« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

蜂の巣獲り

Photo_2

黄色スズメバチの巣がどんどん大きくなる、養蜂の佐藤さんの蜜蜂に

入り込み蜜蜂を襲っているので捕りたいとのこと

Photo_3

さっそく佐藤さんとスズメバチの巣を獲ることに、ハシゴを掛けただけで

スズメバチが巣から出て戦闘モード、カメラを回す暇がない、

Photo_4

スズメバチの残骸5段の巣である、蜂の子は薬を掛けたので食べられない、

Photo_5

蜂の子は大きい、見たことの無い人はびっくりするだろう 

Photo_6

Photo_7

屋根の上には黄色スズメバチの死骸で一杯である、これで巣は作らないよう願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫

Photo

ゴボウと生姜の収穫が出来る、水不足と暑さでも生育はまずまずである、

Photo_2


生姜はまだ生長途中であるが、ミルイ内に収穫して食べないと遅くなると筋ばかり、

Photo_3

白く柔らかい生姜はみずみずしく美味しい、酒のつまみに良く合う一品である、

Photo_4

ごぼうの収穫は大変である、地中深く潜っているのでスコップで掘り下げる、

Photo_7

掘り下げて えらくなると手で引き抜くしかない、結局先が引きちぎれておしまい、

家庭菜園の楽しみは収穫のときかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小粒

Photo

山椒は小粒である、山道の崖の途中に2本有り今年は2本とも実を付ける、

ウナギが食べられないから山椒だけでもと 手に入れることに、

Photo_2

崖のコンクリの割れ目に生えている、高枝ハサミを持ち出かけるが

車で通行する人は何をやっているか、不思議そうな顔をして通る、少しバツが悪い、

Photo_3

山椒の実は赤く色が変わり始め、収穫には遅いが?チリメン山椒は青い実を

調理しなければ 中の実が黒く堅くなる、皮を採るにしても青く無くては、7月上旬が

収穫時期なのか?誰か教えて?

Photo_4

少し採り種を畑に蒔き育てることに、苗を植えるのが良いのか?

粉山椒の作り方も分からないのに むちゃくちゃな行動である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋ちかし

Photo

甘柿が大きくなり 枝がしなり折れそうである、秋がすぐそこに来ている、

台風が来ればいっきに涼しくなりそうである、

Photo_2  Photo_4

栗も虫が付いた物が道に転がっている、柿もヘタ虫が付きほとんど落下である、

Photo_5  Photo_6

ゴーヤも葉が茶色に変わり、実も知らぬ間に黄色に色づく

Photo_7  Photo_8

キュウリもヘボばかりになり ヌカ漬け物にしかならない物ばかり、

おかげで便秘解消である、出過ぎて困るくらいである。

Photo_9









| | コメント (0) | トラックバック (0)

消える

Photo

この所イノシシが山里から居なくなる、里の米が実り始めてそちらに移動したのか?

箱罠の中には米糠が有るがカビが出始める、

Photo_2

Photo_3

箱罠の外に少し米糠を置くが、イノシシの足跡は見られない、狸かハクビシンか?

Photo_4

山道の脇の落ち葉も荒らされてない、イノシシが出て来ていれば 必ず荒らしている、

家庭菜園もひとまず 荒らされることはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独り占め

Photo

先日の水遊び、滝壺遊びは一家族の専用でした、その後も訪れる人はなく

暑い時は熊さんの涼を取る場所っである、

Photo_2

少し整備をすれば良いのだが、忙しく手がは入らない、山の中には色々

と遊ぶところがあるが、地元の人は良さが分からない、残念なことである、

Photo_3

今日は雨である、恵みの雨となり農作物が潤う、1日となる。

Photo_4

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさしぶり

Photo

久しぶりに鹿と遭遇、倉真温泉前の県道に居たので車を止めパチリ

Photo_2

雄と雌のつがい、雌は道路の反対側まで来て餌を探していた

車を止めると反対側の のり面に戻り餌を食べながら林の中に消える。

Photo_3


Photo_4

雄は樹の下に入りこちらを伺う、鹿の農作物の食害で農家の人は困っている、

鹿も可愛いく愛護が盛んだが40年前は居なかった動物、この先どうなろうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

しおれる

Photo

ブルーベリーが暑さで萎れてくる、毎日30度以上で雨が無くこれもしかり、

Photo_2

品種にもよるだろうが、ここまで萎れては商品価値なし、甘いがしかたがない

Photo_3

やはり栽培が多い品種が無難であろう、

Photo_6

品種が200種類あり、その中から選ぶのは骨が折れる。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

渇水

Photo

川の水は少なくなり、家庭菜園の野菜は水不足でピンチである、

川遊びの淵には水音が響く、

Photo_2

家庭菜園の横の川も同じ水、雷雨があちらこちらに降るがまだ倉真には無い、

Photo_3

家庭菜園はカラカラ状態、冠水を考えなければ成らない状態、

Photo_4

生姜と里芋がピンチである。

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水遊び

Photo

バーベキュウの後の水遊び、小さな淵が2つ有り 地元の人は2つ淵と言い

子供たちが水泳の練習をした所である、

Photo_2


Photo_3

子供2人を連れ、小さな淵に入ること5分で寒いと、気温は27度であるが

滝のイオンで涼しい

Photo_4

Photo_5

淵に竹を置き、竹を伝い水遊び ここでカメラを水の中にポチャリ

 プログが書けなくなつたしだいである、

Photo_6

子供達が30分で震え始め、水遊びは終了、ブルーベリー狩りをして

ジュースを作り楽しい夏休みの1日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大荒れ

Photo

イノシシの箱罠から2キロ離れた道沿い、山肌がむきだしに 荒れている、

今年もイノシシが、多く出ている。

Photo_2

山肌をえぐり、餌を探し回っている 多分親子のイノシシ、それも今年

生まれた小さな うり坊がいる、先日捕獲する前に同じ様に 掘りまくっていた、

Photo_3

箱罠があれば捕獲出来るのだが、箱罠の値段が6万なのである、手が出ない。

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リセット

Photo

イノシシ箱罠のリセットが完了する、仕掛けも ぐちゃぐちゃでリセットに1時間費やす

Photo_3

先日の6匹捕獲は雌が5匹で良い結果である、これで少しは畑の周りが静かになる、

Photo_4

箱罠の外にも米糠を置き、ここに来れば必ず餌に有り付くことを覚えさせる、

箱罠の中には何も障害物はない、

Photo_5

箱罠から2mの所は早くも、食い荒らされている、足跡を見るために

土の表面を綺麗に平して置くのを忘れた、狸みたいな足跡である。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

終盤に掛かる

Photo

ブルーベリーの晩生種が終盤に掛かる、実は小粒だが甘みはまずまずである、

ハクビシンの被害が影響し収量は少ない、

Photo_2

樹勢はこの暑さにも関わらず、良好の部類である、

Photo_3

やはり摘果は必要である、今年実が沢山付くと来年は少なく成るが、小さな実は

価値が無い ジュウシーさがないのである、

Photo_4

実の落下も盛んである、この頃に摘み取りを行うと結構甘みが増す、

Photo_5

ブルーベリーの小さな実は加工品として、ブルベリー酢、とジャムに加工

小さい実の乗ったケーキは頂けない、ブルーベリーの風味も感じられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大捕物

Photo_2

今日はやっとイノシシが檻に入る、それは良いのだがなんと6匹が一度に、

大捕物の一日で有った、

Photo_3

檻のそばに行くと、ガッチャン、ガッチャンと大きな音が、そばに寄れない位で

遠くから眺めると、4匹は入っているのは見えるが、

Photo_4

雌の親50キロ位一匹、昨年の子供40キロ一匹、うり坊4匹が一度に入る、

Photo_5

とにかく6匹は最多の捕獲頭数である、新しい仕掛けが威力を発揮

Photo_6

捕獲したイノシシは一匹、一匹写真に撮り記録、うり坊は4匹まとめ記録に

Photo_8

朝から4時まで掛かりやっと、終了 4匹までは有ったが、6匹は始めて

これでイノシシ被害は一服か?、一ヶ月は枕を高くして眠られる やれやれ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も空振り

Photo

今日も空振りである、落とし穴は反応して途中まで落ちるが仕掛けに

伝わらない為に失敗、

Photo_2

Photo_3


Photo_4

あり合わせの材料で作成したので穴があり、土を被せるのには問題がある。

Photo_5

ビニールを被せて土が落ちるのを防ぐ事に、

Photo_6


まだまだ改良が必要である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

からぶり

Photo

イノシシが入り中の米糠は食べ放題、米糠を30キロ食べられる、仕掛けが作動せず、

Photo_2  Photo_4

仕掛けをバラして見ると、落とし穴は落ちているが、落ち幅が少なく失敗である、

Photo_5

イノシシの足跡はハート型にくっきりと見える、しかし跡は小さい うり坊が4,5匹

と親が来ている様だ、

Photo_6  Photo_7


落ち幅を大きくするために改良することに、様子をみて手をいれるしかない、

確実に物に出来るまで時間が掛かるかも?

Photo_8  Photo_9

セットをして土を被せ、カモフラージュ 最後は米糠を入れ天命を待つ。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

さんざん

Photo

今年の天気はほんとうにおかしい、農作物には散々な日々、特にブルーベリーに

とっては最悪の年ではないか、今日も今日とて雨と晴れが3時間おきに変わる、

Photo_2


Photo_3

空は曇り涼しくなると雨が降り、すぐに青空が出てくる ブルーベリーも乾き加減

になり収穫しようと畑に出ればポツリと、

Photo_4


Photo_5


Photo_6

夕方まで ねばるが駄目である、明日は良い日になるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とちゅう

Photo

イノシシの箱罠を仕掛けてから、2日目に米糠を食べに途中まで入るが、

仕掛けまで進まない、

Photo_2

箱罠外に米糠を大量に置き、おびき寄せる 畑から離れているが直ぐに食べる、

Photo_3

雨が多く湿気ているので、米糠がすぐにカビが生える、仕掛けより奥のヌカは

ひどい状態である、

Photo_4

カビの生えた物は食べない、箱罠の長さが短いので仕掛けを手前に置けば

仕掛けが反応する前にイノシシが蓋の外に出てしまう、

Photo_7

箱罠の屋根にビニールを乗せ、雨よけにするが とにやり毎日新鮮な米糠を

提供しないと、イノシシはこなくなる、ここで仕掛けが問題である、小さいイノシシは

反応しない軽すぎである、今週いっぱい今の仕掛けを使用して様子を見る事に、

親子で入ると反応するのだが、早く仕留めたい。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

千石林道

Photo

倉真から粟ヶ岳に登る千石林道に行く、山道を登ると林の中に入る

この暑い中涼しい風が吹き抜ける、27度くらいの感じである、林道の広い所で

涼む、半袖ではいられない長袖を羽織り丁度良い、2時間涼み遊び場に帰る、

途中で鹿の親子が林道の上に駆け上がる、鹿も涼みに出て来たのかな?

涼だ後は、農作業が待っている、また仕事が遅れる。

作業が有りすぎて、眺めただけでため息、やることが有ることは良いことだ。

Photo_2


Photo_3


Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーベリージャム

Photo

ブルーベリーの収穫が増えて処理が追いつかない、ジャム加工に

Photo_2

ジャム加工品も沢山 出来できたがパックに入れ冷凍保存

Photo_3

自然食品の自家製品、美味しく頂くが残りは

Photo_4


パックに入れて冷凍保存。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有害鳥獣

Photo

やっとイノシシの有害鳥獣駆除が始まりました、毎年のことであるが駆除出来れば

良いが、イノシシも学習能力が上がって行く。

Photo_2

農作物を荒らすのはもちろん、マダニによるウイルスの病気が気になる、ダニを

沢山持っている。

Photo_3

今年は仕掛けを変える、1年目と2年目は捕獲出来たが、それ以降は仕掛けが

バレて思うようにいかない。

Photo_4

仕掛けを落とし穴に変える、これも上手く行くとは限らないが?やってみることに、

Photo_5

箱罠の中を掘るには骨が折れる、1時間掛かりようやくセットするが じっと待つしか

方法が無いが、やるしかない。

Photo_6

箱罠の中の仕掛けは、何も障害物が無くてイノシシが進入しやすいと思うが?

順調でしたら又報告します、イノシシのタイトルが少し増えますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畑道の花8月

Photo

この暑い8月、畑道に黄色の八重の山吹、5月に咲く花なのに毎年ぱらぱらと咲く

Photo_3  Photo_4

山芋の花が咲き始める、山の花はいつも見ているが名前が分からない物が多い

Photo_5  Photo_6

萩の花とサルスベリが咲き始める

Photo_7  Photo_8

松葉ボタンは終わりである、茎を摘めば花がまだ咲くのかな?

Photo_9  Photo_10

テレビのvs嵐が気になりブログは終わりです。













| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »