« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

山百合

Photo

山百合の香りが漂う道路が県道81号沿いに有る、日光がさほど当たらない崖の中腹に密集している、ハイキングで通過すると いっそう山百合の香りが漂う。

Photo_2 Photo_3

ほとんどが満開である この所雨で気温が上がらないので花持ちが良い、山百合はこの所山では見られなくなる、イノシシが食用として堀り食べてしまうからである。山百合が有るのが不思議なくらいです。

Photo_4 Photo_5

岩肌にしがみ付き、可憐な白い花と香りを楽しませてくれる。もっと増やし手みたいものだが? 花が付くまでに時間が掛かるのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盗人堀り

Photo

生姜の葉が一株に6本ほどの茎が出て葉が開き始める、早く収穫するのに一株全部抜くのには早すぎるし、少しずつ収穫するのには一株の半分を抜けば良いのである。

Photo_2 Photo_3

昨年は成長してから一株ずつ収穫していたので、生姜が硬くなり柔らかな歯ざわりと香りが味わうことが出来なかった、今年は思い切って早くから収穫を試みる。Photo_4 Photo_5

園芸用の小さなシャベルでそっと掘り進み、古根から出ている新生姜を抜き採る、このときに古根を動かさない、そして土を戻し次の芽が出て来るのを待つ、株の一部を抜き取るから盗人堀と 言われているそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫加工用

Photo

雨のやみ間をみて収穫作業を始めるがまだ少し早い、雨でブルーベリーの実が割れる 甘くじくした実が、潅水はしなくて良いのだが巧く行かない。

Photo_2 Photo_3

梅雨明けではなく 梅雨の中休みが早くから有り しかも快晴で高温になり梅雨明けと間違えたと思う次第である、後1週間雨に降られると思うとゾットする。

Photo_4 Photo_5

今年は鳥の被害は少ないが 一度ヒヨドリが付けば一日にしてブルーベリーはなくなるであろう、雨で濡れて要るので少しだけ収穫する、500グラムほどでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モリアオガエルその後

Photo

1週間が過ぎるもモリアオガエルの卵は小さくなり 乾くがオタマジャクシは見られない、この所雨がつずき、溶け出すのではと思いきや、柿の枝に張り付いたままの状態で

Photo_2 Photo_3

6月のモリアオガエルのオタマジャクシは残り数匹となる、森の茂みからは泣き声が聞こえるのでまだ卵が産み付けられる可能性が有る、県道81号では山ユリが咲き始める、イノシシが球根を掘り返せない急斜面です。

Photo_4 Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中止

Photo

テレビがいよいよ見れなくなってしまう、何の対応も無いラジオがお友達となる、どうしよう何とかなろう。半世紀アナログを見て終わりである。

Photo_2 Photo_3

夏野菜も虫が付き最悪、きゅうりはカラスに取られる、今年は不作が?Photo_4 Photo_5

ふだん草だけが元気で収穫できる、野菜の栽培は難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミョウガ採り

Photo

山菜なのか?栽培野菜なのか?昔から沢に有るミョウガ、そうめんを食べる時期が来ると収穫時期となるのが不思議、

Photo_2 Photo_3

熊さんの遊び場の沢に在るミョウガ、何の管理もしていないので、緑色のみょうがである、今年は沢山あり、皆におすそ分けできるかも、しかし好き嫌いがある、独特香りと味 たとえようの無い、天麩羅にして食べる 意外と香りと味が消える。

Photo_4 Photo_5

花が咲いている物は大きいが、食べないのが良い味が悪い、花の芯が傷み腐りが入りやすい、薬味として使うのにも湯で炊くのが良い、三杯酢で漬ければ冷蔵庫で一週間は保存出来る。しかし沢山食べることは出来ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風の雨

Photo

台風の雨のおかげで、モリアオガエルのタマゴが2個、柿木の葉に産み付けられる 1個が落ちて枯れ葉の上に、タマゴの感触はマシュマロのようである。

Photo_2 Photo_3

タマゴからオタマジャクシに孵るには雨と高温が必要、温度は上がるが雨が降るかは 分らない、水を掛ければ何とか成る、

Photo_4 Photo_7

前回のタマゴを羽化させた箱の上に置く、前のオタマジャクシも残り20匹位箱の中に居るが大半は池の中で泳いでいる、イモリが箱の中には入り込めないので孵るに成るのでは、足の生えたオタマジャクシが池に沢山居る。台風の雨でミョウガが沢に一杯、ミョウガ採りをしなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風の余波

Photo

台風の影響が比較的少なくホットしている、ブルーベリーは風に振り回されて実の落下と雨で実が割れて食べられない物が多く残念。

Photo_2 Photo_3

熟してから雨に当たると最悪の結末となる、幸いにも収穫適期がずれていたので被害は最小限で済んだのか?

Photo_4 Photo_6

落下したブルーベリーも少なく、今日の収穫は500グラム、加工用にするので冷蔵庫に保存、種が有るのでジャムが最適かな? 雨で喜んだのはモリアオガエル雨の中2個のタマゴが池の上に、雨が適度に降ればオタマジャクシに帰るが今後の天気しだいである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風の雨

Photo

朝から久しぶりの雨で家庭菜園の野菜は恵みの雨、植木鉢のブルーベリーは倒れ収穫寸前の実は落ちるし、ヨシズが風に飛ばされないように、かたずける。後は今年初めて漬けた梅干しの色付け、シソを入れるタイミングが遅れるが、雨ふり仕事にシソの葉を採る。

Photo_2 Photo_3

時期が悪いのか、シソの葉の種類が違うのか、赤くならずに紫色 赤くしようと5回も塩で揉む、塩分が多くなってしまう、始めてのことで戸惑い、失敗は成功の基になれば。

Photo_4 Photo_5

梅は小梅、消毒がしていないので、黒い斑点が出て見た目が悪い、塩分濃度15パーセント漬け、冷蔵庫で保管、白梅酢の上がりが少ないのでカリカリ梅みたいな感じである、何とか食べられそうである。シソが入りどんな味に成るか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試し

Photo

ジャガイモ栽培後の作物にズッキーニを試験栽培しを実行、ジャガイモを収穫しながらのズッキーニの種蒔でしたので、苗の成長が遅れ7月18日の植え付けです、すでにズッキーニは収穫しているが、茎がワレてほぼ全滅、

Photo_2 Photo_3

畝を作り苦土石灰、化成肥料、ヨウリン、を入れ耕す、堆肥を畝の下に入れるのが良いが堆肥がないので辞める、試験栽培で育つか、楽しみ。

Photo_4 Photo_5

黒マルチに植え付けです、マルチの幅が90なので畝の幅が70位になり少し足りない、マルチが無くなるまでは、90マルチを使い切る。腐葉土が少ないので畑が固くなる、現実で対応して行くだけの家庭菜園、理想は徐々に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミツバチの巣

Photo

熊さんの遊び場近くに日本ミツバチが時々集団で舞っているのを見かけていたので、樹に根元に巣があれば、蜂蜜のおすそ分けになろうかと、探すこと3日、

Photo_2 Photo_3

初めて巣を見つけることが出来た、残念ながらコンクリートの穴から出入りして、いるのではないか、それも急斜面の足場の無い所、恐る恐る近ずき、撮影した具合である。今年の春には巣別れし樹に丸まって居るのを見つけたが、それとわ違うかな?

Photo_4 Photo_5

蜂蜜は採取できない、巣箱を作り来年、箱の中に入るのを待つしかないのかな、そんな暇はないし、諦めるしかないであろう、養蜂は大変らしいい。春までに考えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片ずけ仕事

Photo

ジャガイモが沢山出来、熊さんの所では予定の保存量が確保できたので、友人の鈴木さんに掘りに来れば、さしあげることにして、片ずけて頂く。

Photo_2 Photo_3

バケツ5杯位を掘る、掘り始めてすぐにパラパラと雨が落ちてくる、乾かさないとジャガイモが腐るのでハラハラでした。雨はすぐ上がりジャガイモも濡れずに済み一安心、

Photo_4 Photo_5

ジャガイモが大きくなりすぎかな?しかし何とかジャガイモを掘りおえたので、次の作物の植え付け、それとも草で覆われてしまうのか?、コンテナ1杯あり毎日ジャガイモ料理になるので、申し訳ない気分。やれやれ、来年は植え付け量を少なくしなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サツマイモ

Photo

ジャガイモ栽培の畑が空く、次の作物は枝豆、カボチャ、サツマイモ、その他の作物が何が良いのか分らない、一番良いのが豆類だろう、豆の種子が有るので主に豆を栽培し茎は灰にして、肥料に、サツマイモは時期はずれだが?

Photo_2 Photo_3

野菜ゴミをコンポストに入れた所から出てきたサツマイモを栽培することにして畝を作りツルを挿すが、水分不足で萎れて来る。毎日の潅水が必要不可欠、取り合えず10本指す。

Photo_4 Photo_5

鳥獣被害が大きな作物で有るので、電気柵がある所に栽培しなくてはならないし、当分の間、対策に負われる日々が?、キュウリも二回目の種蒔をして置けば9月末まで収穫できる、少し欲張り過ぎ?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かえる

Photo

森アオガエルのタマゴがこの所の雨で、ようやくスポンジ状態からだらだらと、解けて池の中に、池にはイモリが待ち構えている、オタマジャクシを・・・

Photo_2 Photo_3

今年は3個目のタマゴで初めての羽化、天候が悪く1回目、2回目はオタマジャクシに孵らずに、乾いてしまいました。毎年池の中に箱を置きオタマジャクシが食べられるのを防いでいる、今年も1個だけでも助けてあげよう。

Photo_4 Photo_5

かわいいオタマジャクシが30匹泳ぎ始める、雨が降り出しそうな日にはゲロゲロと森の中から泣き声が、池には蛇がタビタビ来てカエルを狙っています。森アオガエルのオタマジャクシが大きく育ちカエルになったのを、いまだ未確認?、モリアオガエルの雌は見るのだが。今年タマゴが少ないのは、雌が蛇に食べられたのか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動物園かな?

Photo

昼食ご寝ていると、竹やぶの方向からゴソゴソ、鹿が追いかけっこをしている様な感じ、畑の中を荒らされてはと、覗いてみると大きな鹿が小さな鹿を追いかけまわし、小さな鹿が家ノ前を横切る。

Photo_2 Photo_3

小さい鹿は畑の横の草むらに入り草を食べ始める、雄で小さな角が見える、縄張り争いの様で追い出されて逃げて来たみたい。早く危険な場所だと教えなくては。石ころを投げ追い払う。

Photo_6 Photo_7

小さな鹿は畑の周りをウロウロとして追い出しに時間が掛かる。大きな鹿は近寄ればすぐに走り去るが、縄張り争いが激しくなると出没が激しくなる、家庭菜園がピンチ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無料桃狩り

Photo

掛川市倉真 大宮八幡宮前の県道81横で見つけた看板です、桃畑に入ると沢山の桃が鈴なりでした。

Photo_2 Photo_3

紫色のピンポン玉の桃である下草は綺麗に刈り取られて居るが、熟れた桃が沢山落ちている、時間が人は早くおこしください。脚立が置いてあるから 簡単に取れます、枝は折らないでください。

Photo_4 Photo_5

熊さんも30個ほど頂く、早速に口の中に果肉は紫さっぱりとした味、小さな看板ですので分りにくい、第二東名の作業員宿舎横です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五十円玉

Photo

ブルーベリーの収穫が始まるが、木が3本と少なく500グラムの収穫、梅雨の間の気温上昇で実が萎れる被害が出る。

Photo_2 Photo_4

水分不足も大きな原因であろう、摘果が出来ずに多くの実を付けた枝が特に被害が大きい自己流での栽培で思考錯誤、自家用なのでまずまずの出来栄え。

Photo_5 Photo_6

大きい実が五十円玉位に育つが、味は大味です、コンデンションミルクを付けると美味しいと差し上げた人に言われたが、ジュースが一番ですね、酸味が後を引かないのでこの暑さにはさいこうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッピー

Photo

梅雨の中休みが、終了まじかと、ジャガイモの収穫、しかし お茶刈りで疲れて、体調が戻らないので一通だけ掘る。

Photo_3 Photo_5

ジャガイモの茎は全部枯れて 無く少しは残っている。梅雨が終わる時期には茎がなくだろう   しかし腐りが入りそうである。早く収穫してしまうのが良い。失敗でした。

Photo_8

バケツ三杯収穫して 手に豆が出来て断念、コンテナに入れ保存、少し水分が残っているので、2,3、日して風通しが良い日に乾かさないと保存出来ない。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »