« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

正月休み

Photo

イノシシの捕獲は正月はお休みにする予定である、入り口には大きな足跡が

付き 中も進入してある、休むのはつらいが

Photo_2

おそらくイノシシは仕掛けまで入るまでには相当の時間が掛かるだろう、

仕掛けを悪戯してあるからイノシシは学習している物と思われる、

Photo_3

少しの間でも米ヌカを切らすとイノシシが来なくなるが 年明け5日からの再開と

しよう、今年もイノシシの捕獲にはsさんにお世話になり、ブルーベリーでは

mさん、その他色々の人に助けて頂き無事に終わことが出来る 感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山芋堀り

Photo

畑で栽培している山芋堀を行う、明日の年越し蕎麦に使う山芋である、

トロロ蕎麦を食べて年越しである、

Photo_2  Photo_3

30本を栽培している、 塩ビ トタンを使い栽培し冬の収穫である

栽培期間が長いし重労働である、山の自然薯のほうが重労働であるが?

Photo_4  Photo_5

とろろ汁を作る家庭が少なくなっている、洗い、すり鉢ですり、サバ味噌汁を入れ

ご飯に掛けて食べれば美味しい、正月には家族ですり鉢を囲みごりごりと

とろろ汁を作り、後は美味しく頂くことにしよう、

Photo_6







| | コメント (1) | トラックバック (0)

足跡

Photo

箱罠にイノシシの足跡がたくさん有る、箱罠の入り口も足跡だらけである、

Photo_2

一昨日から箱罠の外に足跡がつき始めたが、親子のイノシシでは無かろうか?

Photo_3

しかし箱罠の仕掛けには触れない、イノシシが警戒しているのが見て取れるが

1週間前と2週間前に箱罠に入った片割れでは無いか?

Photo_4  Photo_5

足跡は指2本と1本である、しかし毎日来るかと思いきや急に来なくなる、

直ぐに捕獲出来ることはまず無い、このまま2ヶ月捕獲出来ないのもほとんどである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Photo

山椿のつぼみが膨らんで もうすぐ花が咲きそうである、この寒い中では

咲く時期が遅れるかな?

Photo_2

道の直ぐ際にあるが木は崖に張り付いて立っている、雑木は強い木である

Photo_3

つぼみは少ないが花が咲けば多く見える、メジロが蜜を吸いに来るのも直ぐだ

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた

Photo

捕獲後1週間 箱罠の中にはイノシシは来ない、タヌキが来て足跡を付けている、

Photo_3

箱罠から3メイトルの所に米ヌカを置いたのが 昨日から5メイトル先には来はじめる、

まだ足跡はハッキリ確認出来ないが?

Photo_4

米ヌカは綺麗に無くなっている、米ヌカは舐める用に無くなっているので

イノシシに間違いない、

Photo_5

米ヌカを切らせないように毎日管理しないとならない、毎日管理しなければ

イノシシを捕獲する率が少なくなる、イノシシをなるべく捕獲しておけば

田畑や山が荒れるのが少なくなる、早く狩猟税を無くして狩猟が出来ると良いのだが?



| | コメント (1) | トラックバック (0)

富士

Photo_2

世界遺産の富士の山を見に行く、朝から雪をかぶった富士山がよく見える、

Photo_3

富士パーキングからもよく見える、東名高速は車が多いガソリンが値下がりの影響なのか

いつも山の中にいてイノシシと遊んでいるので新鮮だ、

Photo_5

今日が仕事納めの人が多い、高速道路は渋滞が混雑しそうである、

熊さんはイノシシと遊ぶ日が続く。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

猪鍋

Photo

今日は11時半からyさんと猪鍋で忘年会?、1年を振り返りながら

Photo_2

イノシシ肉は20日に捕った肉で、もも肉2キロであるが500グラムを焼き肉用に

鍋にも500グラムを使用、

Photo_3

焼き肉用は一口大に切り袋に入れ酒、生姜、焼き肉のたれ、に漬け込むこと2日

鍋用の肉も切り酒、生姜、味噌、砂糖に漬ける1日、そして大根、里芋、ゴボウで

煮込むこと3日である、

Photo_4  Photo_6

yさんが来てから畑で春菊、ネギを収穫して鍋の中に入れて鍋を楽しむ、肉がホロホロと

箸で崩れる位に柔らかくなる、美味しく出来た猪鍋である。Photo_8

焼き肉も柔らかく何の臭みが無く美味しくできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薪ストーブ

Photo

このところ寒さで薪ストーブが大活躍である、3年めで少し汚れが目立って来たが

暖かさには変わりがない、

Photo_2

薪作りもしなければならない、昨年の薪は柔らかい雑木が多く火力の保ちが悪いが

熊さんの山から切り出すので贅沢は言っておれない、

Photo_4

作業の疲れでストーブを燃すのはまちまちであるが、朝から火を絶やすことはない

1度火を絶やすと暖かくなるまで時間が掛かる、

Photo_5

火を見ていると心が休まる、ついついストーブの前から離れらねない日々である。

Photo_6




| | コメント (1) | トラックバック (0)

リセット

Photo

イノシシ捕獲後ほって置いた箱罠、中には水たまりが 田んぼのようである

米ヌカを入れたので水はけが悪くなってしまう、

Photo_3

箱罠から30メイトルの所に新しい小さな足跡が、これではリセットするしかない、

Photo_4

仕掛けを仕掛けるのは泥まみれになりそうである、長靴を履いても汚れそう?

泥と水を掻き出してからである、

Photo_5

仕掛けのセットだけで30分も掛かる、これで泥を出さなければならない、

Photo_6

最後に新しい土を 仕掛けが隠れる用に薄く掛ける、箱罠の中に米ヌカは

止める、もう少しイノシシが箱罠に近づいてから、

Photo_7

仕掛けは此で終わりである、後は箱罠の近くに置いた米糠を食べ始めたら

箱罠の中に米ヌカを入れる、どうなることやら。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと

Photo

ブルーベリーの地植えの紅葉がやっと色がつき始める、鉢植えは紅葉が過ぎ

落葉して葉がほとんど無くなっている、

Photo_2

ハイブシュ系は早く紅葉して少しずつ落葉している、ラビットアイ系は遅いのか?

いやそうでもない 鉢植えラビットアイ系は紅葉している、

Photo_3

ハイブシュ系は大きな花芽が付いて いつでも花が付きそうである、

収穫後の管理がどうしても疎かになってしまう、

Photo_4

ブルーベリーの植え替えと剪定を少しずつ進めたいが、薪づくりと竹林の

仕事も進めなくては でもすぐに新年である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ロウバイ

Photo

山の日当たりの良い斜面でロウバイの花が咲き始めました、寒さの中で黄色の花は

目立たないがほんの一輪膨らむ、

Photo_2

花びらは本当に蝋のようである、薄く透明のようであるこれからが見頃である、

Photo_3

山の中を見渡しても花はなかなか見つけられない、次に見つける花は何だろう?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

捕獲

Photo

12日に4頭捕獲して15日にリセットして、雨の降る今朝 箱罠を見に行くと

3頭が箱罠に入っている どうなっているのか?

Photo_3

今日のイノシシ3頭は先日の親子の子供の片割れか?50キロ位の重さである

まるまると太っている 生まれて2年位か?

Photo_4

とにかく元気が良い箱罠に激突して必死である、4頭入ると箱罠が一杯で

身動きが取れないが、3頭では隙間があるので良く動く、

Photo_5

3頭のうち1頭が40キロ位であるが とにかく50キロのイノシシは重い

2人掛かりでロープで引くが息が切れる、1週間で7匹とは初めてである

まだ25キロ位のイノシシが2~3頭居る気配がする おとましい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

はやくも

Photo

イノシシ捕獲から1週間 はやくも箱罠の外のコメヌカを食べに来た動物イノシシだ

Photo_2

箱罠から3メイトルの所は綺麗に食べ 足跡が少し見えるが ハッキリとは

分からない、

Photo_3

箱罠から1メイトルの所のコメヌカは食べている、ここには足跡がハッキリと確認できる

Photo_4

箱罠の入り口にも足跡があり、外から中の餌を食べ始めている、

これからが進まないのである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

初雪

Photo

昨日の夜から降り出した雪が積もりました、静岡では珍しい雪である、

2年に1回位しか積もらない雪である、

Photo_3  Photo_4

茶畑は見事なコンスラストで綺麗に見える、家庭菜園は行きに覆われてしまいました、

12月に雪が降ることは ほとんど無い、2つの低気圧に静岡が挟まれた時は必ず降る、

Photo_5  Photo_6

家の庭は雪で真っ白である、足跡を付けるのがもったいない気がする、

孫にでも遊ばせたいが?

Photo_7  Photo_8

ブルーベリー畑や家庭菜園も雪に覆われる、ブルーベリーは雪は大歓迎であるが

家庭菜園は雪は大敵である、この寒さで野菜が駄目になりそうである、

Photo_10  


















| | コメント (2) | トラックバック (0)

爆弾低気圧

Photo

今日は最高気温1度である 山がごうごうと吠えている、風が谷間を回る

そして木の葉が舞落ちるどころか 細い枯れた枝が道路にいっぱいである、

Photo_2

気温が低いのでキノコがピンポン玉ぐらいしか大きくならない、もう食べれる

シイタケは採れないな?

Photo_3

食べれないキノコが枯れた木に沢山出ている、熊さん達はこれを

クソッタケと呼んでいる それにしてもこの爆弾低気圧の風は凄い勢いである、

雪が無いので助かるが、被害の無い様に祈るばかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切り干し大根

Photo

雨である 大根を切り保存させる為に包丁で切り干し大根に加工する、

Photo_2

畑から抜いた大根を少し干したが使い道が無くなってしまう、漬け物に使用し

まだ残る、大根切り干しは日持ちが長いので最高である、

Photo_3

男の仕事で有るので包丁で切るのも馴れない、長さはまちまちである、

Photo_4

太さもバラバラであるが これも愛嬌である、ただ乾きが一定でないのが玉にキズ

口に入れば同じである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

リセット

Photo

イノシシ捕獲後そのままにして有った箱罠をリセットすることにする、

Photo_2

箱罠の中は4頭のイノシシが入ったので 中はどろどろで田んぼの中のようで、

乾くのを待ってのリセットであるがまだぬかるんでいる、

Photo_3

仕掛けもボロボロである、泥を出すのに手間取り予想以上に時間が掛かる

Photo_4  Photo_5

仕掛けが重要であるが、人それぞれの方法であるマル秘扱いである、

最初の頃にプログに乗せてが大したことは無い

Photo_6  Photo_7

1ヶ月でイノシシが近寄るかな?気長に始めないと行けないが、

コメヌカがそろそろ底をつき始めて来た。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

落ち葉拾い

Photo

県道81号の落ち葉が沢山溜まる、集めて竹薮の肥料に使う

畑に入れ堆肥を作りたいが 杉の葉が入っているので油が有り肥料に

向かないので竹薮に

Photo_2

集めた落ち葉が乾いて いないので最悪である、袋に詰めるにしても

重い、袋が破けてしい散々である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柚子

Photo

寒さが増し霜が毎日降り始めて、採り忘れていた柚子を採るが柚子の実は少ない、

Photo_2

柚子の木はトゲばかりである 実に傷が多いが、有機栽培で自然農法で

農薬なしではこれもいかしかたない、

Photo_3

カゴ一杯の収穫だけであるが これが現実である、今年は剪定を控えることにし

来年の様子みる、

Photo_4

まずは大根のサワー漬けに使用する、傷物はゆず湯にして使用する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

捕獲

Photo

やっと捕獲出来たが 箱罠の中を見てびっくりであった、中は満杯である

100キロが1頭、50キロも1頭、15キロが2頭である、

Photo_2

5メイトル離れた所から見たときは ほんとうに興奮した、2ヶ月間の

駆け引きの後に捕獲である、一昨日に倉真でイノシシに襲われたのが

頭に浮かぶ 近寄るのも恐る恐るである、

Photo_3

箱罠の中は大きなイノシシが動けないので、箱罠の網は痛んでいない、

それでも50キロのイノシシは鼻先を網に打ち付けている、

大きなイノシシから止め刺しである、大きなイノシシはあっさりと

Photo_4

15キロのイノシシは心臓が小さいから止め刺しは難しい、20分も掛かる

Photo_5

大きなイノシシはとにかく大きい引きずり出すのに一苦労である、

3人で引きずり出してケットラに乗せるが此も重たくて大変である

Photo_6

解体が17時まで掛かるが、sさんは馴れた物である、何も気に掛けていない

午後からsさん一人で片付けくれる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

もうちょっと?

Photo

箱罠にイノシシが入りコメヌカを食べる、コメヌカは奥側まで食べ手あるが

仕掛けが反応しなかった、

Photo_2

箱罠の外側に置いた米糠の跡は綺麗に食べてある、土の上は

足跡で耕してあるみたいである、

Photo_3

箱罠の足跡は雨で見えない、コメヌカはバケツ2杯が有ったので

複数のイノシシである、仕掛けの反応が少しであるから 小さいイノシシかな?

Photo_4

仕掛けのストッパーが ほんの少しであるが逃がした魚は大きい

Photo_6

箱罠の外に少しのコメヌカを置き、箱罠の中に多めのコメヌカを置く

ただ仕掛けを直していないのでどうなるのか、明日のお楽しみである、

イノシシに襲われない為にも少しでも捕獲しなくては?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

襲われる

Photo_2

テレビの全国ニュースで掛川市でイノシシに襲われ怪我をし、

病院に搬送されたとの報道があった 倉真と初馬で襲われたとのこと

Photo_3

熊さんの遊び場の里である、熊さんの箱罠には少しずつイノシシが

来はじめる、まだ箱罠から遠い所の米糠しか食べていない、

Photo_4

箱罠の近くと箱罠の中はタヌキと鳥が来てかき回してある、

山の中では昼間からイノシシは出てこないが、里では昼間から出て来てはたまらない、

Photo_6

外に少しだけ今日も米糠を置き、毎日イノシシが来る様に仕向けるが

1週間ぐらいで毎日箱罠の中の米糠を食べなければ望みがない?

少しでも捕獲して被害がないようしたい。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫

Photo

気温が朝にマイナスになり霜が降り始めたので、大根の収穫を始める

保存する大根と加工する大根に分ける、

Photo_2

大根はそのまま畑に12月まで置き、少しずつ食卓に上る物と乾かして漬け物

にする物に分ける

Photo_3

乾かした大根は切り干し大根にも加工、泥付き大根は葉を取りスチロールに入れ

家の中で保存、水分が出るので注意が必である、3月まで食べることが出来る

大根が甘くて 辛くないので美味しいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

畑道の花12月

Photo

今年も最後の月が来ました、色んな事が有ったが一年が終わろうとしている

畑道の花もこの寒さで見つけることが難しいが?サザンカはまだ見る事が出来る、

Photo_3

マリンゴールドは日差しが当たる所で咲いているが、ほとんどは種ばかりである

Photo_4

テッポウユリが咲いているが霜にあい 茎は萎れ花はまだ萎れていない、

あちらこちらを捜したが他には見つからない、ロウバイが直ぐに咲くのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶり

Photo_2

久しぶりにイノシシが箱罠の入り口まで進入するが30センチだけである、

Photo_3

箱罠の外の米糠は綺麗に食べてあるが、箱罠は警戒して入り口だけである、

Photo_4

箱罠の外50センチの所にも少し置くがこれも綺麗に食べてある、

来ないときに残ったヌカが雨に濡れてドロドロになっている、

Photo_5

箱罠は5年同じ所にあるのでイノシシが学習して最近は捕獲できない、

Photo_6

足跡は小さい物ばかりである、おそらく親子で親は近寄らないで見ている

だけである、大きな足跡がない、

Photo_7

箱罠の中の足跡は 本当に小さい、

Photo_8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひつじ

Photo

金谷の大代地区の干支が今年も完成して、早くも見物客が

Photo_2

昨年とは設置場所が山側に移動してあり、県道81号には案内板がありました、

Photo_3

熊さんは掛川から金谷に行く途中で見つけるが、11月中旬からの作業が

始まったのか?11月16日には設置場所が綺麗に整地されていたが

Photo_5

今年も綺麗に完成している、羊の毛まで綺麗に藁をねじり取り付けてあり

見事である、大代地区の皆さん頑張れ。

Photo_6

手先の器用な人は良いな?これも遺伝が80%はあるでしょうね、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかしいな?

Photo_2

不思議だ この所イノシシが箱罠に来ない、1ヶ月は空いている米糠は

タヌキが来て食べてあるがイノシシの足跡は見られない、

Photo_3

箱罠から離れた所5メイトル位に米糠を置くがこれもタヌキだけである

薩摩芋はリスが囓りどこかに運んであるみたいだ、

Photo_4

里の箱罠では毎日イノシシの捕獲が出来処分に困っているとsさんが

ぼやいている、もう入らないでくれと?

Photo_5

12月に入り里では急に箱罠に入り始めたとsさんは言っている

9月に捕獲して10月と11月は全く捕獲出来なかったとのことである、

Photo_6

米糠も雨で流れてしまい箱罠の中はグチャグチャである、

sさんの捕獲したイノシシは油が乗り始め捕獲には好気だとのこと

12月に捕獲したい物だが?


| | コメント (1) | トラックバック (0)

わたむし

Photo

風のない日には綿虫が飛び始める、雪が降る地域では雪虫と呼ぶのかな?

倉真松葉では雪が降ることは無いので綿虫としか呼ばない、

Photo_2

ブルーベリーの枝にはモズのハエニナを見つける、冬になる前にモズが餌を捕り

木の枝に刺し 餌が無くなった時に食べると言われて居るが、春になっても

残って居る事が多い

Photo_3

ブルーベリーに刺してある物は色々有るが、この獲物はトカガである、

生きている物 弱肉強食の様が見えるが、人はどこまで許す事が出来るのか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »