« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

進展無し

Photo

先日足跡の変化が有ったが、また元に戻った箱罠の入り口にある米ヌカを食べる

が、奥にある米ヌカには手を出さない、

Photo_2

箱罠の入り口の山の中は足跡が、少ない足跡の数である

Photo_3

このまま捕獲は出来そうもない状態になって来た、箱罠が片開きで

閉塞感があるのも良く無い、入り口に多くの米ヌカを置きイノシシを

おびき寄せる作戦に変えるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだかなー

Photo

山の中の椎茸が半分しかない、何か食べられいる何が食べたかなー

Photo_2  Photo_3

場所によっては綺麗に食べてあるが、狭いところは食べられていない、原木椎茸

も囲わなくては成らないが、原木が大きく動かせない。

Photo_4  Photo_5

原木椎茸の周りを見るとピーナツ状の糞が有り、足跡も近くにある

足跡の形状が良く分からないが、糞から察すると鹿である。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦労

Photo

薪作りでお手上げである、やっと運び終えた後の切断と薪割り1日で豆が出来た

説談はチエンソーで切断、重たいチエンソーは手首に来る。

Photo_2

少し切断してはかたづける、太い木は割ってはかたづける、腰と手に違和感

今日はブルーベリーの植え替え、少しずつかたづけることにする、

いつまで掛かるのやら?。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スミレ咲く山

Photo

山の土手にスミレが1輪咲く、毎年咲くが小さい花なので見つけ難い、今朝の気温

マイナス3度 日中は8度、ウグイスが上手に鳴き始めた、

Photo_2

スミレは他には見られない、花弁の突起が特徴てきである、増やそうと思うが

上手く行かない、春がそこまで来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足跡変わる

Photo

箱罠は相変わらずイノシシが来たり来なかったりである、少し変化が出て来た。

Photo_2

足跡が極端に小さな物が見える、イノシシの家族が変わったのか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花芽

Photo_2

ブルーベリーの花芽が膨らみ始めた、風のない所は特に大きく膨らむ

今年も沢山の花が咲き、沢山の実が採れそうである。

Photo_3

この花芽はニワトコである、白い花が咲くが早くも膨らみ中には白い花が見える、

生薬にもなるので枝葉を採りに来る人が時々見える、寒々とした樹がもうすぐ色が変わる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

根付いた?

Photo

ウグイスの鳴き声が山の中から聞こえ始めた、まだホーで終わる完璧ではない

何ともほほえましい鳴き声である、昨年の挿し木の植え替えがまだである。

Photo_2

ツツジ、アジサイ、アカメガシ、ブルーベリ-、ミヤマ、などである、根付いて居る様で

根が出てないことが多い、また霜が災いして根が浮いてしまう。

Photo_3

そろそろプラポットに移動させなくてはならないが、忙しい毎日である、

今日は朝から雨が降り久しぶりに休む、作業用のビニールハウスが欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼き芋

Photo

まだまだ薪ストーブが活躍中である、ストーブの中で焼き芋を焼くのが楽しみである、

薪ストーブを燃すのも楽しいが。

Photo_2

ストーブは小さいがこれでも用を足す、火を付け 遊び場の菜園、山遊び、ブルーベリー

管理を行い、薩摩芋を他仕込む。

Photo_3

焼き芋は拳大の物が丁度良い、蜜がアルミホイルに付いている、薩摩芋が

熟成して美味しく頂ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

方向

Photo

樫の木、玉ニッキの木、の伐採を行う、樫の木はホダ木に成りにくいが

試しに椎茸の菌を打って見る事にする。

Photo_2  Photo_3

玉ニッキの木は柔らかいが、これが太くて枝張りが悪い、どちらに倒れるか分からない

木の曲がりも有りる、谷側に倒したいがどうも危ない。

Photo_4  Photo_5

チエンソーの刃がとどくかない太さである、ロープを張り切る、1時間も掛かる大仕事

刃研ぎが上手く出来ていないので切れ味が悪い、明日刃研を行わなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠い

Photo

イノシシの箱罠にイノシシが来る回数が減る、来ても箱の外の米ヌカだけ

食べるだけで中に入らない?

Photo_2  Photo_3

昨年2頭駆除出来ただけで、今年は今だ駆除出来ない、一昨年は3ヶ月で12頭

駆除出来たのに、

Photo_4  Photo_5

一昨年の最後のイノシシが賢かった、駆除出来ずにそのイノシシが

ずっと来ているのか、とにかく米ヌカだけ食べるのである、

今日は里芋と薩摩芋で誘う、箱罠の中に芋を置き明日の様子を見る。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

つくし

Photo

雨と暖かい日で早くもツクシが出ているのを見つける、明日はまた零度に成る用だが

見つけたのは1本だけである、体調の管理が大変である。

Photo_2

タアサイも花が付き咲き始める、トウダチである 葉物野菜はタアサイだけである、

もう少し長持ちするとよいのに。

Photo_3

春菊も生長は止まり、花のつぼみが出そうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出来た

Photo

コンニャクが一晩おいて出来上がりましたが、石灰を混ぜるのにムラが出来たので

固まらず、水泡の様な物が出来たが最初にしてはまずまずである。

Photo_2

今日のテレビで凍コンニャク作りを放映していた、先週に放映していたら参考に成ったのに

やはりコンニャク芋を摺りおろしてから、混ぜるのがポイントの様である。

Photo_3

切ってから水に浸けて置かなければ成らない、湯がいてから刺身コンニャクにして食べる、

美味しく頂ける、気温が上がるとネガッテしまう、早く調理したいが沢山食べる物でもないし

配って処分しなくては?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めて

Photo

コンニャク芋が有り処分するためにコンニャク作りに挑戦する、初めてのコンニャク

作りである、

Photo_2  Photo_3

準備する物は消石灰とジュウサー、煮る釜とボウル、ホウロウ鍋、などである

やってみるしかないので進める、

Photo_4  Photo_5

石灰は鍋に入れ沸騰させてフキンで濾す、蒟蒻芋は洗い煮る、竹串が通たら

皮を取り一口大にしてミキサーで、

Photo_6  Photo_7

ミキサーで水を入れてすり潰す、これが厄介であった芋を多く入れすぎ

ドロドロにならない、芋と水の量を気をつけないといけない、

ボウルに入れ石灰水を入れ混ぜ合わせる、これもけっこう大変な作業であつた、

平たく伸ばして蒟蒻に、一晩置き切り煮るのである、これは次の日に行う。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼却

Photo

ブルーベリーの剪定枝の焼却を行う、今日は雨がショボショボ降りで丁度良い、

風もなく雨も霧雨状態で火事の心配は無く安心である、

Photo_2

沢山のブルーベリーの枝であるのでので焼き芋機のドラムカンを利用する、

上側の釜の部分を取り外し、焼却を行う。

Photo_3

種火を薪で作り種火が出来たところで上部の釜を外し、火炉だけを使用して燃す

お陰で今日半日でブルーベリーの枝は片づけることが出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっきり

Photo

忙しい毎日である、仕事が遅れてストーブの薪作りは一時休みブルーベリーの

剪定を行う、ブルーベリーの花が膨らみ始めたので剪定を優先する。

Photo_2

ブルーベリーはブッシュ状態になり手の施しようが無いほどである、昨年も

収穫できずに、だいぶ落ちてしまった。

Photo_3

剪定はこれでも毎年実が成りすぎである、剪定した枝も片付けが必要である、

枝はルビーロウ虫が居るので焼きたいが、時間が掛かり踏んだり蹴ったりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まちまち

Photo

箱罠にイノシシが来たり来なかったりである、罠を見破られてから米ヌカだけ

食べられている、畑の周りにはイノシシが掘り返しているが。

Photo_2  Photo_3

箱前に米ヌカを置けば無くなるが、仕掛けの前までの米ヌカは食べたり食べなかったり

まちまちである、箱罠に来るイノシシはずっと同じイノシシか?

Photo_4

イノシシの縄張りも有るのかも?打つ手無し。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

間違えやすい

Photo

民家の横にカモシカが居る、カモシカはよく熊と間違え見た人が熊を見たと

大騒ぎになることが有る、動きがノソノソと歩き黒いからである。

Photo_2  Photo_3

近づいても逃げない事が多いが、動き始めるといっき走る、

Photo_4  Photo_5

今日も3分位はにらみ合いである、そして跳ねるように山の中に走り、

また止まりにらみ合いである、熊はまだ見ていないが 山にはいるようである。




| | コメント (1) | トラックバック (0)

油抜き

Photo

夢人yさんの竹の油抜きです、節間を割り熱湯で煮る作業である。

Photo_2  Photo_3

鍋がドラムカンであるので多くの竹を入れる事が出来る、竹を熱湯で煮ることで

竹の油抜きと竹の中にいる菌を殺したいのである。

Photo_4  Photo_5

殺菌をしないと竹に1年もせずに虫が付く、カビの発生も多い 

竹の油抜きの時間が長くないと上手く行かない、前回はほとんど全滅であった。

Photo_6  Photo_7

よく見るとまだ油が見える、これではまだ時間が短い、乾燥も大事である。

yさんの管理次第であるが、どうなることやら?







| | コメント (0) | トラックバック (0)

畑道の花

Photo

梅の花がなかなか満開に成らない、今年は早くから咲いたが花が進まない、

Photo_2

2月の花は少ないがもうすぐ来る花爛漫が待ち遠しい。

Photo_3


Photo_4

| | コメント (1) | トラックバック (0)

猫の手借りたい

Photo

薪作りが大変である、少しの雑木を薪にしたいが忙しい、猫の手も借りたい位である。

まあ他人の応援をしていては、自分の仕事が遅れるのは当たり前だ。

Photo_2  Photo_3

細い雑木は手ノコギリで切り、太い雑木はチエンソーで切る。

Photo_4  Photo_5

太い雑木の薪割りは手で薪割りである、寒い日には持ってこいの仕事である。

しかし一人での薪割り後の片付けも大変。

Photo_6  Photo_7

猫の手も借りたい。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

落ちる

Photo

仕掛けが反応して入り口の扉が落ちている、5日前にも落ちていて中にはイノシシは

居なかった、反応を良くしすぎかな?

Photo_2

毎日箱罠の中に入っているが仕留めることは出来ない、とにかくハシッコイ

仕掛けの前までで止まり進まない、

Photo_3

今年もイノシシが多い、畑の周りや道路の落ち葉をかき分けている、だが箱罠で

捕獲出来ない、学習能力が半端無く進んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Photo

竹切りをしたチエンソーの掃除は大変でした、機種は古いがまだ使える、

しかし刃を支えるバーの傷みが大きいので、切りにくい。

Photo_2

竹の切り粉がびっしりと付いて居る、背側の刃で切れば良いが立木で無いので

無理である、節を切るだけでも水分が出るようである、

Photo_3  Photo_4

竹は刃が滑りやすいので、切り粉が大きくならないので粉が沢山付く、

とにかく掃除だけは早く行う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

油抜き

Photo

夢人yさんの竹の油抜きを、その前に竹を切る作業が大変であった、まずは孟宗竹

Photo_2  Photo_3

熊さんのチエンソーを使い切ることに、竹2本分を 節を取り除いていく、切り粉が

舞目や口に入る、メガネとマスクをしても、目はゴロゴロである、

Photo_4  Photo_5

真竹は4本を切る、今日は1日手伝いである、yさんが割っている間に鍋に火を付ける、

そして油抜きであるが、明日報告します。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

枝切り

Photo

箱罠の有る檜林の山林に中電の電線が有り、檜の枝打ちを行うとのことで

檜にテープ巻きをしてある、

Photo_2  Photo_3

さすがに違う臭いの人間が入るとイノシシは来なくなる、聞いた話によると他人の髪の毛

を置くとイノシシが来なくなると?

Photo_4  Photo_5

青い印しが枝打ち、黄色い印が芯止めらしい、当分イノシシが来なくなるか?

箱罠を壊されるのが怖い、修理に出すには大変な時間が掛かる、

壊されないように注意しなくては。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

捕獲

Photo

またまたイノシシの箱罠に鹿が入ったので手伝いを依頼され、手伝うことに

鹿は鹿牧場を作り、鹿肉を名産にしようと始めたが、鹿が逃げて増えたものである、

Photo_2  Photo_3

民家の直ぐ脇に設置した箱罠である、地主の人が植えた柿の木を食べに来た鹿である、

イノシシも2頭捕獲したが最近は鹿が続けての捕獲である。

Photo_4  Photo_5

放牧していた鹿が逃げ出し農作物を食い荒らし被害がが激しい、このまま増えれば

山の木も被害に遭う、一度増えれば手の打ちようがない、伊豆の鹿被害の二の舞である、

イノシシ被害が激しいのに鹿までも、困ったものだ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »