« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

落ち葉拾い

Photo

落ち葉が側溝に溜まり 乾いた状態になり風に飛ばされる前に落ち葉拾いである、

Photo_2

紅葉はだいぶ落下して 細い枝がつんつんと見える状態になるが、まだまだ落葉が続く

Photo_3

側溝は落ち葉に埋まり黄色に かき出しに苦労する

Photo_4

袋を用意して落ち葉を詰め込み 畑に溝を掘り、有機肥料に袋に3杯を集める、

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

警戒

Photo

どうも上手く行かない、2日箱罠に進入していたのが警戒して入らなくなる

Photo_2

外側に置いた米ヌカを止めて箱罠の中 中心に置き始めると とたんに入らなく

なる、誘いに乗らない

Photo_3

ほんの少しだけ米ヌカを置くことにして誘うが、まるで駄目である外にも来ない

Photo_4

中には十分米ヌカ投入してある、新しい米ヌカが少し少ないのがいけないのか?

Photo_5

箱罠の中に入り始めたことで 簡単に思っていたが、一筋縄ではいかない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残り

Photo

ブルーベリーの草入れの作業中にまだ実が有るのを見つける、どんな味なのか?

甘みは無いだろうが

Photo_2

3粒を採り口にほおばる やはり甘みは少ないが美味しい、11月も収穫できると良いが

それは無理である、

Photo_3

山の草入れをして雑草防止と 有機物の補充 乾燥防止である、

Photo_5

押し切りで3等分して根本に敷く、今日で敷草作業の最終日にしたいので

寒さを我慢しての作業、

Photo_6

一人作業は仕事が進まないが あきらめてぼちぼちとやるしかないな

Photo_7




| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋深し

Photo

風が強くて紅葉も散る、冬近しである道路には落ち葉が舞い降り

つむじ風であちらこちらに吹きだまりが出来る、

Photo_2

落ち葉集めを そろそろ始める時期が来たが雨で濡れて重い、

Photo_3

日が落ちるのも早く3時には山の上だけが明るい、谷は10度以下と寒さが厳しい

薪ストーブが恋しくなり、火を見つめる毎日である、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連日

Photo

2日連日で檻の中に入る、寒さが厳しくなったのか 丁度タイミングが合ったのか

Photo_2

箱罠の入り口は完全にクリアーして50センチ中に入り米ヌカを食べ足跡もある

Photo_3

足跡は余り大きくないが目立つのがある 指3本位かな?もう少し大きいのが有るはずだ

Photo_4

米ヌカはやはり新鮮のヌカが良いみたいである、新しい米ヌカから食べてある

Photo_6

小さい足跡も見えるが小さい、やはり親子かな?小さい時に捕獲が必要である、

Photo_7

そろそろ捕獲出来ても良いのだが、箱罠の真ん中で止まって進まない、







| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛り紅葉

Photo

熊さんの山の中は紅葉で真っ盛りである、四方を山で囲われあちらこちらに

黄色と赤が鮮やかである 

Photo_2

すこし落ち葉が落ち始め道路も色付き始める、落ち葉拾いの時期に近づく

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

明日からの冷え込みでいっそうの色付きか、雨風で落葉するのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草入れ

Photo

ブルーベリーの管理作業で山草を根本に入れる作業である、山の斜面の草刈り場

でススキを刈り獲り 乾いた物を運び入れる、いわいる茶草場農法のブルーベリー番

Photo_2

ススキの穂を落とし種から芽が出ないようにして畑に運び入れる、

Photo_3

押し切りで3等分して根本に敷き込む、手間が掛かる仕事でである地道の作業が

甘いく大粒の実を付ける、

Photo_4

地植えのブルーベリーはまだ紅葉が始まらない、地道の作業が続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来る

Photo

ようやくイノシシが箱罠に出てくる、しかし毎日来るようでないと箱罠には入らない、

Photo_2

米ヌカの上にある足跡はイノシシでは無い様である、このところタヌキが多い

Photo_3

少し離れた所の米ヌカは綺麗に舐められているが、箱罠の中までは来ない

Photo_4

ハート型の足跡が土の上にくっきりと見えるが 足跡は小さい、チョコチョコと

来るイノシシなのか 5日間間隔位である、

Photo_5

指3本では25キロ位の小さいイノシシであろう、足跡も数が少ない親が近寄らない

から箱罠をよく知っているイノシシ 捕獲は難しいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサギマダラ?

Photo

熊さんの遊び場の畑に10時頃になると蝶が舞う、なんとなくアサギマダラが

頭に残るがこんな所に居るのかな?

Photo_2  Photo_3

アサギマダラは海を渡る蝶のような記憶があつたのでネットで見るがよく似ている

Photo_4  Photo_5

カメラを構えても警戒して草花に止まらない、ようやく今日撮ることができる

Photo_6  Photo_7

蝶の羽の色が少し違うかな?すこし水色が入っているはずが無いのである、

Photo_8  Photo_9

マリンゴールドの花の蜜を吸たあと舞い上がり 山の木々を越え見えなくなる、

明日も見ることができるのか?










| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆず採り

Photo

気温が下がり柚子が凍る前に柚子を収穫する、トゲが太く大きいので柚子自体

に傷が多くゆず湯に入れるのには最適である、無人市に並べるが売れ行きは無い

Photo_2

今日は同級生が来て20個採る、柚子ジャムを作るのとのことである種を取れば

簡単に作ることができるとのことでした、

Photo_3

柚子はけっこう苦いのではないかと思うが?美味しいらしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

町にでる

Photo

昨日は久しぶりに賑やかな町に出かける、イベントが行われ子供と高齢者が

多く見られる

Photo_2

無料のつきたての餅配布が有り それを目当ての人が多くみられる、行列の人が多く

餅を頂くことが出来なかった、

Photo_3

山の中にいて 久しぶりの人混みで人混みで人負けして疲れがどっと出て

今日の朝は疲れで腰、背中が痛み起きることが出来ず昼間で布団の中でした、

Photo_5

畑道の落石防止網の中にキジハトが閉じ込められて出れずにウロウロ

すぐに助けなくては、山の中はハプニングがいっぱいであるほつとする時間が

いっぱい?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬき

Photo

イノシシの箱罠にタヌキが来て米ヌカを食べ始める、マネカザラズ客である

肝心のイノシシはまだ気配はない?

Photo_2

タヌキも箱罠の近くには近づかない、やはり山の中に鉄の檻があるのは動物でも

警戒する、

Photo_3

里芋を箱罠の近くに捨て上に米ヌカを振りかけたのに米ヌカだけは綺麗に

舐めて無くなる、

Photo_4

柔らかい地面の上にはタヌキの足跡が 今年の猟期も望み薄である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の色

Photo

やっと色が付き始める、ルート81倉真温泉から登り始めると直ぐに紅葉が

Photo_2

倉真温泉からロングオーキングするには良い時期になる、粟ヶ岳まで2時間

粟ヶ岳から東山まで40分くらいかな?

Photo_3  Photo_4

東山から倉真温泉までロングオーキングのハイカーが多い、歩かないと紅葉も

身近に感じないのでは?

Photo_5  Photo_6

倉真温泉真砂館の前のコスモスもまだ咲いています。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

山芋堀り

Photo

倉真の山芋は掛川では有名だが、熊さんはなかなか上手に栽培できない

 線虫が居るみたいである、

Photo_2

畑のはしっこに申し訳ないように一通りだけ 栽培している、葉とツルは生き生きと

伸びているが 地中のことは分からない

Photo_3

ツルの根本は細いがこれが精一杯である、長芋を掘るのが一苦労である

この重労働だから美味しいのだろう、

Photo_4

スコップで掘り返して掘り出すまでが楽しい、どんな芋が出るか分からない

からなのか?ついつい6本も掘ってしまう、

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Photo

この寒さで霜が強く降り 根菜類の収穫を始める、ショウガはまだ葉が青いが

収穫に入る

Photo_2

地中の中から出て来たショウガは色が白くまだ硬く見えないが、やはり筋が多い

8月下旬が一番柔らかく 辛みも少ない、調理しても美味しい

Photo_3

種として来年まで保存 しなくてはならないが、なかなか上手く保存できない

半分位腐ってしまうが今年も山の土手に穴掘りして保存、

Photo_4

ショウガは気温13度で保存したいし水分も大切である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

始める

Photo

狩猟が11月から始まるが、熊さんは今日から始めることにしました、

10月の有害鳥獣駆除でイノシシの出没が3回と少なく捕獲の可能性が無いと判断、

Photo_2

畑の近く 川の砂の上にイノシシの足跡がはっきりと見てとれ、道の落ち葉

にはひっくり返した跡が、取りあえず箱罠の外に米ヌカを少し置く、

Photo_3

4年も同じ場所に箱罠を設置したままでは良くないが、移動させるには

手間と時間が掛かるうえ、設置場所の良い所がないのである、

Photo_4

この場所では毎年6頭ほどは捕獲しているがそろそろ限界が来たのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

粗朶集め

Photo

昨日は雨で途中で中止になった 海と山の交流 粗朶集め活動

遠州灘の砂浜保全に 2日目 山の作業である、少し腰が張るが参加

Photo_2

木を切る人、枝払い、束ねる人、人が足りない?今日も頑張らないといけない

Photo_3

枝を払い1mに揃える担当を、鉈で寸法を揃えるが300束を作らなくては 昨日

は結局200束である、寒さが強くなったがすぐに汗が

Photo_4

13本位で良いのだが、15本位一束にして作るから枝が足りない

Photo_5

束ね 山に積み重ねる、昼飯もそこそこに作業を始め1時30分に終了することが

出来た、あとは車で大東海岸に運搬だけだが、今日で終了とする

 粗朶たては11月17日である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海と山の交流

1110

粗朶集め活動のボランテアに参加、天気を気にしながら集合場所百観音に集合

人数が少ない様な気がする?500束を作るのに大丈夫か?

Photo_2

切り倒した杉の枝が有る現場に到着、枝を1mに切り10本1束で500束

鉈とノコギリ、チエンソーを使い作業 

Photo_3

参加者はもくもくと粗朶の回収である、持った事のない道具を振り回す

危険なので固まって作業は出来ない 束ねる人から離れて長さをそろえる

Photo_4

10時に雨が降り出す、雨で粗朶が濡れて重くなる250束位作り雨が激しく

なり作業は中止である、

Photo_5


雨で体が冷えてくる、明日また作業が有るのか分からないが服を替えなければ

急いで山から下り帰宅である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Photo

スズメハチの死闘に遭遇、お互いにかみつき、毒針を刺し合う凶暴そのもの

Photo_2

アスファルトの道路の上である、車にひかれれば死闘どころではないお互いが死である

Photo_3

いつまで続くのやら、とばっちりを受けないうちに退散して家庭菜園の手入れ、

Photo_4

山草刈りの途中にススキの葉に鳥の巣を発見

Photo_5

珍しい出来事の1日、蝶のアサギマダラも飛んでいるがカメラには捕らえられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

整備

Photo

倉真地区のボランティア 「海と山の交流 粗朶集め活動」

遠州灘の砂浜保全に ご協力をお願いします。の募集があり参加を地区

区長さんにお願いしたのでチエンソーの整備となる、

Photo_2

今回で3回目であるが 1回目は参加したが昨年の2回目はボランティア募集

に気が付かず不参加、今回もまだ返事が来ないが整備だけしておかなければ、

Photo_3

20年も使い込んだ古いチエンソーを整備 バーがすり減り傷だらけであるが、

エンジンは快調に廻る 問題は切れ味、

Photo_4

チエーンオイルとガソリンを補給してオイルの出を確認して整備は完了、

ボランティア募集が20人なのでお呼びが無いかもしれないがどうなるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の紅葉

Photo

熊さんの遊び場の山も少し色づき始まる、あいにくの雨でガスが掛かる紅葉

Photo_2

Photo_3

雨が過ぎ明日からは気温が下がれば、一段と紅葉が進みそうであるロングオーキング

で見る事を進めるが、ロングオーキングを行う人は少なく熊さんの遊び場はオートバイ

が多い、

Photo_5

ブルーベリーも色づきが始まる、花と実を楽しんだ後の紅葉である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つち

Photo

10月31日から11月8日まで暦で つちに入っているが里芋の収穫を行う

Photo_2

つちの期間内で里芋、生姜などの根菜類は腐り易いから、収穫は止めるのが良い

と昔から言われているが無視をして行う

Photo_3

本当に腐りが多いのか分からない、来年になり腐りが出れば納得である、

Photo_4

Photo_5

土手に穴り周りビニールトタンで土が崩れるのを防ぎ中に里芋を入れ保管する

保温が出来れば腐りが無いはずである、もちろん水分も入らないようにする

コンクリートブロックで回りを囲い保存場所が出来るのは、いつのことやら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

唐辛子

Photo

シシトウガラシの種から出来た大きな唐辛子?改良シシトウガラシの種を蒔き

出来たシシトウガラシ

Photo_2

1本だけ大きなシシトウガラシが育つ、これは種を採り来年の種にして

栽培することにし種取り、

Photo_3

赤く熟したシシトウガラシを採り 中の種を探すが小さい種が少しあるだけである

Photo_4

とりあえず種を採取して乾かし保存してみる、来年の春に種蒔きして大きな

シシトウガラシが出来れば良いのだが、とにかく挑戦である春に楽しみが増えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掃除

Photo

猟期が始まるがまだ準備不足である、今日は箱罠の中を掃除を始める、

Photo_2

箱罠の中は米ヌカが腐りウジが一杯である、これでは美味しく無い米ヌカを追加しても

すぐに虫に食べられる、

Photo_3

おまけにカビまで生えてしまい掃除は大変だ、原因は箱罠の中に生ゴミを入れたのが

始まりである、大失敗

Photo_4


Photo_5

鍬で中の土と米ヌカを取り出す、中には土を入れる予定である

このまま少し置き様子を見ることに イノシシが道の落ち葉をひっくり返し始め

箱罠の周りに足跡が出来た時点で始めよう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

倉真公民館祭り

Photo

倉真地区公民館祭りが開催される テントの中での物品の販売とカラオケ

消防車の体験乗車、などである、

Photo_2

倉真小生徒の栽培された米の販売

Photo_3

農家の野菜販売も盛況であったが 地区の過疎化が進み毎年人では少なく成る、

祭りは若者が多数出たが地区活動には?お祭り騒ぎだけは好きである、

Photo_4

茶の手もみ体験も開催される、マンネリ化から脱皮はどうしたら良いのか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畑道の花11月

Photo

早い物で11月となる、気温も15度前後となり過ごしやすい日々である、

マリンゴールドに止まった蝶も羽が切れて痛々しい、

Photo_2  Photo_3

Photo_4  Photo_5

オシロイバナも種が出来て花は少ない、 野菊は白い花と薄紫が咲く

Photo_6  Photo_7

黄花コスモスも実が付く、 サツキは狂い咲き 

8  Photo_8

Photo_9

セッコク、ツツジ、山吹も季節外れの花が咲く。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »