« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

入り口

Photo

今日は入り口まで猪が近ずくが 中には入らない、警戒心が強いから学習している猪である   これではどうしようもない。

Photo_2

餌は箱罠の中だけに撒き 外には置くのはやめる、雨が降れば好転するはずである。

Photo_3

近ずいている猪は複数みたいだが、親子か子供だけかな? 足跡はブルーベリー畑の近くまで来ている。敷き草とブルーベリーを掘り返されそうである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

終了近し

Photo

狩猟期間が2月末で終了で 後3日、1月24に3頭捕獲して以来 猪が近寄らなかったのに ここに来て近寄り始める 2日前からである

Photo_2 Photo_3

箱罠の周りに足跡がある。竹林には竹の子を掘った跡が増え始める。

Photo_4 Photo_5

今からは竹林に多く出没する、熊さんの箱罠は桧木の林の中、後3日に賭、畑に入られなければ良しとしよう、今年は里芋の赤芽を栽培するので心配である、赤芽里芋は猪の好物である。

Photo_6

この所 猪以外の鹿の出没で 悩みが増えそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完了

222

少し早いがジャガイモの植え付けを行う、寒さが長引けば 遅霜の影響を受けるが 山の中の畑は日当たりが悪いので長く畑に置きたいのだが?

Photo_4 Photo_5

1週間前に苦土石灰を振り 耕した畑に溝堀、1mの畝幅 スコップで掘り起こす、昨年落葉を埋めたが そのまま植えつける予定 余り良く無いらしいが。

Photo_6 Photo_7

全部メークインにする 結構種が高い、6キロを半分に、灰は山小屋で焚いた薪

Photo_9 Photo_10

化成肥料と種粕 を使用、やはり基肥料を 種粕を使用するとジャガイモも美味しい

Photo_12 Photo_13

ジャガイモは灰を付けて 伏せて30センチの間隔で、芋と芋の間に肥料を置き土を被せて終了 落葉が腐っていないのが気になるが、それと落葉の中に杉の葉が混ざるのが一番駄目なようだ、収穫時に分るでしょう。今日は雨 疲れを取る為に のほほんと過ごそう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の中

Photo

山の中は静かで 物音がしない、獣道を進み谷を2つ渡る、谷間は風も無い

Photo_2 220

倒木が目立つ チエンソーを持ち山の掃除を行わなくてはならないが、家庭菜園の準備をしなくてはならない、1月から風邪を4回も引き 体調維持が大変。

Photo_3 Photo_4

大きな石は 猪の垢擦り で泥だらけである、山の中に鹿が見え隠れ、

Photo_5

鳥の羽が無数に落ちている カラスに襲われたのでであろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

-4度

Photo

今日は冷えた 氷柱が大量に出来る、でも川に氷は張らない 掛川では-4度になること珍しい

Photo_2 Photo_3

潅水用の水を川に落とし 下側に雑木が有り 氷柱が見事に出来たしだいである

Photo_4 Photo_5

梅が一輪だけ咲き メジロが長鳴をする、掛川市の松葉と金谷との境にある 牛境は長鳴のメジロが捕れる場所である 今年はメジロがすごく多い。

Photo_6 Photo_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の気配

Photo

山ウドの木の根元に小さな芽が出始めている 寒さがまだまだなのに、自然は着実に春を感じている

Photo_2 Photo_3

昨年の秋に草刈をした山の斜面のうどの木を目当てに探す

Photo_4 Photo_5

土で覆いウドが太陽に当たらない様にしないと 茎が白く伸びない、

Photo_6

梅の花が白く膨らみ始める ブルーベリーの花芽も膨らみ始める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹を曲げる

214

雨の日に 竹の細工を行う、丸竹を8等分にして火に炙りまげる、家庭菜園の覆い用の竹である

214_2 Photo

山はガスが掛かり 300m先は白くぼやけて見えない、火で暖を取りながら竹を曲げる

Photo_2 Photo_3

一定の幅に竹を割り 節を削り曲げのだが 火で焼 曲がりを調節して手で曲げる 形が出来るまで火に当て 型が出来て 冷えるまで待つ

Photo_4 Photo_5

薪割りを少しで 止めたので薪が足りないかな、竹の子を炊く薪がなくなってしまうかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保存状態

Photo

立春もすぎたので 保存した生姜の状態を見ることに、生姜を埋けた釜を開ける

213 213_2

トタンの上の土をとり 茅の葉を恐る恐る開ける 水の浸入は無いが

213_3 213_4

土の中を堀ると生姜が出て来るが 腐りは無い 料理用に5個ほど取り出すが、これからの温度が上がり 雨が多くなる これからが大事な時期である。

Photo_2 Photo_3

里芋も取り出すが 腐りが無い、まだまだ里芋料理を食べられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪

Photo

3日間 風邪でダウン 山の土手にフキノトウを探しに行くと、花を咲かせたフキノトウが沢山ある まさか風邪で寝ている間に大きくなったわけでもないのに、

Photo_2

風邪予防にと 金柑のシロップ漬けを作り食べたのだが、山に入り汗を出したままに して体が冷えて風邪をひく。

Photo_3

喉からの風邪で香港型のインフルエンザではなく、3日間 市販の風邪薬と金柑シロップを飲み寝ていただけで 何とか治り半日外に出て体を動かす。Photo_4Photo_6

今晩は フキノトウの天麩羅にして春の香りを楽しむことに、明日からは山に出かけることが出来るかな? 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金柑シロップ煮

Photo

雨の一日 3日前に採った金柑があったので 金柑シロップ煮作りに挑戦、何とか出来上がる

Photo_2 Photo_3

水洗いしてヘタを取る なかなか面倒な作業、少し寒くなってからの収穫で凍ったのかシワが着き皮が浮いた物もある、水はサラサナイのか苦くなる、とぎ汁で煮る

Photo_4 Photo_5

種を取るが綺麗に取れない、もう一度水で煮る 水洗いして、鍋に入れ砂糖を一度に入れ醤油を少しと焼酎を入れ、ストーブの上で1時間煮る。

Photo_6

苦いが 少し気になるが、風邪薬と思い食べることに、食べ始めれば慣れてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失敗

Photo

デコポンを大根と同じ釜に入れて保存しようと入れたが皮に斑点が出てしまい、失敗でした。

  Photo_3 Photo_5

やはり かんきつ類はコンテナに入れて通気を良くしないとだめですね、

Photo_6 Photo_7

大根は少し水分が少なくなり しわが出てきましたが、大根の煮物を作りましたが美味しく食べられます、細く刺身のツマの様にしてサラダにしてたべれます。

Photo_8 Photo_9

デコポンは取り出してダンボールに入れ 一段ずつ新聞を入れて保存しながら食べることにしたが、甘く無い 酸っぱい。

Photo_10

大根はいつまで持つか、楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイナス2度

Photo

朝から雪が舞う熊さんの遊び場も雪で白く染まる、寒いのでチエンソーを持ち山の中に出かける、山の中の雪はサラサラと音を出して降りしきる。

Photo_2 Photo_3

掛川でこんなに雪が降り積もるのも珍しい、昨年の12月26日も雪が降り積もる

Photo_4 Photo_5

杉の幹にも雪がへばりつく 山の中を歩けば 何にも寒く無い 汗が出るのでは無いかと思う ぐらい

Photo_6 Photo_7

山の中は昨年の台風で倒木ばかりで歩けない、 山の管理は大変である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »