« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

山草刈り

Photo

青い秋空に鱗ぐも、本格的な秋の到来 ススキの穂がほとんど満開

Photo_2  Photo_3

ブルーベリーの畑に入れるススキの刈り獲り、草刈り機の調子がイマイチ

少しずつの刈り獲りである、

Photo_4  Photo_5

刈り獲った後は草を束ねる仕事である、まだ気温が高く汗が出るきつい仕事である、

Photo_6  Photo_7

草刈りの合間にもホットする時がある、時々顔をだす可憐な花ばな。

当分草刈りが続く。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

入り口

Photo

2日連続で中まで入る、山のイノシシは定期的に回っているので直ぐに来るとは

思っていたが、これからがむずい

Photo_4

ほんの50センチではと思っていても、いつ中まで入るか分からないのが

おもしろい、少し仕掛けが落ちないようにしてならさせる手もあるが?

Photo_5

昨日平らにしておいた地面もデコボコである、1頭では無い様である

一網打尽にしたいが、などと思いながらの毎日である、

Photo_6  Photo_7










| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒟蒻玉収穫

Photo

彼岸花も満開になり、あちらこちらが赤く染まる今日このごろ、

Photo_2

蒟蒻玉の葉が黄色になる、少し早い10月になってからの収穫が丁度良いのだが

台風で倒れたので掘ってみる事に、

Photo_3

幹が大きいだけに玉も大きいし、ヒゲ根も多く付いている、

Photo_4

収穫してひげ根を取り、庭先に他って置けばいつでも蒟蒻に加工できる、

もう少し秋が深まってから、田舎蒟蒻を作ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

故障

Photo

動力噴霧器が故障してしまう、古い動噴霧器で無料でもらった物だが1年は使用したが

最近になりキャブレターからガソリン漏れである、

Photo_2

なんとか直したいので分解を試みる、やはり古い物で作りが何となく手が込んでいる

Photo_3

キャブレターのパッキンが傷つきそこからのガソリン漏れ、パッキンが無い

しょうがないので親友の鈴木くんの所に相談、パツキンを作らなくては成らない、

修理を鈴木君にお願い、半日で修理して くれたそれも無料である、助かったー

みんなに助けて貰い、スローライフの山の暮らし。

Photo_4

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Photo

秋風が吹き始めて蝶も最後の蜜を求めて花に舞い降りる、心なしか元気がない?

Photo_2

台風で倒れたオクラが何とかふみとどまり、まだ立つている 種取り用に

収穫せずに大きくする、根本に近い所のオクラが虫が付く、

Photo_3

オクラを割るともう実が黒い、これなら来年の種になるかな?

Photo_4


何とか虫食いの無い種を採り冷蔵庫に保管、来年発芽することが出来るか?





| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうしよう?

Photo

甘柿が沢山実り あからんだ柿が落下して、地面にいっぱいである、

Photo_2

柿の木はセッコクが付いている大きな木であるが、昨年までは実がならなかったが

冬に剪定を強く行ったら今年は沢山実を付ける、

Photo_3

赤く熟した実には、ハエ、スズメハチが来て甘い実に群がっている、

Photo_4

良い柿の実をバケツに採るが、差し上げる家が無い、無料で無人販売に置いても

持って行く人もなく 困り果てる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

振り出し

Photo

先日の仕掛けが作動したのは やはりイノシシのようである、その後

箱罠の中には近寄らない、

Photo_2

箱罠から3mには餌を食べに来るが、近くの餌は食べない 来るのも2日おきである、

Photo_3

里のイノシシは毎日出てくると仲間から情報が、山のイノシシは毎日来ない

Photo_4

長期戦は餌の米ヌカの補充が半端無い位 必要である、焦りは禁物。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

行商

Photo  ショウガ  100グラム

21日に野菜の行商に出ました、山の維持管理費を出すために 恥をしんのんで

出かけるが、お客さんに声を掛けるのもなかなか大変でした、

Photo_2  ミョウガ  70グラム

山の中の野菜と、山菜などである、一袋 100円、ブルーベリー100グラム200円

Photo_3   ゴボウ180グラム

ガソリンが高くなり、草刈り機、チェンソー、軽自動車を動かす為は必要で

山の暮らしは大変である、消費税が上がればなおかつ大変である、

山はますます荒れてしまう、日本の地方はもう終わりである、美しい日本どころ出はない

Photo_4  メークイン 500グラム

自由民主党は成長戦略で、日本を変えると息巻くが 地方を悪くするために

変えるいるみたいだ、

Photo_6 シシトウ 80グラム

経済は永久に成長するのは無理だ、バランスよく経済が回って行けば良いのだが

、無理に経済成長させても国の借金が増えるだけである、値上げの秋である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花ミョウガ

Photo

秋ミョウガの季節がもう過ぎようとしている、台風の雨でいっそう成長し花が付く。

Photo_3

茎をかき分けて見ると、あるはあるは一株に20個見つける。

Photo_4

黄色い花があるのですぐに見つけることが出来る、まだ花が萎れていないので

食べることが出来る。

Photo_5

食べきれないので、近所の人に差し上げる、栄養豊富なミョウガだが

独特の香りと味がある。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

からぶり

Photo

箱罠のふたが落ちている、中には何も居ない餌はきれいに食べてある、

Photo_2

足跡が何となくおかしい、ハートマークが見られないし 仕掛けの落とし穴

がすっきりと落ちていない、

Photo_3

青木でカモフラージュをしたのが、蓋のスライドを遅らせたのか?

Photo_4

いまいち納得いかない、昨年も空振りが何回もあったがタヌキの仕業

Photo_5

蓋を開けて見てもハッキリ分からない、いちからやり直しであるが、

扉が落ち餌が無くなったのは確か、前日はハートマークがあったから動物が

来ているのは確か、

Photo_6

リセットして明日がどうなるか?楽しみがふえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天国

Photo

夏の昆虫が天国に旅立っていく、モズの高鳴きが日に日に増え、秋本番に

移りゆく、蝉も道のあちらこちらに落ちている、

Photo_2


Photo_3

柿が色づき、ススキの穂が風になびき、彼岸花のも咲き始める、

Photo_4

イノシシもあちらこちらに出没、足跡も手のひらサイズ50キロサイズ畑を荒らしそうで

ある、箱罠にはこんな大きな足跡は無い、違うイノシシか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長丁場

Photo

長丁場の予感である、イノシシが警戒して箱罠に入らない 50センチで止まる、

Photo_2

50センチから進まないので、青木の木を入り口の前に置きカモフラージュ、

Photo_4

とにかく前に進まない、入り口は足跡がいっぱいで土が削れ鉄が剥き出し

これも影響あるのか?

Photo_5

2ヶ月は掛かるのか?8月9日から2ヶ月となると10月にずれ込む?

Photo_6

次の戦法はどうしようか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風被害

Photo

台風被害が各地で有ったが、熊さんの遊び場もブルーベリー植木鉢は倒れるし

野菜は倒れ、木は倒れるし散々でした、

Photo_2

キュウリは風に振り回されてボロボロで、回復の兆しは無い ぬか漬けにする材料が

無くなる、

Photo_3

里芋の葉もボロボロに痛み付けられる、里芋が大きくならないだろうが、そのままに

Photo_5

道には木の枝や葉が 至る所に舞落ちて、車の通の邪魔である、

Photo_9


咲き始めた彼岸花も無残にも折れて倒れてしまう、

Photo_7
 

畑に入る耕作道は雑木が倒れて邪魔である、明日から台風の後始末だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫終了

Photo

ブルーベリーの収穫がいよいよ終わりとなる、台風が襲来して実が落ちてしまう前

に 忙しい一日であった、台風が来なければまだ5日は持ったがもう無理ある、

Photo_2  Photo_3

ブルーベリーの落下は激しいがこれまでもつたが、台風の風にあえば全部落下である

Photo_4  Photo_5

Photo_6

小粒のブルーベリーが3キロ収穫出来たが、今年も大粒で甘いブルーベリーが

最後まで収穫、他の栽培農家と比べても良い実が収穫出来た、自然に感謝。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

千石林道の花

Photo

粟ヶ岳に登る千石林道を通り、粟ヶ岳中腹に山道には山アジサイが満開である、

Photo_2

昼に登り木陰で昼食そして昼寝、車の通りは無いしハイカー、ツーリング

の人もなく静かそのもの、小鳥の鳴き声も時々聞こえる、

Photo_3

Photo_5

ススキの穂が出始めている、千石林道から望む粟ヶ岳

Photo_6

葛の花が満開をすぎ、散り始め紫の花びらが道を染めている、

Photo_7

Photo_8

イタドリの白い花は満開、山栗が林道に落ちている、いよいよ秋である、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

種蒔き

Photo

モズの高鳴きが聞こえる今日この頃、冬野菜の種蒔きに良いこのごろ

毎日が忙しい、

Photo_2

気温が高いと発芽は早い、しかし害虫に食い尽くされるので管理が大変である、

大根、タアサイ、春菊、シャク菜、ゴボウ、とりあえず5種類

Photo_3

ゴボウは深耕をやらなければ たこ足になるし、発芽に時間が掛かる、

Photo_4

収穫も生姜、シシトウ、オクラと忙しい里芋ももうすぐ始まる、

イノシシは箱罠に常時来ない、当分は餌やりだけで様子を見る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

進入50センチ

Photo

久しぶりに足跡がある、箱罠の中は警戒して入らなかったイノシシが餌を食べる、

Photo_2

足跡はハート型の小さい形がハッキリと残っている、足跡は複数あるから

またまた親子であろうが?大きな足跡は入り口にはない、

Photo_3

入り口から50センチまで餌を食べてある、8月の初旬の捕獲から1ヶ月

結構早い進入である、

Photo_4

餌は米ヌカが一番かな?米ヌカだけはかならず食べてある、

Photo_5

カビで一杯であるので 新しい米ヌカを追加して中に入る様、おびき寄せる

餌やりが難しい、

Photo_7

箱罠から離れた場所には足跡が、大きい物から、小さい物が沢山ある、

秋の実りで薩摩芋などの芋類の収穫前に捕獲したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミョウガ採り

Photo

秋のミョウガの収穫時期が来ました、7月に採れるミョウガと秋に採れるミョウガ

、どくとくの香りと味である。

Photo_2

今年は根本に木屑を入れ 大きく綺麗なミョウガを収穫しようと試してみたが、

Photo_3

まだ小さいがピンク色のミョウガが出始めている、栄養が無いのか?早すぎるのか?

成長が楽しみである、鉄分が豊富な栄養食品だ、有機栽培の無農薬美味しく頂こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘタ虫

Photo

甘柿が色が付き食べる事が出来るか見る、まだ時期が早いので 

おやつに成らないか見る事に、

Photo_2

今年は1枝に5個は付いている、これでは虫がつきやすい、

Photo_3

色付いた物は解けてしまうくらい中はドロドロ、であるとても食べられ無い、

Photo_4

ヘタ虫が 入り込み芯の奥まで入り込んでいる、

Photo_5

ヘタ虫が少ししか入り込んでいない柿の皮を剥く、これは食べられる初物である、

Photo_6

ブルーベリーを食べ飽きたので、柿が虫食いでも美味しく食べる事が出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーベリー酒

Photo

ブルーベリーの収穫が間に合わなくなり、選別なしで大量消費する方法を

考えなければならず、やむなくブルーベリー酒にはしる。

Photo_2

畑は有機栽培を目指し山草栽培、ブルーベリーの根本はススキを敷く、                                    

ススキの上には実が落下、落下したブルーベリーは絶対に使用しない。

Photo_3

器に焼酎を入れ実を洗いながら4リッターの容器に入れ焼酎れ完了、

Photo_4

まだまだ大量消費の方法を考え無くては、ジャムしか無いのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこに?

Photo

イノシシが箱罠に近づかない、米、栗が実り始めて、なおさら来ない。

Photo_2

家の庭の柿の木の実が落ちて、臭いが出て処分に困り 思いついたのが

箱罠のなかに入れようとかき集める、

Photo_3

米ヌカはカビが生えて青くなる、入り口の10センチは食べるが、新しい餌を

入れなければ食べに来ない、山の栗はまだだが栽培の栗はもう収穫が始まる。Photo_4

入り口に米糠を大量に置き、餌が豊富にあることを覚えさせなければならないようだ?

毎日が駆け引きである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終わり近し?

Photo

ブルーベリーの収穫が終盤に突入、L級の実が少なくなり生食用は冷凍が主流に

Photo_2

今年は暑さの影響で熟すのが 早くなるし、実が大きくなる前に色づくので

収穫は集中してしまう、

Photo_3

毎日が目がまわるほどの忙しさ、雨が降れば収穫が遅れ 降らなければ熟す、

バランスがかみ合わない、

Photo_4

Sが多く加工用 ジャム、ジュース用が多くなる、

Photo_5

選別も大変である、プラスチィク製の ふるいがあれば良いのだが、

編み目が15ミリ、16ミリ、18ミリのプラが見つからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しんちょう

Photo

箱罠にイノシシは来ているが中には入らない、入り口から手前の餌を食べるだけ、

Photo_2

8月の11日から米糠は2袋使用し、今日で3袋めである箱罠の外に置き

食べたら中に、中を食べなかったら外に

Photo_3

進入道は出来ている 足跡も複数である、箱罠に入らない所を見ると

箱罠に警戒している、1ヶ月で来るのが早すぎ、

Photo_4

箱罠の仕掛けがある所は米糠がカビている、里の民家の近くの箱罠は

捕獲してから10日もすれば箱罠の仕掛けの所まで進入するとの情報が

入る、里の近くのほうがいのイノシシは多く居るみたいだ?

Photo_5

足跡の確認のため 進入道を綺麗にして

Photo_6


米糠は箱罠の上に置き、餌を少し箱罠の外中に多く入れる

Photo_7

まだまだ中に進入するまでには1ヶ月は掛かりそうである? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月畑道の花

92

畑道の花9月、綺麗な花はなかなか見つからないがテッポウユリが1輪

清楚なたたずまい、

Photo  Photo_2

畑のオクラも黄色の清楚の花である

Photo_3  Photo_4

サルスベリの花は終わりに近づく、葛の花は目立たないが、ツルは木を覆い尽くす

ほどの成長力で良く目立つ、

Photo_5  Photo_6

山の雑木も花が付く、

Photo_7  Photo_8


Photo_10  Photo_11

山の花はよく分からない、なんの花だろうと思うが調べる気にならない

毎年秋になると咲く花ばかり、毎年変わらず同じ花が咲くとは限らない。















| | コメント (0) | トラックバック (0)

林道奥山

Photo

倉真財産区の森林の間伐を、 県の事業とし 民間林と合同で行って頂くことに、

林道の設置場所の立ち会いに参加する、

Photo_2

新東名掛川インター上り線、北側の奥山線 林道から新たに、森林伐採の為

道である、オフロードの道でバイクで走るのには大変である、

Photo_3

山林は倒木ばかりで、手入れがしていない荒れた杉、檜でいっぱい、

Photo_4

林道で説明を受け、現地を歩くが 森林の活用方法も何かないか、

良い知恵が浮かばない、

Photo_5

Photo_6

林道の両脇は倒れそうな杉、檜が林道を作れば少しは活用出来る、

林道がなければ何も始まらない、少しでも山の手入れが出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »