植え付けする、

Photo_2 Photo_3

溝を掘り、発酵鶏糞をいれ、土で覆いその上に里芋を置くことにする、今年初めての試みである、昨年は種芋の間に肥料を施して良しとしていた。

Photo_4 Photo_5

種芋は真上に芽を向けていたのですが、少し寝かして芋を置く、残った種芋を小屋の中に持ち込み、皮むきを して炊くことにする、雪がちらつく中 煙いが暖かい暖炉代わりになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里芋の芽

Photo

畑の中に保存して置いた、里芋が芽を出したのですが、1月末までは乾いていた里芋がこの所の雨で水分が多くなり腐りが出てしまいました。畑に保存した時は2月までに対応しないといけない。

Photo_4 Photo_5

畑に穴を50センチ堀、里芋を伏せて土を被せ 発泡スチロールを被せ トタンと土で覆う

Photo_6 Photo_7

取り出しも大変ですし、水分が多い所ではだめでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は我が身

Photo

3月11日東北、関東大震災、09年8月11日に地震から1年半、またもや11日、関東、東海、東南海地震が叫ばれて30年 いつ起きてもおかしくない地震がまだ控えている、歴史の一つを間の辺りしたが、東海は?

Photo_2 Photo_7

自由の時間を過ごしている、自分が居る贅沢な日々である、

Photo_5 Photo_6

畑の中は草で一杯、春の準備を進めなければ、里芋の植え付けが大仕事だ、生姜は保存が成功、毎日を贅沢に過ごしたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸太小屋壁張り

Photo

小屋の外壁のトタン張り これが大変 丸太なので垂直が出ない トタンが波うつし 重ねが会わず支離滅裂 雨が入らなければ良しとする。 小屋の中は暗い。

Photo_2 Photo_3

要らないサッシを2個取り付けた だけでは駄目なので透明のトタンを窓代わりに取り付けるが 駄目である、諦めて良しとする。

Photo_4 Photo_5

鹿が出没して ゆつくりと立ち止まり 人間を観察 山の中は人間より 動物の数が多い、農作物が危ない?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸太小屋作り

Photo_6

経費を30万としての小屋作り 垂木45センチを28本ベニヤ18枚トタン50枚米松 その他

Photo_7 Photo_8 Photo_9

小屋の外壁の下地を作り 外壁のトタンを貼り一l旦休み、 家庭菜園とブルーベリーの管理を行う予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャガイモの植え付け

Photo

丸太小屋作りを中断して ジャガイモの植え付けを行う、1週間前に苦土石灰をふり 耕した畑に植え付け、芋を切り草木灰に付ける、

Photo_2 Photo_3

畑に溝を掘り30センチ間隔に並べる 溝堀で手にマメだ出来る、

Photo_4 Photo_5

肥料は種子粕と化成肥料をジャガイモの間に施す、昨年は芽がでてから 遅霜にやられて小ぶりの物しか収穫出来ず、植え付け時期を1週間遅らせての植え付け 今年は大丈夫かな? 収穫が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スギ花粉

Photo

スギ花粉が煙のように舞い上がる 大量に漂う春霞のような状態である

Photo_2 Photo_3

目は痒い しかし鼻は大丈夫である、毎日 塩水で鼻掃除をかかさない、茶碗に塩を小さじ一杯入れ 熱湯を入れ溶かす、水を継ぎ足し 自分の温度に合わせる 手に注ぎ鼻から塩水を吸う、口から出して 4 5回行う 塩分の濃度は個人により 異なる 

Photo_4 Photo_5

熊さんの花粉対策です。  野菜も花粉入りの自然栽培の物が良いのかも?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

丸太小屋作り

Photo

丸太小屋の組み付けが忙しく プログがおろそかに

Photo_2 Photo_3

屋根はコンパネで下地を作る

Photo_4 Photo_5

高い所は苦手で 作業が進まない、1人作業で どうなるの? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »