« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

芋堀

Photo

やっと薩摩芋の収穫が終わる、なかなか霜が降りずに待っていたがここに来て

掘り始めたが

Photo_2

狭い家庭菜園では沢山栽培出来ないが、今年は安納芋の苗を頂いたので

3通り増えたが、腰が痛くて余計に収穫が遅れた、

Photo_3

ベニアズマは大きな芋が出来たが、焼き芋にするには大きすぎである

焼き芋は切ってから焼く事は無い、

Photo_4

ベニアズマはコンテナ2杯が収穫出来た、安納芋はコンテナ1杯であるが

食べれない様なクズ芋も多い、クズ芋はイノシシの餌に使用することに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頂き物

Photo

今日は無人市にパンが有りました、常連さんからの頂き物です、信頼して頂いて

本当に有り難いことである、

Photo_2

松葉産野菜を置いて有るがほとんどが根菜類であるが、熊さんの畑では

狭すぎるし、山草農耕では手間が掛かり沢山の種類は出来ない、

それでも喜んで頂けるのは有り難いことである、体が津続く限り頑張らなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時ノ寿

Photo

今日は薩摩芋を少し掘り、時ノ寿の山羊に芋ツルのお土産を届けに

なんと時ノ寿喫茶の前にうり坊が

Photo_2  Photo_3

後から追っかけてパチリ、痩せている親とはぐれて1匹でトボトボ食べ物を捜す様子

Photo_4  Photo_5

山羊が居ればイノシシは近寄らないと思ったが、時ノ寿は山の谷間である、

しょちゅうイノシシが出て来るとのことである、

Photo_6  Photo_7

薩摩芋のツルはほんの少しであるが、薩摩芋は霜が降り始めたので明日には

収穫を終わらせなければ、

Photo_8









| | コメント (0) | トラックバック (0)

柿が終る

Photo

100円の無人市、無料コーナーの柿が終了した、9月中旬から今日まで甘柿、

次郎柿、渋柿を置いて居たのだが、

Photo_2

人通りも無いが、車で通っても気づかない無人市、でも時々100円で野菜

を買う人もあるが、

Photo_3

朝取り野菜を置くが残りが多い、残り物は自分が消費する。

Photo_4

料金が無い時もあるが、無料コーナー品は無くなる時もある、色々である

Photo_5

沢山の朝採り野菜は置けない、自己消費が多く出来ないからである、

山草農耕野菜でも知名度が無く、収量が少ない、でも食べた人は美味しいと

言ってくれるが、世の中甘く無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼き芋

Photo

先日22日のイベント倉真オーキングで、真砂落合公園で自作の焼き芋ドラムカン

で焼き芋販売していた人が居た、面白いので今日の投稿

Photo_2

ドラムカン1本を使い作成した様である?3分の2を釜に使い3分の1を

焼き芋機に

Photo_3

薪を使用するので熱量の調整が大変である、80度の温度で60分焼きたいが

思うように行かない様でした、

Photo_4

石も専用の石では無く、土木用の石を使用しての石焼き、新聞紙に包み

その上にアルミホイール、蓋は木の蓋である、石も割れが出ている、

焼く上がりは竹串で確認である、熊さんも欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大丈夫?

Photo

山でキノコを見つける、1本シメジに似ているが香りが少ないシタケ共違う、

Photo_2  Photo_3

余りにも美味しそうなので食べるて見ようかな?悩んだが取りあえず採る、

Photo_6  Photo_7

水で洗うヌメリが多いキノコである、醤油、鶏ガラスープの素を入れ煮る

Photo_8

食べたが笑いも腹痛にもならないが、美味しくも無い、土の香りが強い

焼いて食べるのが良いのか、昼に食べ手19時まで異常なしこの後痺れるかな?










| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬野菜

Photo

家庭菜園の野菜が冬野菜に、しかし気温が高いまま11月が終わろうとしている、

Photo_2  Photo_3

寒さが進まないと冬野菜は美味しくならない、チンゲンサイ、タアサイ、は霜に当たると

美味しさが増す、

Photo_4  Photo_5

小松菜は野菜が無い時にも栽培が容易だが、直ぐに こわくなってしまう、

Photo_6  Photo_7

ゴボウは寒くなり土が凍ると掘れなくなる、保存が上手に出来れば良いが

まだ良い方法が見つからない、薩摩芋もまだ畑にある、天気が良くなれば収穫だ。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

来たー

Photo

箱罠にやっとイノシシが近づいてきた、猟期が1日から始まり23日目である、

Photo_2  Photo_3

米ヌカと芋を食べて有るが、沢山は食べていない、大きな足跡は指3本ほどの

大きさである、

Photo_4  Photo_5

小さな足跡は指2本ほど親子である、箱罠に遠い所を食べ、その手前は食べていない、

Photo_7  Photo_8

初めて箱罠の米ヌカを入れるが、箱罠から2メイトルと4メイトルが残って居る

まだまだ捕獲までは遠い道のりである。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

イベント

Photo

初めてのイベントである、倉真オーキングを倉真町作りに便乗して行わせてもらう、

朝から準備で大わらわである、

Photo_2  Photo_3

登りを建てて農産物と、ブルーベリーを準備して、猪猪鍋の準備 薪を燃しての

鍋作り煙が出て煙いこと

Photo_4  Photo_5

山で採れた自然薯でとろろ汁、濃さが半端無いくらいの粘りである、

水槽にはメダカを入れてメダカスクイも用意

Photo_6  Photo_7

50人が一度に来られて大忙しである、1番人気は猪猪鍋であった入れ物に入れて

持ち帰りたいと言い出す人まで現れる、自然薯汁も2番目の人気、焼き芋、

蒟蒻田楽も人気だ、野菜は1個100円の白菜である、

熊さんの野菜、里芋、ゴボウ、生姜、は駄目でした、全く売れずお手上げでした。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉

Photo

倉真温泉落合荘の紅葉を見に落合荘を訪れる、川縁に建てられた宿である

川のせせらぎが部屋から見え川音も聞こえる、

Photo_2  Photo_3

法事の食事会と紅葉狩りである、昼食を取りながらの紅葉狩りも出来た、

Photo_4  Photo_5

庭には皇帝ダリアかな?ピンクの花が何ともあざやかに見えた。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹薮に

Photo

道上の竹薮にイノシシが入り始める、11月に成ると毎年イノシシが来て

小さな竹の子を掘り始める、

Photo_2

今年はドングリが多いうえ、気温が高いので食べ物が豊富で竹薮にイノシシが

来るのも遅れた、

Photo_3

道の脇に溜まった落ち葉の下のミミズを捜して掘る、そのわりには箱罠に

まったく来ない、

Photo_4

畑の横にも来ていたイノシシも来ない、やはり12月に入らないと来ないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柚子採り

Photo

柚子の色付きが最高の状態になる、本柚子、花柚子が有るが、大きな本柚子である

Photo_2

今年の本柚子は沢山成っている、柿、ブルーベリーも同じである 

柿は無人市でほとんど無くなってやれやれである、

Photo_3

無農薬で管理無し、傷も痛みもあるが、半分は綺麗な物も

Photo_4

60個採るがまだ1割り程度である、毎日柚子湯に使用しても使い切れない、

何か使い道は無い物か?。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

イベント案内

Photo

11月22日に倉真オーキングが10時から倉真温泉地区で行われる、

真砂山里花公園では天然自然薯とろろ汁、甘酒、芋煮、野菜販売、

などを行う予定であるが天気しだいである、

Photo_2

雨なので案内用のパンフレットの作成を行う、来年の竹の子祭りの案内である

4月10日の予定である、

Photo_3

松葉産野菜の案内も2枚作る、シィールをして雨に備える

天気が22日は40%の降水予報である、普段の行い次第である、

開催出来ると良いが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芋を食べる

Photo

畑の横の川岸に里芋を他って置いた所、動物が来て食べてある

イノシシなのか?鹿なのか?

Photo_2

足跡は岩の上なので分からない、獣道も無いので足跡を捜したが

ハートの足跡みたいな物が有るが定かでない、

Photo_3

食べ口はワイルドである、捨てる親里芋である まだ里芋を30株ほど

収穫しなければ成らないので少しずつ捨て、動物の足跡の確認しなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかしい?

Photo

まだブルーベリーの実が採れる、今年は気温が下がらないので長持ちしているのか?

鳥の被害もない、山草刈りで乾いた咽を潤すのに丁度良い、

Photo_3

実が成っているいる木は6本ほどである、ラビットアイの晩生種である、

同じ種類でも場所による、

Photo_5

気温が一桁になれば実は落下する、これで来年の実が成るのかな?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

足跡無し

Photo

イノシシがまったく現れない、山の中はドングリ、山芋など食べる物が豊富なのか?

竹薮にも現れない

Photo_2

雨が多いので米ヌカの上にはビニール袋を置き溶けないようにしてあるが、

この雨では無理である、

Photo_3

里芋の親芋を箱罠に置いているがこれなら大丈夫であるが、イノシシには

美味しく無いのかな?

Photo_4

箱罠の中には落ち葉が降り積もり、自然の感じが出ているが

箱罠の網は異常に見える、しかし餌が無くなればイノシシは来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山羊さん

Photo

倉真 山の駅に孫と山羊を見に行く、雨の山道を車で第二東名パーキングから

10分、居ました山羊が

Photo_2  Photo_3

薪ストーブのある集会所が有り、喫茶もある木の香りと薪ストーブの暖かさ

Photo_4  Photo_5

寒い日にはストーブから離れられない、炭焼きも行っている、椎茸栽培も

Photo_6

孫達は山羊を初めて見たので興奮ぎみ、楽しい思い出となったまた行きたいな。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

Photo

松葉の山も少しずつ色が付いて来た、黄色の葉がほとんどであるが赤く成る前に

風雨が強ければ落ちてしまう、

Photo_3

椿が咲き始めたが山椿の早生品種なのか、明日から雨予報である遅れた

仕事の挽回は出来るかな? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

種生姜収穫

Photo

タンポポがまた咲き始めた、季節はもうすぐ冬である気温が13度以下に

成る前に種生姜の収穫を行う、

Photo_2

夏に掘った釜の中に大生姜を保存、今年はガリやジャムにし損ねた、

腰痛で収穫が出来なかったのと、販売が出来ず残ってしまった、

Photo_3

ただし保存が上手く行くかが問題である、生姜は保存が難しい作物である、

Photo_4

南東に掘った釜が良い結果が出るのは、来年の春である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

イベント

Photo

11月22日11時に倉真オーキングが行われる、そこで休憩所として

真砂花公園がそこで花咲爺婆会でイベントを行う、

自然薯汁、甘酒、芋煮、野菜販売、である。

Photo_2

準備を始める、まずは草刈りと水道の取り付けである、手分けしての作業である、

自然薯を山に堀に行く人、水道の取り付け、草刈り、丸太椅子を作る人、

Photo_3

草刈りが特に大変である、山の斜面が急である45度位ある 足の踏ん張りが

効かない状態である、1時間でお手上げだ。

Photo_4

アサギマダラが1匹確認出来た これが最後の蝶か?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変化

Photo

イノシシの箱罠には変わりは無いが、箱罠から離れた所が米ヌカに異常が、

Photo_2  Photo_3

山の中に足跡らしき物と、米ヌカを置いたところがヌカが少し無くなったが

イノシシなら綺麗に無くなるのであるが?

Photo_4  Photo_5

山の中をほじった穴がある、穴を掘る動物はアナグマ、イノシシ、である、

木の枯れた物は折れている、

Photo_6  Photo_7

足跡がハッキリしない、ハート型がない、米ヌカはまだ箱罠には入れずに

箱罠の近くに大量に置く事にして様子を見る。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

山草農法

Photo

畑に入れる山草を干していたが、雨になって乾燥が進まない、

体調と相談して山草刈りをし刈り獲りが遅れる、

Photo_2

ススキは穂が出て硬くなったが ススキの種を山で落とさないと畑で芽がでる、

穂が出ないときに刈るのが最適である、

Photo_3

刈り獲り後 束ねて山の斜面に置き乾かす、

Photo_4

乾かした山草はシートを掛けて保存しているが、山草を入れるよりは

有機肥料を入れるのがいい、しかし昔から松葉では山草を畑に入れていた、

今は入れる人は少なく堆肥を入れ栽培している人がほとんどである、

苦労して山草を入れても、評価出来る人が居なくなった今日この頃である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひどい

Photo

放置竹林を整備して真砂花公園をボチボチ整備、しかし竹をチップにした

チップが腐りミミズ発生、それを狙いイノシシが毎日出没

Photo_2

イノシシは箱罠には来ないが、こんな里山に来ている 人間と同じで

都会化かして里に集中し始めた?

Photo_3

熊さんの植えたマリンゴールドはほとんど抜かれて、残りは数少ない、

手のつけようのない状態である、

Photo_4

22日に真砂花公園でオーキング開催予定であるが、復旧が難しい、

オーキングでは甘酒、自然薯汁、芋煮、野菜の販売などの予定である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ドングリ

Photo

箱罠セットして1週間、箱罠の外に米ヌカを置いたがイノシシは来ない、

今は山の木の実が多く、山の中に居るのかな?

Photo_2  Photo_3

山の木には泥がこすりつけてある、10月には畑の周りに足跡が有ったので

かならず出て来る、11月の末までには出て来るはずである、

Photo_4  Photo_5

竹林は毎年11月から荒らす、竹林は11月には電源を入れないと間に合わない、

里を見に行ったら毎日出ている、 あちらこちら荒してある 里は餌が豊富で

山に入らなくてもイノシシの餌が多い、取りあえず米ヌカ、箱罠チェック毎日を続ける。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉

Photo

ブルーベリー鉢植え、紅葉が進み綺麗な色に染まった、例年どうりである

山は少し色付きしたが山芋の黄色が目立つ、

Photo_2

地植えは少し色が付くが、毎年遅いが今年は特に遅れている。

Photo_3

今日もアサギマダラが家庭菜園を飛び回る、元気な蝶である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

印なし

Photo

アサギマダラが家庭菜園の外側ススキに止まる、今日は風が無く暖かである、

2匹いたが1匹だけ捕らえてみる、

Photo_2  Photo_3

先日記入した蝶か見たいが、捕獲しないと分からないので手で捕らえる、

Photo_4  Photo_5

左右の羽を見るが記入した文字が無い、今日は遊び場の庭にも1羽いたが

家庭菜園の手入れが忙しく1羽で止める、羽は傷んでいない元気である。

Photo_6

いつまで遊びに来てくれるかな?。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

畑道の花11月

Photo

マリンゴールドが満開です、暦も残り2枚過ぎ去った日の早いこと

Photo_2  Photo_3

野菊も満開です、アサギマダラが1日1匹位の確認が出来ます、

今日は車の前を横切りました、

Photo_4  Photo_5

茶の花もそろそろ終わりかな?

Photo_6  Photo_7


Photo_8










| | コメント (0) | トラックバック (0)

なめたけ

Photo

知人のmさんからナメコを貰うが、傘が開いてしまい日だが黒くなり

食べられそうもない、収穫がおそい 桜原木に菌を打ち栽培したそうである。

Photo_2

ゴボウも収穫が始まる、雨が2、3日続けば 抜く事が出来るが、これだけ雨が少ないと

さすがに抜けないスコップで堀しかない、

Photo_3

やはり土を掘るのは疲れる、早く体調を直さなければ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

おびき寄せ

Photo

箱罠に餌を蒔く、収穫した里芋の種芋があるのでそれを使う

Photo_2  Photo_3

里芋ではなかなか来ない、昨年も来なかったが無いより増しである、

Photo_4  Photo_5

少し米ヌカが有ったので少し蒔く、これでも駄目なのか明日を待つ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

セット完了

Photo

久しぶりに箱罠の活躍が訪れるか、今日は仕掛けのセットである、

午前中は体調が良かったのでセット出来た、午後からは寝込んでしまった。

Photo_2

セットするには色々な道具が必要である、1時間掛かるがセットだけで

箱罠の中にはおびき寄せの餌は止める。

Photo_3

箱罠の中には竹が生えたが、箱罠の周りに獣道が無い。

Photo_4

最後に狩猟許可書を取り付けて、終了である。

Photo_6

今年は早めに捕獲したいが、米ヌカを手に入れなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »