« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

スズメ蜂の餌

Photo

8月も今日で終わり、ブルーベリーの収穫も最終になるが、この所スズメ蜂が来てブルーベリーを食い荒らす、雨の日が多く実が割れて甘い匂いが出るのに誘われて飛来する、

Photo_2 Photo_3

ブルーベリーの実を採ることが遅れたのも一因かも分らない、良いと思い収穫するが選別すると実にかじり傷が、次から次にトラブル発生、8月の25日頃から特に多くなる、Photo_6 Photo_7

収穫した果実の3割が駄目である、スズメ蜂はブルーベリーを食べるのに忙しく人間には関心がなく襲っては来ない、それならばこ ちらから 攻撃を仕掛けてタモ網でスズメ蜂を襲う、敵も去るものすばしっこくて捉ることが難しい1時間追いかけて5匹仕留める、台風の風で落下して収穫は今日で終わりになる。昨年はハクビシンに入られ今年は雨とスズメ蜂、昨年よりは多く収穫出来良かった良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山ガールと用心棒

Photo

粟が岳の中腹で出会った山ガールと用心棒、親子だと思ったが違ったようですね、失礼しました、お腹が鳴ったまま下山して大変でしたでしょう。美味しい食べ物がありましたか?

Photo_2 Photo_5

山歩きした後美味しい物を食べすぎては駄目ですよ、ダイエットに注意してきて下さい、次に会う日が楽しみです、山の熊さんは落ち込みが激しいく、投げやりの日々。

Photo_6 Photo_7

山ガールに会いに行く日々は終了にしようかな?少し家庭菜園がご無沙汰と台風が気になる、ブルーベリーも大変なことになってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

粟ヶ岳の山ガール

Photo

粟が岳の中腹での女子ガール、元気に山頂に向けて登る、雨の心配も気にならない足取り、会話も弾み木々の間に笑い声も小鳥の鳴き声に聞こえる。

Photo_2 Photo_4

玉アジサイも大きく膨らみ今にもさきそうです、名前が分らず山アジサイと思っていたが、登山者の、御夫婦に教えてもらい初めて知る、元気に下山して行く。

Photo_7 Photo_8

咲いた玉アジサイも可憐な薄紫の色、晴れていた空から雨がポツリポツリ、山ガールも雨に打たれ、足早に下山明日も元気な山ガールに出会いたいものだ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イノシシ暴れる

Photo

本年の有害鳥獣の始まりです、林道の脇に置いてある箱罠に早くもイノシシの足跡が有る すぐにでも、入りそうな感じである。林道の際もイノシシの掘り返してある、大きな石もゴロゴロしている、でも今年は割りと少ない。

Photo_2 Photo_3

一度に5匹位入ると翌年に少なくなる、イノシシが小さな時に対応できれば良いのですが8月からでは遅い、遅くとも6月から始めないと、

Photo_4 Photo_5

イノシシが山よりは里の美味しいお米や里芋、サツマイモがあるから里の近くが良い餌場で住み易いので多くなる。熊さんの畑も被害に会いそうだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

粟ヶ岳

Photo

晴れた粟が岳に登る、眺めが良いのでやはり東山から登るのが妥当である、倉真温泉からの山道はハードでオートバイが主流である、サイクルの人も倉真から登る人は少ない、長い登りで熊さんの遊び場辺りでダウンです。

Photo_2 Photo_3

浜松の松島さんにもしかして会えるかと思い山頂の売店に立ち寄るが会わずして下山しました、松島さんに会われた方、山の熊が有り難うと言っていたと、お伝えください。

Photo_4 Photo_5

山頂には10分ほどで定位置に戻る、12時から14時15分ほどで遊び場に帰る、話のたねは無く、無事一日が過ぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲の中

Photo

22日朝雨のため、家庭菜園の草取りできず、ブロッコリーの種とサラダナの種子をポットにまき、キュウリとゴボウ、しし唐、ズッキーニ、の収穫を行う、11時40分に家を出て粟が岳に向う。

Photo_2 Photo_3

20年ぶりに山頂の売店に着く、雲の中に漬かり真っ白、寒いくらいの気温、登山者は居ないと思ったが、3時間に5台の車何も見えないが、霧で喉が潤う。

Photo_4 Photo_5

家庭菜園の出来ない時に登る為、曇りか雨の日に成ってしまう、水曜日に登るか迷う、ブルーベリーの収穫が午前中に終われば午後には時間が出来るかな、ブルーベリーの果実がこの所の雨で果肉ワレで量が少ないから大丈夫かな?晴れた日になるように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

午後は霧

Photo

粟ヶ岳の登山道は午後から霧が深く登る人が無いと思いきや、13時30ころから15時30分の間に車6台、自転車1台、ハイカー人、日曜日なので雨でも山がそこにあるから、

Photo_2 Photo_3

雨で畑仕事が出来なく、日曜日の粟ヶ岳の様子を見に登る、中腹で軽トラを置き色々と考える、ヘタな考え休みににたり、何もならずぼけっと車の通り過ぎるのを眺める、でも車6台

Photo_4

浜松の松島さん、徒歩で降りてくる、元気なので思わず声を掛ける、いつも登山道を歩くのだが、歩数を伸ばす為に道を替えて歩いているとのこと、足腰が丈夫になり健康になったとのこと、登山回数も半端無い回数、本当に元気そのもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掛川軽トラ市

Photo

掛川駅通りの軽トラ市に見学に行く、やはり人でが少ない震災から人の集まりが少ないし、観光地も人が少ないと報道されている事実、

Photo_2 Photo_3

お客さんが来店するのに無料駐車場がない、街の外のお客さんが来店するためには、車しかないからジリ貧になる、どこの街中での催しも同じで、ターゲットは街中の人になる、街中には住宅が少ないし、高齢者とシャツター商店街だけ、人の流れが無い、郊外の大型店は駐車スペースと家族連れが多い。

Photo_4 Photo_5

牧の原からの参加の御茶屋さんが緑茶、紅茶、ローズ茶、などの特色有るお茶が目に付いた、農産物はやはり季節の野菜中心に、郊外店の地場産品売り場と同じとなるが?値の違いかな、難しい運営であろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜園のバーベQ

Photo

家庭菜園の野菜を消費するためのバーベQ 第二弾である、4人でズッキーニ、カボチャ、ナス、しし唐、キュウリ、ジャガイモ、生姜、を食べるが多くを消費できない、畑の野菜が減らない、こまったな?。

Photo_2 Photo_3

嫌いな野菜も採りたての物は美味しいのか、しし唐を食べて美味しいと喜んで食べてくれました、ジャガイモは茹でて食べることに、おにぎりの代わりです。

Photo_4

昭和30年代の家の軒先でのバーベQ、子供はオタマジャクシとカエルをタモで取り大喜び、庭にビニールプールを出して水遊び、疲れて昼寝もエアコンなし、家の中は29度2時間昼寝して終了。野菜がなくならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

粟ヶ岳

Photo

熊さんの夏休みは粟ヶ岳での軽トラ販売、ブルーベリーが販売できるか四時間頑張る、中腹の広場に軽トラを置くが やはり通行者が少ない、車の人は走り去るだけでした。

Photo_2 Photo_3

自転車はひたすらペタルを漕ぐ、10時から14時までに自転車5台、自動車十四台、オートバイ一台、ハイカー8人、これでは無理でした、地産地消は大変

Photo_4 Photo_5

帰りに 道の駅へ見学に 人で一パイである、棚の野菜は売り切れで空きスペースがあるうらやましい、ブルーベリーは棚に在庫がある美味そうな実である。しかし需要が有るとは思われない、熊さんのブルーベリーもこれにしかり、ジュース、ジャム、ドレッシング、お酒に加工が出来なければ?。貴重な夏休みになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫最盛期

Photo

世の中夏休みで のんびりしているのに、熊さんのブルーベリーの収穫が最盛期に入りました。2日置きに2キロの収穫があるこんなにどうするのと思うがあちらこちらにおすそ分け、これでは山の管理の道具が買えない。

Photo_2 Photo_3

草刈り機、とチエンソー、ブルーベリーの栽培に掛かる諸費用、少しでも販売できるかなと思い、軽トラ市を行うが、販売無し、やはり手とお金を掛けて、直売所に持っていかなければ、どうにもならない、しかし人手が無いし、資金も無い

Photo_5 Photo_6

簡単に販売出来ると思うのが間違いでした、1人ではキツイ、人脈が必要である、友達は多く要るのが良いが人徳も必要、でも頑張ろう。頑張れ、頑張れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動物園かな?

Photo

またまた出現 昼の一時過ぎに何か動く物が居ると感じた畑の境、民家から10mと離れていない所、こちらを見ながらたたずんでいる。ブルーベリーに入れる敷き草用のススキがある雑草地。

Photo_2 Photo_3

少し近ずき過ぎである、人間と野生動物の境がなくなっている、一日中人間の出す物音と声がしない限界集落、日本の国土はどうなるのか? 

Photo_4 Photo_5

追い払うが二、三日すればまた舞い戻ってくる、土を掘ることはしないのでまだ良いのだが、これ以上増えれば限界だ、イノシシみたいに餌を求めて里に下りて居るが、鹿も里に下り街中まで行くのは時間の問題だ、防御線は無くなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Photo

今日は暑い一日となる11時で34度、家庭菜園の草取りで汗が吹き出る、諒を求め川歩き、熊さんの遊び場から歩いて三分 涼しさ満点を独り占め、誰も訪れる人はいない。訪れて見たい人は連絡を。

Photo_2 Photo_3

畑の横を流れている川は小さな淵には油ハヤが泳いでいるがゴイサギが時々来て啄ばむ川の中に足をつければ尚 涼しいしかし川原が無い大人2人がやっと。

Photo_4 Photo_5

二つ淵は少し川原を治せば大人5人までは良いのでは、とにかく独り占めが出来るのがなにより アブ、と蚊がいるので虫除けは必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涼しい午後

Photo

午前中は気温が32度と上昇してブルーベリー採りは取りやめ、午後2時から収穫 山の谷間にある熊さんの遊び場は日が陰り涼しくなる。土屋さんがブルーベリー採りに

Photo_2 Photo_5

1キロを収穫しました、やはり動けば汗が出る、初めてのブルーベリー狩りが 楽しく13日に再度訪れるとのこと、ジュース作りの説明をして試飲をする。

Photo_6 Photo_7

熊さんの野菜も持ち帰るジャガイモ、ズッキーニ、ナス、しし唐、キュウリ、ミョウガ、袋イツパイ、苗木を購入して自分で育てたいと夢が膨らんだ観たいです。お疲れ様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ズッキーニ

Photo

ズッキーニの家庭菜園は茎ワレで10本の植え付けが4本になってしまう、それでも4日に3本の収穫がある、夕食の料理材料として重宝している。

Photo_2 Photo_6

ワレのズッキーニから芽が出て成長して収穫できた苗があり、どのくらいの収穫が出来るか楽しみのズッキーニもある、3本の芽が出ているので、1本にしようかと迷いましたがそのまま栽培しています、親指ほどに成長した実が取れ始める。

Photo_7 Photo_8

ズッキーニの先がワレて萎れた茎を土に埋めて水を掛けて様子を見ると茎から根が出て見事に根付く、このまま成長するか栽培を試みる、熊さんの家でのバーベキュウには無くてはならない食材となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーベQ

Photo

今年最初のバーベQです、野菜は家庭菜園で取れた物です、取れたてのしし唐、ナス、ズッキーニ、キュウリ、ジャガイモ、タマネギ、肉類はスーパーで仕入れる。

Photo_2 Photo_3

野菜の調理を有る程度して置き、子供に野菜を採ることをしてももらう、野菜の収穫も楽しそうに出来る、9時から16時までの長丁場。

Photo_4 Photo_5

ブルーベリー採りをして、生食、ジュース、にしてデザートする、川遊びを行う時間が無かったが、涼しい風が吹き過ごしやすい一日、雷がゴロゴロ鳴る変わりやすい天候でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケットラ販売

Photo

野菜の収穫が順調になるが、家での消費が余りケットラの荷台に置き販売しようと並べるが何も販売出来ない、キュウリ一本10円、ジャガイモ3個10円、ナス1本10円、ブルーベリー100グラム100円、何も売れない、山の中は車も通行無し、静かな一日

Photo_2 Photo_3

8月2日に野菜、ご自由にお持ちくださいと、出すがブルーベリー100グラム販売出来ただけ、野菜は無料でも持つて行く人無し、

Photo_4 Photo_5

ただより高いものは無い、のコトワザが有るが、本当に持ち帰ってくれる人は居ないのだ、ただし置いていってくれる物はペットボトル、とゴミだけは道端にほかってある、街中に持つて行くのには、ガソリン代と時間が掛かる。後何日試して見ようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後のタマゴ

Photo

モリアオガエルのタマゴが 最後となる、雨で池にオタマジャクシとなり落ちて、泡状の丸い形から崩れて無くなりつつある、以後産卵は無いのではないのか。

Photo_2 Photo_3

プラスチック容器の中で泳ぎ回りしているが5日もすると池の中に入っていなくなる、池の水は綺麗に澄んで行くようです、カエルになり森に帰るのはいつであろうか、

Photo_4

今日でオタマジャクシは居なくなるが、また来年産卵に訪れてくれる。一年のサイクルがまた過ぎ去っていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »