« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

フキノトウ

Photo

大寒で寒い日、フキノトウを探しに出かける フキの葉がある場所を探す、昨年は1月半ばには沢山あったが、今年はなかなか見つからない。

Photo_2 Photo_3

やっと1個見つけるが 小指の先ぐらいの物を見つける。

Photo_4 Photo_5

必死に探すが無い、1個のフキノトウを持ち帰り、二つに切り 天麩羅に揚げる ほろ苦い春の香りが口の中に広がる 沢山見つけてフキ味噌を作りたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間伐

Photo

財産区間伐作業8時30分からの作業 寒いマイナス2度位かな 山は深く現場に着くまでに疲れる位です、チエンソウー、燃料 、お茶、を持ち山の中に、

Photo_2 Photo_3

植林した杉、桧木、に巻きついた藤ツルが多く作業を行えば汗が吹き出る、雑木の樫、椎、青木、枯れた杉、桧木

Photo_5 Photo_6

作業事故が無いように木を切り倒す

Photo_7 Photo_8

4時半まで行うが チエンソーの切れ味が悪いのでエンジンばかり回るが、切れない無理やり切る、火花が出ると大騒ぎ、今日で予定の場所が終了、帰りの山道は足取りが軽い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

捕獲準備

Photo

猪捕獲 後の準備 檻の上から青木の樹をつりさげて、線を樹に巻き付け反対の檻に縛る

Photo_2 Photo_3

適当に青木の樹を吊り下げ線が分らないようにする。学習能力が優れていて なかなか線に触らない、檻の中に落葉、草、を入れる

Photo_4 Photo_5

檻の外も青木の木を差してカモフラージュ 親は騙されない、子が入りやすい

Photo_6 Photo_7

床に竹、木、を置き線を巻きつける方法もある、猪と知恵比べ、一度捕獲すると1ヶ月は近寄らない、雨が降れば早く近ずくが 摘も去るもの なかなか仕掛けの線に触れない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

捕獲

Photo

本日 猪の箱罠に3匹の猪が入り捕獲できた、20キロ位の猪です。家庭菜園の畑から50mにおいてあるが 川を挟んで有るため一度畑に侵入されただけですが 捕獲しなくては被害は増えるばかりですが

Photo_2 Photo_3

猪の捕獲には 費用掛かる箱罠は6万 免状取得 狩猟許可 にも費用が掛かる そして狩猟者の人間関係 ひどいめに会います。

Photo_4 Photo_5

今年も農家の人が免状取得をしたと新聞に書いてあったが、あまりお勧めは?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

整備

Photo

長年使用しているチエンソーの整備 22日に山仕事に使用するので刃の研磨と整備、雨降り仕事にと 行う。

Photo_2 Photo_3

切り粉は大きな切り粉ではないが 粉のようなキリコでは無いので これで良しとする事に 切り粉がチエンソーに着きベタベタと着いてオイルがチエンに回らない。

Photo_4 Photo_5

スターターは くたびれ いるがエンジンは調子が良い しかし そろそろ新しいチエンソーがほしいが 

Photo_6 Photo_7

とにかく整備しなくては スプロケットも減り チエンの張りネジも調子は良くない、しかし刃が25Ap76で気にいっている、壊れるまで使用しよう。明日は雨で中止の℡が入る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残雪

Photo

昨日降り積もった雪が残り 寒い一日となる、夕方になつても解けない 明日は気温が上がり無くなってほしいものだ。

Photo_2

ブルーベリー畑の中も残り雪です 夕方には溶けて乾いた畑も少しは潤う

Photo_3

庭は日差しが差さないので解けない

4

ウサギの足跡があちらこちらに うかれて庭を走り回ったのかな

118_2

家庭菜園畑も真っ白 タアサイも雪を被り美味しくなったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選定

Photo

ブルーベリーの選定を始める 少し時期的には早いが家庭菜園その他の作業に手間を取られて 選定が出来なくなるのを避けるためである

Photo_2 Photo_3

栽培を始めて3年 樹も地上近くがブッシュ状態なので思い切り根元近くを切る 切りすぎかな 手探り状態の作業

Photo_4 Photo_5

昨年は ほとんど選定しない状態で実が付き生育が遅れる その他の要因も有るだろうが、今年は思い切りの選定をやりすぎかな、樹が大きくなりすぎると根が風でグラグラである、うまくいかないな 実が付いてからの楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デコポン

Photo_2

デコポンの木が一本 実が50個 多く着きすぎて小さな物ばかりで食べれるか 分らない

Photo_3 Photo_4

寒さで凍り落下する前に収穫するが すぐには食べられない、保存する所が無い

Photo_5 Photo_6

思いついたのが、大根の保存して有る穴の中に これで食べられるのかな。ミカンは4,5度の風とうしの良い所に保存するらしい、これで食べられると良いのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大根釜出し

Photo

大根の保存を始めて行なったものの掘り出しを行う、聖護院大根と長大根である 乾燥して少し柔らかくなっている、雨が無いので水分不足

Photo_2 Photo_3

生姜の釜の横に穴掘りをして 埋める トタン茅 土で覆いをしての保存

Photo_4 Photo_5

大根に傷をつけない様に保存するのが良いようで 葉を少し残し 根も切らないのが良い

Photo_6

何日ぐらい保存できるか 味が保たれるか今後の様子を見ることに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倒木

7

昨年15号台風で桧木 杉 雑木の倒木が多く山道は通行不能、3日の日に山に入るがとても1人では大変な作業である

Photo Photo_2

蝋梅が満開に咲いている下を通り山を登って行く、桧木をチェンソーで切り通り道を切り開く少しずつ 進むしかない。

Photo_4 Photo_5

雑木の太い木が根元から倒れ 眼も当てられない、樫木は固くチェンソーの切れ味が悪い 

Photo_6

杉は倒れ掛かりこれも切り倒さなければならない、しかし風邪で4日寝込みようやく今日ブログを書くことが出来たが 明日は山に入れるか分らない、抵抗力が落ちた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛び立つ

Photo

今年の始まりの日 気持ちも前進し飛び立つように富士山静岡空港と石雲寺に初めて訪れる

Photo_2 Photo_3

駐車場には車がイッパイ 滑走路には待てども待てども飛行機は来ない、

Photo_4 Photo_5

売店はお客でイッパイい お土産を買い求める人人です

Photo_7 Photo_8

隣の石雲寺に初参り、展望台のわき道を降りて行く 道端には早くもタンポポが咲いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »