« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

今年のブルーベリー

Photo

台風2号の影響も無く、ブルーベリーの実が少しずつ大きくなりつつある。6月の中ごろには収穫できる予定ですが、気温の上昇が少なく今年は無理かな、アイバーホーンは大実ですが味が淡白である、栽培方法でも異なるかも?

Photo_2 Photo_3

ウェイマウスも大実で6月の初旬に収穫できるのですが、1本だけの栽培なので収穫が少量である、長雨に当たると実ワレが出る,

Photo_4 Photo_5

ブルーシャワー、テイフブルー、は実がなりすぎて どうしよう?摘果しなければいけないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨にも負けず

Photo

梅雨入りが早い今年そして台風まで、熊さんの遊び場には野うさぎが、小さな子供みたいである、餌を食べ 一休みしてから どこかに消える、

Photo_2 Photo_3

野いちごが、食べごろになり赤く色ずき、小さなアリが集まり始める、セッコクの花が咲き始める 華やかな花は少なくなるが まだ春の名残の花があちらこちらに

Photo_4 Photo_5

道端のスミレの花も二輪咲いている、家庭菜園のジャガイモの花が要約先始め、これからジャガイモが大きくなろうと しているのに梅雨の雨と台風の雨風で倒れてしまう、雨にも負けず風にも負けず 耐えるのを待つだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅採り

Photo_2

熊さんの畑の横にある梅の木の小梅が今年は沢山実る、しかし手入れがしていないので、実は決して大きくない、実の表面に斑点が出てきたので 収穫をおこなう。

Photo_3 1

梅の木が大きくなりすぎて、収穫にはてこずる、梯子を掛けて 木登り 片手で梅の実採り 片足は木の上で重心を取るのが難しい 梅の実を入れる籠を木の枝に乗せ 必死に取ること3時間 バケツ一杯の梅 

Photo_7 Photo_8

梅干し作りは未経験、ネットを参考にして作るしかないのかな? 梅の実の中に変り種を見つける ハートの形の梅の実 良いことがあるかも? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タマゴ

Photo

竹の子 山に登る岩場に、野鳥のタマゴがあるのを見つける、野鳥の種類は分らない 天敵に襲われないか心配だ、

Photo_2 Photo_3

岩場の穴が野鳥の巣を作りやすいようになり、まるでベッドのようだ、巣の材料はツル草 まだ枯れていない、巣作りしてまもなくタマゴをうみつけたのか?

Photo_4 Photo_5

毎日来て巣立ちを見守りたいのだが、野鳥が警戒して近寄らなくなるのでやめよう野鳥の種類を確認したいのだが、野鳥の智識がないのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉物野菜

Photo

山の緑が深まりつつある中、柿の木にあるセッコクの花が白い可憐な花が咲きはじめる 家庭菜園の収穫も始まる、

Photo_2 Photo_3

スナックエンドウ豆は次から次ぎにと実る、ビタミン菜も一度に大きくなり もてあましぎみ 友達におすそ分け。

Photo_4 Photo_5

ツツジは最後の花が咲き 黒アゲハ蝶が何匹も舞い降りて密を吸いに集まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の収穫かな?

Photo

最後の収穫になりそうだ、竹の子の成長が早く節と節の間隔が広がるし 皮がすぐに黒く変色する、試しに炊いていることにする

Photo_2 Photo_3

皮をむきなべに入れて、炊くことにする 薪で炊くので水の量は多めに入れる、吹きこぼれてしまうので?

Photo_4 Photo_5

薪での竹の子の下ごしらえは、時間が緩やかに流れるが 美味しく竹の子が焚ける 差し上げ 食した人は皆 美味しいと言ってくれる オセイジ ・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カエルが来る

Photo

早くもモリアオガエルが来る、6月に例年おとずれるカエル、一ヶ月も早いおとずれだ、泣き声はしていたが 見つけられずいたのだが。

Photo_2 Photo_3

そして産卵している、1個だけソフトクリームのようなタマゴ、雨が少ないから ふ化しないかも

Photo_6 Photo_7 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山野草

Photo_2

クマガイソウも萎れてしまい 花がなくなる葉が大きく開き孔雀の羽のように開いたままです。

Photo_3 Photo_4

ドウダンツツジ は花が咲く セツコクは花芽が着きはじめ これから楽しみである、白い可憐な花が咲き乱れであろう、

Photo_6

ウドの木も ウドの大木らしく大きくなってきた。鹿が出てきて新芽を食い荒らすのが 心配だ 後少しでお茶刈りも終了です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

呑み比べ

Photo

援農 天気が崩れるとの予報でお茶刈りも 気が気ではない、風も強く山間の茶畑は茶刈り袋が風に飛ばされ茶が袋から飛び出てしまう、雨も風に乗り舞い降りる。天皇平も終了

Photo_2 Photo_4

村田山城園茶舗に 製茶を届ける 呑み比べる、大井川の朝霧を吸ったお茶は若葉の香り豊かなお茶であった。

Photo_5 Photo_6

呑み比べで、味わうお茶が美味しさ色々、香り色々、葉っぱのお茶は楽しさ色々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶刈り

Photo

援農の作業も二人用お茶刈り機から乗用茶刈りに変わり、熊さんのお茶刈りも少なくなる、寂しいかぎりだ。

Photo_2 Photo_3

クヌギ段の茶園も9時に終了して 次は天皇平 乗用茶刈り機の移動が大変です。

Photo_4 Photo_5

見晴らしが良く涼しい風が 心地よい、斜面がきつく乗用茶刈り機は見ているだけで十分 しかし二人用茶刈り機も使用しなければならない、けっこうきつい。明日も頑張ろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満開

Photo

新緑の熊さんの遊び場が ツツジの赤色で染まる、管理がおろそかに成りつつあり、下草が殖え草取りをしなくてはならないのだが、

Photo_2 Photo_3

山吹がツツジの中に入り取り除くことが出来ない、赤の中に黄色も見ごたえもある。

Photo_4 Photo_5

花蜂、クロアゲハ、も多くなり、賑やかに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山野草、

Photo_9

クマガイソウが早くもしおれ始める、日差しのあるところに群生しているクマガイソウは早い他の雑草にも養分を取られているのではないと思うが、

Photo_10 Photo_11

葉は大きく開いているので養分が足りない分けではない、しかし しおれるのが早すぎ

Photo_12 Photo_13

日が差さない所は日持ちがするのだが?明日は援農が中休み 竹の子掘りに出かけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

援農

Photo

モノレールの有る茶園でお茶刈り、斜面がきつく作業が大変です、展望は良好SLが見えないが残念です。

Photo_2 Photo_3

八十八夜が過ぎたのにお茶刈りは進んでいない、どの茶園も茶の新芽が少なく数量は多くないみたいだ、茶農家の人もどうしようか茶園を見ているような常態だ、最盛期は来週か?

Photo_5

吹く風は涼しく汗は出ない、茶刈りには最適ですがお茶の芽は伸びない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

援農

Photo

今年もお茶刈り援農の季節となり今日5月3日に一日目の朝、まだお茶の芽が例年より送れ、摘採りが早いので半日とんりました、久しぶりの茶刈りで気を使う、明日も無理かな

Photo_2 Photo_3

茶畑がまだ黄色です、大井川を望む景色のよい所での作業、遠くの山は黄砂で煙り霞が掛かったような天気、気温が低く作業には適した日より、茶娘も居り賑やかな援農の一日でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

山野草群生クマガイソウ

Photo_2

山菜のウドを探しに山に入ると、そこに24本のクマガイソウが咲き乱れていた、こんなに多くのクマガイソウを見たのは初めてである

Photo_3 Photo_4

ほとんどのクマガイソウが花を付けているのではないか、10年ほど前にワラビ採りに行き5本ほど有りましたが、次の年には、イノシシに荒らされて何も無くなってしまいました、それ以来の発見である、

Photo_5 Photo_6

大事に保存して行きたい物だが、イノシシが問題だ、保護の方法は電気柵が最適だが、予算獲得の為に、竹の子、とブルーベリーの苗を販売しているのだが、まったく売上が無い、なんとかなるさ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »