« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

寒肥料

Photo

ブルーベリーの花芽がふくらみ始める、基肥料の時期がそろそろ施し頃

牛糞、豚肥、鶏糞、迷うどれにしようか、

Photo_3

昨年は何も寒肥料は施さなかったが、粒もそろい味もまあまであった、

しかし昨年と同じでは進歩がない、悩んだすえに牛糞を施すことにする、

Photo_4

牛糞は完熟である、あちらこちらの販売所を探して試し買いし、探し当てる

Photo_6


山のススキを根本置いて有るので十分有機肥料は足りている、                50センチ離しスコップで掘る、

Photo_7

牛糞は一握りだけとする、なるべく少なくし 今年は様子を見ることにする、

今年は昨年よりは甘いブルーベリーが採れるはずである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレソン

Photo

沢にクレソンを探しに行く、茎が伸びて無くジュウタンを引きつめた様な状態である、

Photo_3

今年は猪が入っていないが、いつ入られるかは分からない

Photo_4

一握り取り家に持ち帰る、茎が短いので食べるところが 少ない、4月頃が

食べ頃かな? もうすぐ暖かくなればすぐに伸びる、自然の恵みはもうすぐです、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スミレ咲く

Photo

畑道を歩いていて フキノトウは目にはいるが、スミレは今年始めて

Photo_2

仏の座も咲き始める、春は黄色の花が多いそうである、黄色の色は

虫が好きの花とのこと、菜の花が代表である。

Photo_3

ヨモギの葉も日の当たる 暖かい所で大きく育っている、ひな祭り用のお餅に

入れるのには丁度良い

Photo_4

空気が澄んでいて、天狗岩も大きく見える、東海地震で落ちるかもしれないな、

今日も地震があり また1,2年以内に大震災が来るかも そなえをしなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栗の木菌打ち

Photo

12月に倒した栗の木が乾燥し、幹に割れ目が入りキノコの菌打ちをするために

ほだ木サイズに切ることに、

Photo_3  Photo_4

1本だけ 試し用である、寒いので手のこで切る 肉体を使えば汗ばむくらいである、

Photo_5  Photo_6

山栗の木は意外と柔らかい、これでは1年ぐらいしか持たない、腐りが早そうである

Photo_7  Photo_8

菌打ちは専用のハンマーで穴をあけ、穴に菌の駒を入れる作業である

木は落葉前の葉が黄色の時に、切り倒して置き 2月の始めに菌を打つのが最良だね














| | コメント (0) | トラックバック (0)

トウダチ

Photo

タアサイの真ん中に花の蕾が出来る、トウダチである 寒さが続いているから

まだトウダチにならないと安心していたのだが?

Photo_2  Photo_4

今朝は庭が うっすらと白くなっている、マイナス2度と寒さがきつい

Photo_5  Photo_6

網を掛けないと葉のすきまに、落ち葉が入り込む露地栽培ならではである

美味しさは、温室栽培よりは数段上である。

Photo_7

いよいよ緑の野菜が終に近づき始める、沢に有るクレソンだけである。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

枝落とし

Photo

草刈り場の檜が大きくなり、山草が日陰になり 育ちが悪いので寒い時期

に枝打ちを 行う。

Photo_2  Photo_3

1本梯子を掛け登るが やはり高い所は怖い、ノコギリでの枝打ちである、

Photo_4  Photo_5

枝は根本に落とし 細かくし 早く腐るのを待つしかない、

安全作業である、今日も寒く最高気温が5度山の中は寒い風邪が吹き抜ける。

Photo_6






| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャガイモ

Photo

3日掛かりのジャガイモの植え付けである、種芋は全部で170個である、

Photo_2  Photo_3

種芋はメークインのみ、メークインが我が家の食卓に1番合うジャガイモである

Photo_4  Photo_5

芽が出る方向を見ながら、半分に切る1個が倍になる、肥料も牛糞を使用、

Photo_6  Photo_7

草木灰を付けて、30センチずつ溝に置き間に肥料を置き よしとする、

Photo_8  Photo_9

昨年のジャガイモは、バヶツに1杯だけあるのだが まだ食用として食している、

自給自足には、持ってこいの作物だ。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の畑

Photo

雨上がりの山は、朝日が上がるとともに杉花粉の飛散が始まる、

四方を山に囲われ谷底の畑、

Photo_2

昨年熊さんの山を間伐した山、杉花粉が沢山付いている、今日は粟ヶ岳から

山ガールの一団が畑の上のルート81を下り、倉真温泉に向かう

Photo_3

畑にはタアサイ、ラッキョ、エシャレツト、だけで寂しい畑である、

Photo_4

先日石灰を降り、耕した畑にジャガイモを植える畝たて作業の始まり

Photo_5

10m畝たてするのに30分、良い運動である、ぼちぼちと鍬を動かし

腰を伸ばす、美味しいジャガイモを作るのも、基本の土作りから、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の日

Photo

山はガスで見えない、雨で寒い1日となるが動きは取れない、雨間を見つけ

Photo_2

蕗の薹は花が開き、たくさん見られる様になっきた、とくに日差しが強くなる、

Photo_3

梅の花もほころび始めるが、花は少し小さく 明日は凍る可能性がある、

春が止まる、

Photo_4


ブルーベリーの芽は寒さに関係なく どんどんと膨らみをます、 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんてこった

Photo

鳥獣除けの電源が切れる、単1電池8本入りで3ヶ月ちょつと、車のバツテリー

でも同じくらいかな?家庭菜園を守るのも大変だ、

Photo_2

最初は網で囲えば良かったが、6ヶ月で猪にはいられ、次は兎に入られ

網も2重にしたが、とうとう電気柵までと、被害を防ぐのには苦労の連続である、

Photo_3

電気が無くなっても1度感電すれば、少しは入られないのだが、いつ入られるのか

分からないので、気づいた時点で交換しなくては行けない、

Photo_4

ジャガイモの植え付けと山芋の植え付け、猪の餌になってしまうので早めの

電池交換が必要だ、山の中は危険地帯で手の打ちようがない、カラスも空から入る。

なんてこった、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋根上の鷹

Photo

畑に行こうと歩き出した所、何か屋根瓦の上に鳥が居るではないか、よく見ると

鷹である、この時期に餌に困り降りて来たのか?

Photo_2

近寄れば飛び立ちそうな気配が感じられる、足には何も掴んではいない、

ネズミか小鳥を探しに

Photo_3

2歩動き出すと、直ぐに飛び立つ敏感に気配を感じる鳥である、

Photo_4

直ぐに風に乗り旋回し、空高く舞い上がり山の陰に隠れる、

Photo_5

この動物は動きが鈍感である、車が来ても のそのそと茂みに入る

猪か鹿か 今日は動物園に居る様な1日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早いかな?

Photo

少し早いが畑に石灰を蒔き、ジャガイモの植え付け準備を始める、

早ければ良いではないが、

Photo_2

石灰は色々有るが、畑の酸度により決めるのが良いが、今年は苦土石灰に

Photo_3

堆肥は早くから入れて置き、ジャガイモを植える1週間前に毎年の作業、

Photo_4

昨年のジャガイモを種芋に使用することに、大きなジャガイモが取れるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草木灰

Photo

雑木を切り倒し、太い木はストーブの薪を作り、残った枝は畑の肥料に、

Photo_2

枝をかたづけるのには、手間が掛かる、山に放置すればそれも良し、だけど肥料

になるのならこれも有り、

Photo_3

細い枝は鉈を振り回して、昔モヤを作り五右衛門風呂にしたものだ、

Photo_4

薪はノコギリで40センチに切り乾かさないと、燃えないし、ストーブを痛める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狙いどうり

Photo

山の雑木を切り倒すのが、 狙いどうりに倒すことが出来る様になり始める、

思いどうりに倒れると気分もスッキリ、

Photo_2

昨年の続きの雑木切り、太い所は薪ストーブ用に、細い枝は 畑で燃し肥料に

Photo_3

チェンソーの刃が切れなくなる、刃研ぎが大変である 3年目になるがイマイチ刃研ぎが

上手に行かない、大きな切り粉が出ない、ガソリンを無駄に使う、

Photo_4

切り倒しても 短くつざむのが、難しい玉切りでも失敗するとチェンが外れる 恐れがある

慎重に作業しないといけないのだが、疲れで集中力が無くなり終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山芋堀り

Photo

2月に入り栽培している山芋堀り、栽培はなかなか難しく大きい物が出ない、

Photo_2

掘り出すのにはスコップで40センチほど掘り返す、大きな山芋が出れば張り合い

が有るのだが、

Photo_3

小さな山芋は来年の種芋に、800グラム位の大きさになれば良いのだが、

あまり大きくなると粘りが無くなり、だらだらの芋になってしまう、

Photo_4  

これは大きいと思う、山芋が6本有る自家用に とろろ汁を鯖出汁で、

Photo_5

25本を掘り出して、終了したのが3時 4時間も掛かる、重労働の1日である、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大鷹

Photo

畑から空を見上げると、大鷹が輪を描いて回っている、

Photo_2

ときどきカラスに追いかけ回されている のも見るが今日はぐんぐんと高く、

Photo_3

5分で見えなくなる 粟ヶ岳の方向である、倉真温泉のバス停近くに

望遠カメラで 待ち構えて居ても見えるときが無いが、今日はラッキーである、

Photo_4

山を越えて いずこにいったのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨は狙い目

Photo

猪は雨の日が出没が多い、しかし箱罠には入らない 3歩進入して引き返す、

Photo_2  Photo_3


入り口は足跡でいっぱいである、箱罠の中の樹を全部取り出す、

Photo_4  Photo_5


2ヶ月仕掛けを触らない、最後の手段である

Photo_6


だましあい、猪も危ないと読み、こちらの手の裏を読み尽くしている、





| | コメント (0) | トラックバック (0)

花芽

Photo

ブルーベリーの花芽が膨らんで来た、梅の花が咲いていないのにこんなに早いとは

Photo_2

風邪で喉が赤く微熱がある、 金柑シロップのおかげで悪くならないと暗示をかける

Photo_3

ブルーベリーの樹は直植えでは、植えてから4年目が一番収穫量と味が良い

Photo_4 Photo_5



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月の花

Photo

今日は暖かい日より、気温15度となりロウバイが満開となり中には散り始める、

Photo_2  

2月の花を探しに山と畑道を 散策、なかなか見つけるのは難しい、

Photo_3

梅はほんとうの1輪、見つけるが雨でくすんでいる

Photo_4


大根花も12月から、咲きいまだにチラホラ咲いている、これが限界かな?

Photo_5  

蕗の薹も、だんだんと大きく育つ、

Photo_6

花が見あたらないので、山ウドの根本を探してみると なんとウドが芽を出している

春はもう直ぐそこに来ている、しかし風邪がすっきりしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »