« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

大晦日

Photo

一年は早く過ぎ去った、今年は腰痛で苦労した 金運もイマイチ 年金基金が

大幅ダウン、来る年は良くなるように最後に金柑を収穫して金運を高めよう。

Photo_2

皆様も金運が高まるように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夢人応援

Photo

夢人yさんの竹の処分を行う、yさんは竹籠作りを夢見て熊さんの遊び場で

竹の保管と油抜きを行っていたが、昨年の12月に切り保管していた竹が

Photo_2

yさん体調不良で手つかずの竹、色が変わりカビがでてしまった、やはり難しい

竹の保存、12月伐採して3月の油抜きのほうが良いのか?

Photo_3

竹は2人で選別してみるが、良いものは3本後の竹は カケヤで潰しして

燃すことにする、でもyさん来年に竹を切るつもりである、夢を追いかけるが

年齢が70歳に最後の竹の伐採になるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リセット

Photo

イノシシの箱罠のリセットである、捕獲から2日目のリセットは早すぎるが先日

捕獲した片割れがまだ4頭は居る、

Photo_2

落とし穴の仕掛けであるが、一度経験しているから捕獲できるか分からないが

やってみなければ始まらない、

Photo_3

箱罠の外に米ヌカを置きおびき寄せである、箱罠の入り口に早く来れば

捕獲の可能性が出るが、1ヶ月掛かるかな?

Photo_4

仕掛けの反応が早すぎたので今度は少し遅くしたが、外の餌をいつ食べに来るか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蝋梅

Photo

熊さんの遊び場のロウバイも花を付けました、まだ2分咲きでではあるが

蝋の様な花びらなのでロウバイと言うのかな?

Photo_2

紅葉の色が消えた山で目立つ色は無いが、ロウバイもまだ目立つていない、

Photo_3  Photo_4

ブルーベリーの花も咲いている、昨年も咲いたが今年の花は数が多い、

気温が異常なのでブルーベリーも面食らって咲き始めたのか?。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

捕獲

Photo

やっと2頭を捕獲出来た、30キロの子供である、まだ親と子が居る、

今年生まれたイノシシであるので模様が少し残って居る、

Photo_2

仕掛けの反応を敏感にしてあるので、2頭しか捕獲出来ない欲をかいてもしょうがない

次で親も捕獲しなくては、

Photo_3

箱罠の前はイノシシの足跡でいっぱい、その中に大きな足跡が

箱の中の米ヌカは泥と混じって無くなっている、

Photo_4  Photo_5

網に激しく当たり出血が激しい、雄と雌である 田畑荒らすのが少なくなれば、

電気柵で被害を少なくしても 絶対数が増えるだけである、捕獲を進め無ければ

この先どうにもならない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

落ちない

Photo

イノシシの箱罠にイノシシが入り仕掛けを触って居るのだが落ちない、

リセットし直しである 11月から仕掛けをそのままにして有ったのが悪い、

Photo_2

箱罠の入り口は足跡でグチャグチャである、おそらく親子が来ているのであろう、

Photo_3

仕掛けもバージョンアップしなけれれば成らないが、反応が良すぎても良く無い、

入り口の扉が早く落ちると うり坊1匹しか捕れない、

Photo_4

反応が遅いと一度に3匹位入ってくれるが、その調整が何とも上手く行かない、

Photo_5

バラして見たところ、仕掛けが反応しなかった、早く気づけば良かった、

さてどうなるか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芋焼き

Photo

焼き芋機で焼き芋を焼く事にする、焼き芋の石は量販店で小石を購入し

水で洗い乾かす、初めてなので試行錯誤である、

Photo_2

上部の鍋の部分はやはり煙が出るので回りが煙ですすが付く、

Photo_3

煙は煙突から勢いよく出る、これでも鍋から煙りが出るが、ドラムカンであるから

仕方ない、

Photo_4

火力をどのくらいにするかが問題である、80度でじっくり焼きたいが、

温度が分からない、相当の火力が無いと鍋から湯気が出ない、

Photo_5

1時間焼いてドラムカンは色が相当変わる、しかし焼き芋はまだ焼けていない、

Photo_6

2時間焼いて竹串がスムーズに刺さるが、石が少ないのか 干からびてしまった

何回も焼いてコツを掴まないといけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後一歩

Photo

箱罠にイノシシが来ているが仕掛けまで後一歩である、これは前日の箱罠である、

Photo_2

真ん中よりは少し奥側に仕掛けが有るが、その手前までは来ているが1週間同じ

状態が続いている、

Photo_5

そろそろ捕獲しないと、落合公園で猪鍋を正月に行いたいのであるが、

イノシシ肉が無くては始まらない。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼き芋機

Photo

焼き芋機の初火入れである、水で洗い火入れである、火付きは順調である、

Photo_2  Photo_3

枯れ木で火を付けて、ときどき剪定した梅、柿、枝を入れるが燃える、

Photo_4  Photo_5

鍋の部分に当たる所に水を入れる、生木を入れると煙が青くなるが順調である

少し釜の部分からも煙が出る、煙突が太いので吸い込みが良い、成功である。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

落合公園

Photo

真砂落合公園の初めての反省会と忘年会をかねて17時から会合を行う、

さてどうするか?

Photo_2  Photo_3


会費1000円で切り身、寿司、あとは漬け物、揚げ物、を持ち寄り忘年会

今後の活動の展開が問題である、素人では手探りの町おこしであるが

Photo_5

まずは行動であるが、資金と人手である地元の人の協力と、輪を広げる事である。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

気まま

Photo

また雨が降り始めた、箱罠にイノシシは来たり来なかったりであるが、

畑の周りは掘り返しが始まった、

Photo_2

箱罠の前は足跡で一杯であるが、今年は去年とは違い箱罠に入らない、

Photo_4

50センチまで入るが、次の日は来ない、そんな日々である、今年もイノシシが

進化している感じである、おびき寄せる方法を考えなければ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

干支

Photo

島田市金谷大代の猿の干支である、今年も大きな猿が見事のできばえである、

Photo_2  Photo_3

朝9時には多くの人が来ている、島田元気市より人手がある、野菜の販売

お茶の販売、甘酒、など色々のお店も

Photo_4  Photo_5

すっかり定着した行事である、町おこしが発展することを祈る トーマス機関車と

コラボ出来れば良いと思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒い

Photo

急に寒さが来たが紅葉はまだ残って居る、庭の水道も凍りお湯を掛けても

なかなか出ない、

Photo_2

畑も初霜が降りて白くなる、これで野菜も一段と美味しくなる、

Photo_3

バケツの水も初氷りが張る、まだ薄い氷であるが氷りが溶けない日が来る、

今年は暖冬でどうなる事やら?

Photo_4

大根の根本が太いので抜いて見たら足の出た物でした、漬け物用である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親子

Photo

箱罠前の米ヌカは綺麗に食べてある、これで箱罠前の餌は終了にして

箱罠入り口と中に集中させよう、

Photo_2  Photo_3

少しずつ あちらこちらに獣道が出来始める、箱罠の横に土をほじる、

Photo_4  Photo_5

箱罠の入り口で3日止まって中に進まない、外の土の上には指2本のハートの

足跡を見つける、

Photo_6

ハートマークの足跡は大きな物は指3本ほどの物、親子が来ているとおもわれる。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼き芋機

Photo

知人のsさんが焼き芋機を作る、2号機が出来たので使用して見てはと連絡があり、

早速借りに行く、一号機はsさんの考えで作る、煙突が細く、足を取り付けてある、

Photo_2

二号機は煙突が太く、足は無く軽い 灰もドラムカンの底に残る、空気の入り口が

簡単に穴を付けてあるだけである、

Photo_3

二号機を貸して頂く、真砂花里公園でのイベントで使用する予定と、

竹の子の あく抜きに使うつもりであるが、取りあえず熊さんの遊び場で

洗浄と、火入れをして見る事に sさんは本当にお世話になつている、

何でも作てくれるし修理もやってくれる、感謝感謝である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くそったけ

Photo

原木しいたけが3個採れました、この所の暖かさと雨の影響が大きいのか?

明日から気温が下がる予報である、まだ親指ほどの椎茸があるが凍り付いてしまう、

Photo_2  Photo_3

原木に雑菌が入り椎茸は望めそうもない、失敗である色々のキノコが出て来た

熊さんはクソッタケと呼ぶ、

Photo_4  Photo_5

今年は原木を切らなかった、山から原木を切り出すのは簡単では無い、

山から転がり落とせば泥が付き雑菌が入る、山で原木を寝かせれば良いが

収穫が大変である。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

落ち葉

Photo

落ち葉が道路に溜まり始めた、側溝には綺麗な落ち葉で埋まっている、

畑に入れる為に集める事に

Photo_3  Photo_4

落ち葉拾いも楽ではない、かがむことが多いので腰に来るが、例年行事である

側溝の掃除にもなり 一石二鳥である、

Photo_5  Photo_6

山肌の法面下にも多くの落ち葉が、しかし今年はまだ木に残って居る

これからまだ落ちる、今年は何もかも異常である。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

警戒心

Photo

箱罠の前にイノシシが頻繁に来る様になった、しかし警戒心は半端無い

箱罠の前の餌は平らげるが

Photo_2   Photo_3

雨で米糠は流れてしまったが、足跡はヌカの上に見える足跡も増えるが

小さな足跡が無い、

Photo_4   Photo_5

指4本の足跡である、子供が居れば直ぐに箱罠の中の餌に飛び付く、

それにツラレて箱罠に入るが、入らないばかりか入り口の餌にもつられない、

Photo_6

寒くなる木曜日びからどうなるか?捕獲した噂は1件耳にしたが今年は皆さん

捕獲出来ていないみたいである、イノシシが少なくなったのなら良い兆候である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お土産

Photo

またまたお土産が無人市に置いて有りました、熱海のお土産である、

有り難うございます、

Photo_2

色々の事があるが、無人市にお土産を置いてくれるなんて感謝感謝である、

Photo_3

無人市にはカラスが来て悪戯をするので網を張ってある、毎日少しだけで野菜を

置いて有るが、葉物野菜は3時間過ぎれば萎れてくる これが問題であるので

葉物野菜は4時間置いて販売出来なければ引き上げる、根菜類が多くなる、

12月で野菜類も少なくなる、申し訳ないがどうすることも出来ないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コケ採り

Photo

熊さんの遊び場に83歳の老夫婦がコケを取りにに来るのに出会う、

趣味で盆栽作りに利用するとのことである、

Photo_2  Photo_3

最初は何をしているのか分からなかったが、近寄り初めてコケを採取しているのが

わかり、コケ玉を作るのかと訪ねたが寄せ植えの上に置くとのこと、

Photo_4  Photo_5

老夫婦仲良く趣味が同じで、ドライブしながら山に来てコケや山野草を取りに

来年は来れるか分からないとのこと、歩くのがやっとみたいだが、来年車運転の

更新を行いたいとのこと、いつまでもお元気で。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

狂い咲き

Photo

12月に入りこの暖かさで春咲く花が咲き始めた、ツツジ系の花が特に激しい

Photo_2  Photo_3

紅葉も赤とオレンジ色見事である、今日の風にも葉が落ちずに綺麗である、

ツツジ類も3色が花を付ける、白い花はツツジではなくサツキである、

Photo_4

異常気象はどこまで進むのか。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーベリーの紅葉

Photo

ブルーベリーがやっと紅葉してきた、ラビットアイは晩生すであるので紅葉も遅い

Photo_2  Photo_3

ラビットアイは栽培が容易であり甘みもあり、収量も多い 

Photo_4  Photo_5

ハイブシュは紅葉も早いし収穫も早い、栽培も意外に難しい種類によるかも?

Photo_6

ラビットアイでも紅葉が進まない種類もあり、やはり何とも言えないのか、それとも

樹齢によるものか?栽培品種選びは適地適作で栽培してみないと分からない。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

入り口

Photo

イノシシが箱罠に食べ物が有るのが分かったのかな?、箱罠前の米ヌカが無くなる

Photo_2

箱罠の前はほとんど食べ尽くした、里芋の親芋、ジャガイモは少しある

米ヌカは全部無くなる、

Photo_3

箱罠の入り口から30センチまで餌を食べはじめた、相当警戒が激しい

雄のイノシシか?足跡が少ない

Photo_4

箱罠から10メイトル離れた畑の土手に獣道が出来ている、箱罠には

獣道はない、

Photo_5

獣道の下にはイノシシの荒らした跡がある、米ヌカでは物足りないのか?

グルメなイノシシだが 何を食べたいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味しくなーれ

Photo

大根の収穫を始める、まだ小さいが少しずつ収穫しないと食べきれない、

大根のサワー漬けの準備である、

Photo_2

種蒔きを ずらして蒔いたが、成長はほとんど同じ位になってしまった、

Photo_3

まだ大きさは大きく無いが、漬け物を作れば1度に6キロは消化出来る、

塩漬けを行い それから本漬けである、

Photo_4

半月に切り干してから塩漬けである、干し網の中で干したが気温が高くなると

傷みが出る、気温は13度以下が良いのだが、明後日からの気温上昇が気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと

Photo

イノシシの箱罠入り口にやっとイノシシが近づいて来た、まだ入り口の手前でまでである、

Photo_2

箱罠前までも今年は ひにちが掛かった、米ヌカを使い果たしたがまだまだこれからが

時間が掛かる、寒さが増せば良いが、

Photo_3

ほとんど箱罠の餌には口を付けていない、足跡も入り口でストップである、

箱罠の中には竹も生えているしモグラも来ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の実

Photo

山の中には色々の小さな実があちらこちらに、ベリーの仲間か?トゲのあるツルに

イチゴのような実、赤色で宝石のようないろで有る、

Photo_2  Photo_3

名前の分からない植物ばかりである、ツルに付いた実、木に付いた実

どれも赤い色が多い、

Photo_4  Photo_5

千両もあちらこちらにあるが、青木の実はまだ青い実が大半である

Photo_6  Photo_7

白い南天と榊の実はそろそろ鳥が来はじめた、榊はメジロとヒヨドリの好物である。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

見頃

Photo

倉真の紅葉が見頃となった、例年より遅いが紅が綺麗である、

Photo_2

強風がやっと吹き始めたが、まだまだ少ないまだまだ紅葉が楽しめる

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気まぐれ

Photo

箱罠に来るイノシシが気まぐれである、続けて2日来たり3日来なかったりと

米ヌカが足りないのかな?

Photo_2

雨が多かったので米ヌカの上にビニールを置いて見たいたが、来ると必ず

ビニールはめくれ上がったり、離れた所にあったりと、

Photo_3

里芋の種芋も食べてある、あまり好物で無いらしく食いつきはイマイチである、

Photo_4

新鮮な米ヌカが手に入らない、今年の捕獲は少ないかな?

今年はイノシシが山の中では少ない、里では田畑の中に出ているが。

居ないのに越したことは無い、銃での捕獲が始まり余計に出てこない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畑道の花12月

Photo

椿があちらこちらで満開である、メジロが蜜を吸いによく現れる、

Photo_2  Photo_3

マリンゴールドは咲いている花が少ない、野菊も花が終わろうとしている

寒い冬の到来である、

Photo_4  Photo_5

サザンカも散り残りの花は少ない、狂い咲きのツツジは一輪だけ咲いている。

Photo_6  Photo_7










| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサギマダラ

Photo

少し暖かな日差しが有り、風が無いとアサギマダラが熊さんの遊び場の

マリンゴールドに遊びに来てくれる、

Photo_2

マリンゴールドの花も枯れ始めて来たが、まだ咲いているまだ花の種は

枯れていないので種は採れない、山間はなぜか枯れるのが遅い、

Photo_3

ブルーベリーの横のマリンゴールドに止まっているが、羽をなかなか開かない

マークが有るかは分からない、

Photo_4

近寄れば直ぐに羽ばたき なかなか止まる事はない、追いかけたがまだまだ

はしっこい、あっと思ったら山の彼方に飛び去る、越冬は何処で?

Photo_5

風の少ない山合いに飛んで行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動き始める

Photo

寒さが厳しくなって来た朝の気温4度、山の中は静岡でも東北並みである

昼の気温14度である、

Photo_2  Photo_3

箱罠の前に置いた餌に時々来るのが、3日おき位になって来たがまだ警戒が

Photo_4  Photo_5

畑の横の河原には毎日来はじめた、里芋、山芋の香りなのか?

イノシシの足跡は大きい、こんなイノシシが畑に入ればすぐに全滅である、

Photo_6  Photo_7

薩摩芋の茎を河原に置いたがこれにもイノシシの足跡、小さいイノシシである。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »