« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

最盛期入り

Photo

ブルーベリーの極晩生種の収穫が始まり 忙しくなる、今日は2キロの収穫である。

Photo_2  Photo_3

2日間の雨大きな実が割れが発生して500グラムは破棄しなくてはならない、

ハクビシンの次は割れ、踏んだり蹴ったり。

Photo_4  Photo_5

摘み取りは 手で触りぽろっりと落ちるのだけ採りたいがこれが上手く行かない

Photo_6  Photo_7

いざ摘み取りして食べると酸味が強い、食べ過ぎて お腹満腹である。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

山百合2

Photo

熊さんの遊び場も山百合が咲き始め、百合の香りが風に乗り漂って良い

香りで満たされています。

Photo_2

山百合は木の根元のイノシシが掘らない所や崖でイノシシが上れない所に

自生しています、しかしいつイノシシが掘り返すか分からない。

Photo_3

山の木の根元でも、鹿が入れる所では百合のつぼみを食べ、                                              

茎だけが残されています。

Photo_4

ツツジの中の山百合も今のところは残っています、後2~3日で綺麗

に咲いて 和ませてくれるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

急な雨

Photo

昨日は急な雨が2回も降り注ぐ、全国各地で被害が出ているスコールのような、

バケツをひっくり返した様な大きな雨粒でした。

Photo_2

朝がたは青空が出ていたが、雷が鳴り涼しい風と共に雨でした、島田元気市の

準備にミョウガ、生姜、キュウリ、ゴボウ、ブルーベリー、を収穫していて降られる。

Photo_3

雨が降り注いでいる最中は、今日の元気市は中止かな?と思いながら準備

 せっかく野菜、ブルーベリー、を準備したのに中止になれば、準備したものを

破棄しなくては成らない、此が困るのだ。

Photo_4

15時に雨が小降りになり イチカバチカ行く事にする、山の管理費をひねり出さなくては

どうしようもない、山の荒れ放題を少しでも遅らせたい、元気市は行われたが、売り上げは

3千円、ガソリン代も厳しい、これが現実である、特にブルーベリーが売れない、有機栽培

甘みが少ない、実大きくジューシであるが手前味噌かな?

遊びに来れる人は連絡下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

接近

Photo

山中の家庭菜園はイノシシが いつ進入してもおかしくない、ましてや畑の中は

里芋、山芋イノシシの好物ばかり。

Photo_2

熊さんの畑も 危険ゾーンまで、入り荒らしてある、最後のバリアーで辛うじて

悔い止まる、イノシシも食べ物が無く大きな石もほじくる、絶対数が多すぎである。

Photo_3

網で家庭菜園の周りを囲う、これだけでは簡単に入られる、ジャンプして進入する

囲いの外に電柵の線を張るが、線の50センチまで掘り返す、ヒヤヒヤの毎日

Photo_4

早く有害鳥獣駆除が始まらないと、小さなイノシシは2~3匹は獲れるであろうが

抜本対策にはならない、マサイ族でも雇わなくは行けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花切り

Photo

7月も後少し、アジサイの花が茶色に変色、少し剪定が遅いが剪定を行う

Photo_2

剪定が遅いと来年の花が付かない恐れがある、植え付けて4年目 色は水色ばかり

挿し木で色々な色にしたいが、道にあるアジサイを黙って採ってくる訳にはいかない。

Photo_3

清一さんの所で白いアジサイを1枝 いただき挿したが枯れそうである、何とか着けば

増やすことが出来るが、植え付ける土地があるのでもう少し頑張ろう、

Photo_4

草刈り機で道側と上を切る、一人では大変だが カズエばあちゃんが綺麗で良いね

と言ってくれるので頑張らなくちゃ、でもこの先手入れ一人ではお手上げかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

りっぱな?

Photo

久しぶりに立派なズッキーニが収穫できた、家の奥さんもこのズッキーニを見て

皮を剥いてオリーブオイルで焼けば美味しいと喜ぶ。

Photo_2

幹にナッテ居るときは、気がつかないがこのままもう1日置けばどんなに大きくなるか

は分からないが、食べられなくなってしまう、

Photo_3

雄花の雌花があるから、受粉させないと大きく育たないらしいが、畑に露地栽培で

蜜蜂が交配してくれたのか、昨年は小指位のものしか採れなかったが今年はたまたま

大きく成長したのか?

Photo_4

受粉させると 変形したズッキーニにしか採れなかった苦い経験がある、

熊さんはそれ以来受粉はしない。

Photo_5

今年はズッキーニの苗が2株しかない、種蒔きを失敗したからである、

種を1袋購入して2回に分け蒔くが、発芽しない どうしてなのか分からないが、

おそらく気温の調節が失敗だろう、7株栽培しようとビニールマルチを1通り作るが

空いてしまった、種が有るか探したが今年は店頭に見当たらない、散々な家庭菜園である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山下草刈り

Photo_2

山の中の獣道を進み山草刈りの場所までの行進、足場が悪く現場に着くまでに

ヘトヘトである、山の木は倒木が目立つ、管理が大変なので荒れている、

Photo_3

背丈ほどある草である、植林した木が草より大きくなっていれば、あと2年経てば

下草刈りは終わりとなる、あと1年で下草刈りは抜ける、この日は27度で作業は楽である、

木の下に入れば、涼しい 鹿が何事かと覗きに来る、木の皮を食べないでくれ。

Photo_4

草刈り機が順調に回る、作業は3時30分に終わり、 選挙の投票に直行

家に帰りビールを2本吞み、パソコンは触れなく今日の投稿。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山狩り準備

Photo

明日は山の下草刈りである、8時に山に集合今日のうちに刃物の準備

砥石で長柄鎌の手入れである、

Photo_2

長柄鎌は山草や細い雑木まで刈るので 刃こぼれも多くなり研ぐのには時間がかかるが

切れない鎌ほど作業は大変である、

Photo_3

草刈り機も円盤状の刃を交換して、なるべく切れ味の良い物と交換である、

Photo_4

明日の天気は曇りで山の下草刈りには、丁度良い天気になりそうである、

飲み物も沢山持っての作業である、早く休もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

止まらない

Photo

ブルーベリーに進入するハクビシンが止まらない、電気柵をセットしたが入り込まれる、

Photo_2

ブルーベリーの色づきが少ない時は敵も然る者、入らない この時点で収穫しても

甘みがない、甘みが増すのが4,5日後であるが甘みが増すとハクビシンが進入するのである

Photo_3

進入は下の網をかいくぐり進入、ハクビシンはネコ科 木登りもお手の物である、

ネットの張りを簡単に作成して有るため、簡単に進入出来るのか?

Photo_4  Photo_6

電柵を設置したが進入され、ブルーベリーの枝まで折られる、なんとか進入口を

探そう、毎日が戦いの日々

Photo_7

ハクビシンは何匹いるか分からない、罠で捕獲する方法があるが有害駆除の時期

でないと捕獲出来ない。捕獲罠を使用してもなかなか大変であろうが、良い方法

がないかな? ブドウ栽培している所では被害はないのかな?

良い方法を知ってる人、教えて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマユリ

Photo

ルート81の土手の山百合が咲く、でもいつになく数が少ない、寂しい限りである、

Photo_2

山百合は増やしたいが、イノシシが球根を食べるのでほとんど無い、清作さん

も種を蒔き畑に植えたが全部食べられ止めてしまいました、

Photo_4

小さな百合でも3年掛かり ようやく蕾が付くが、いつイノシシ、鹿が食べるかわからない

本当にどうしようもない、対策が見あたらない。

Photo_5

山が荒れれば、海に栄養が行かなくなり、カイソウ類、貝、などが採れなくなる、

富士山だけでなく、日本の山も大事にしたいが お先真っ暗である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

水掛け

Photo

全国適には降雨が有るようであるが、熊さんの所では雨が無い家庭菜園も水不足である、

Photo_2

里芋と生姜がピンチである、川からポンプで水揚げを準備、梅雨が終わり

毎日34度の気温では厳しい、

Photo_3


水やりも上手くやらないと里芋の畝が崩れてしまい、畝を直さなくてはならない、

Photo_4

生姜はまだ茎が2本、もう一度土寄せしなくては いけないがその前に水不足

先が思いやられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川遊び

Photo

今日は川遊びのお付き合い、子供が2人では面倒を見ないと何が有るか分からない、

Photo_2

ハヤ釣りから始まるが、餌はブルーベリーの枝の足長蜂の子供、入れ食い状態

Photo_3

飽きたら沢ガニ取り、そして川登り楽しむが 水が冷たくて20分で河原に

Photo_4

最後は笹の葉で 笹船を造り川を流す、楽しい遊びである 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっきり

Photo

ブルーベリーがハクビシンに採られ、2日間は実った実が無いので入られない、

7月20日頃から色づき始まる晩成種、

Photo_2

ハクビシンが残した実が色づくが、 早く収穫して加工用にしかならない小粒

、残しても樹に負担が掛かる、早く収穫して終わる。

Photo_3

中生の品種が無く、10間空きそうであるが、今年は晩成種がそろそろ色付く

Photo_4

後5日で収穫が始まりそうであるが、ハクビシンが心配であるが電柵を取り付け

て様子をみることに、

Photo_5

一度に沢山色づくと、ハクビシンの餌食になるが、バラバラでは大丈夫である

今年も動物との戦いのリングは鳴った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土寄せ

Photo

梅雨明けから急激に気温が上がり、35度超えが連日続き家庭菜園の作業

もはかどらない、少しずつの作業でも汗が噴き出る、のばしのばしした野菜の土寄せ

作業の中でも 土を移動させる仕事が一番の重動労、里芋の土寄せ 最終の土寄せ

なので少なくて良いが、1通り作業しては川で涼む、作業ははかどらない。

しかし暑さの中で作業をしなければ美味しい野菜は食べれない、

体力作りと生き甲斐い、何とか自給率を高めて、余った野菜もブルーベリーのオマケに

生姜とオクラも肥料を施して土寄せ、午前中までの仕事、 ブルーベリーのハクビシン

対策も何とかしなくてはならないが、この暑さでは良い思いつきが浮かばない。

Photo_2


Photo_3


Photo_4


Photo_5

川遊びの季節が到来、無料の川遊びは場所は狭いが涼しいのが一番。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

採られた

Photo

7月からブルーベリーの実が前日に比べ、少なく感じる日が3回位あった、

収穫してから 3日過ぎて いざ収穫しようと見ると少ない、

落下した実がやけに多い、不審に思いながらいたが 現実になってしまう

ブルーベリーの幹が折られて 確実に確信出来た、ハクビシンが昨年と同様に

入る 2キロ採れる所が500グラムしか採れない、

ブルーベリーの皮が葉の上や敷草に上に、これで収穫は絶望である、

なんとか近寄らせない方法が無いのかな? 四方を網で囲ってあるのだが何処から

入るのか分からない、対策に思いを張り巡らすだけで、良い方法は皆無である。

Photo_2  Photo_3


Photo_4  Photo_5


Photo_6  Photo_7


Photo_8  Photo_9













| | コメント (0) | トラックバック (0)

初物

Photo_4

梅雨明けと同時に気温が34度、今日は汗がぽたぽたとしたたる、

ブルーベリーの水やりをしていても暑い、日差しが落ちた15時からミョウガ沢に

今年も沢山の葉が茂る、少し早いかな?と思いながら葉をかき分け見るとなんと沢山

小さいがミョウガが出ている、花咲く寸前までまてば大きくふっくらとしたのが採れる。

沢山採れたのであちらこちらに配るが、独特の香りなので差し上げるのにも気を遣う。

自家用はスライスして酢に漬けて保存、今年も沢山収穫出来そうである。

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨明け前

Photo

梅雨明け前に、モリアオガエルが最後の卵を産卵、昨日の夜は雨がしとしと

降る、柿の木に2個、網にも 今年最後の産卵 これで今年11個である、

すでにオタマジャクシに何匹なったかな、池の中にはオニヤンマのヤゴもいて

オニヤンマも3匹いる、少し池の周りも忙しくなった。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜収穫

Photo_3

夏野菜の収穫が始まる、特にキュウリである へぼであるが自家製には関係ない

美味しく食べることが出来る、

Photo_4

今年は野菜の育ちが良く無いと、家庭菜園で野菜を栽培して居る人が多い、

気温の変化と降雨が関係しているのかな?

Photo_5

モロッコエンドウも少しではあるが採れる、今年は昨年よりは収穫時期が遅い

種蒔きしたが芽が出ず、2回目で成長してくれた。

ジャガイモと一緒に醤油で煮ていただく、

作るのは大変だが食べるのは 早い、毎日同じメニューが続く

梅雨明けが間近 草が良く育つ、草取りが忙しい日々。

Photo_8


Photo_10


Photo_11

川の水は増えない。













| | コメント (0) | トラックバック (0)

酢ブルーベリー

Photo

山の中は霧で霞んで雲の中に居るみたいである、今日はクッキングの日より

ブルーベリー酢の調理、

Photo_2

ブルーベリー加工用の活用方法を増やす、昨年は冷凍、ジャム、ジュース、の3種類

冷凍が残り処分に困りはてる、

Photo_4

調理は自信がないので駄目もとで材料はブルーベリー350グラム、砂糖200グラム、

酢は500グラム、である

Photo_5

鍋に酢、砂糖、を入れ沸騰させ冷ます、そして器にブルーベリーを入れ冷ました酢を

入れて冷暗場所に、ブルーベリーの色が出たら完成、これで美味しくなれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早生終了間近

Photo

早生ブルーベリーの収穫を昨日9時に始める、3日間雨が無く割れもない 今日しか

無い、雨前に収穫しなければ、

Photo_2

大きな実がたわわに実った樹からブルーの色が消える、収穫は気持ちも弾む、

Photo_3

残念なのは酸味が多い、実が自然落下手前まで置けば良いのだが そうは言って居られない、

Photo_4

今にも雨が落ちて来そうな空模様、色付きの途中の実まで手のひらに入る

加工用に回すしかない、

Photo_6

生食用は1キロは注文が有り、確保しなければならない、早生に続く実が7日間

空く可能性がある、品種の再考が必要か?

Photo_7

収穫後の選別に時間が掛かる、加工はジャム、それともブルーベリー酢

考えながらの選別でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畑道の花7月

Photo

雨が少なく少しくたびれてきた、アジサイ明日からの雨でまた生き返りシャキリ

Photo_2  Photo_3

タンポポが雑草の中で際だつ色である、 サツキが一輪でけ咲いている

Photo_4  Photo_5

ポツリポツリとあちこちに色々な色が楽しめる、

Photo_6  Photo_7

松葉ボタンがブルーベリーの土手に咲いている、ツユムラサキはやつかいな雑草

Photo_8  Photo_9








| | コメント (0) | トラックバック (0)

うじゃうじゃ

Photo

モリアオガエルが卵からオタマジャクシにたくさん孵る、これで今までに生み付けた

卵は全部なくなる、

Photo_2

柿の木の近くでは、モリアオガエルの鳴き声は聞こえない、曇り空になり

小雨が降り始めると、山の大きな椎の木の上から聞こえる、

Photo_3  Photo_5

柿の木から落ちた卵を集めて助ける、卵に水道水を掛けると中からオタマジャクシ

Photo_6

イモリはお腹が膨らんでいないので、そんなに食べられていない、モリアオガエル

が来年も池に戻って来る、今年の産卵は終了かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »