« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

ハプニング

P1060666
今年の最大のハプニングは捨て犬のノラである、突然現れ突然消えた、
お座りを教えて、待てを教え中であったが、3ヶ月の付き合いであったが、
ノラが居ないときはイノシシが出なかった、食べ物のお礼だったのか、
モンキー犬が世間にはいるが、イノシシを寄せ付けないのには犬が
効果がある、ただし放し飼いが出来る規制緩和が必要である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンニャク

Dsc00155
やっとコンニャクが出来たが、柔らかい凝固剤の石灰が足りないかな?
芋を茹でてから行ったのが悪かったのか?
生芋をミキサーで潰してからコンニャクを作ると、堅くて上手に出来たが、
手のカユミが大変である、美味しいコンニャクがやはり食べたい、
今度は生芋で作ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山

Dsc00144_2
掛川を出るときはパラパラと雨が降ったが、富士では晴れて綺麗な富士山で
あった、
Dsc00141_2   Dsc00142_4
岳南鉄道は正月飾りで、撮り鉄があちらこちらに、明日は富士女子駅伝
Dsc00143_2   Dsc00145
このまま晴れの日が続くと良いのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中断

Dsc00138
コンニャク作りを始めたが、沢水の水道の出が悪い、先に水道修理である、
水道修理は漏れ場所(つなぎ)を探す事から始まりである、
Dsc00140   Dsc00141
水道の漏れ箇所を見つけて修理、これからが順調にいかない、
エアー抜きが上手くいかなと、水が流れない、順序よく水抜きをしなくては
結局4時間を費やした、やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無人市

Dsc00136
無人市ゴボウ、里芋、大根、大根などの根菜類とタッサイ、金柑など
並べたが良いが、雨で撤収である、
Dsc00135   Dsc00137
柚子は冬至が終り売れ残り、無料コナ-に移動する、
食料も今は総菜が主流になり、野菜を調理することが少なくなってきたのは事実、
新鮮野菜を調理すれば美味しいのだが、調理済み野菜が主流になるなんて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロウバイ

Dsc00134
知らぬ間にロウバイが咲いていた、毎日ロウバイ下の道を歩いていたのだが
正月用の野菜の収穫が忙しい、
Dsc00133   Dsc00132
里芋はまだ地面が凍っていないので簡単に掘れる 、ゴボウは早く掘って
土に埋めたが、これだけ暖かいと、そのままにしておけばよかった、
無人市に置いたが今日は残った、無料コーナーのミカンもそのままでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日が延びた

Dsc00130
もう日が伸びた21日の冬至からまだ4日であるが、明らかに伸びた、
しかし山の中は3時には日が落ちる、新幹線には35分で乗れるのに
Dsc00131  Dsc00129
山の上は黄金色に輝いている、ブルーベリーの赤い紅葉と際だって見える、
もう28年も終ろうとしている、月日が分からない様な日々であった。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実は憎い

Dsc00127
金柑が良い色が付きました、美味しいのかヒヨドリが来て食べ始めたが、
金柑かわいや実は憎し、人により味覚は違うので何とも言えない。
Dsc00125   Dsc00126
何百個付いているのか分からないほど、金柑の葉はカモシカに食べられて
ぼうずに、実は食べないのか、食べるのか分からない、カモシカも退治したい。
Dsc00128
金柑は小さいので収穫しにくい、30分採れば飽きてしまう、少しずつ収穫して
無人市に並べて置くことに。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマガラ

Dsc00112
やっとヤマガラを写真に捕らえることが出来た、畑の周りにはヤマガラ、メジロが
いる、やっとのことである。
Dsc00111   Dsc00113
メジロが30羽位群れで渡ってくる、その中にヤマガラも2~3羽混じっている、
鳥インフルは関係ないみたいである、元気に鳴いて楽しませてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山芋掘り

Dsc00114
山芋堀を行う、栽培の自然薯である、山の自然薯はイノシシに掘られ
何も無いので栽培するしか、自然薯は食べられない。
Dsc00116   Dsc00115
畑で栽培するのは難しいが(連作は駄目で有る)、自然薯 以外の芋はそうでもない、
栽培でも土を動かすのはえらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越冬

Dsc00123
今日は暖かで有った、畑に行くとアサギマダラが飛んでいた、越冬しているアサギマダラ
日の当たる10時頃である、カメラを構えたが入らない。
Dsc00121   Dsc00122
あちらこちらとはいかないが、すこし飛んでは止まるが、葉の陰に隠れる、
モズ、メジロ、ヤマガラ、などが居るからでは無いと思うが、越冬しているのは確か。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舞い降りる?

Dsc00117
フクロウが里に舞い降りた、山に先日舞い降りたが、里在家にも
幸運を運びそうな大きなフクロウ、
Dsc00118
隣には爺婆と子供も、マー坊作である、山に居るフクロウよりは大きい
Dsc00083
山のフクロウさんも福を呼んでくれそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅蕾み

Dsc00109
梅のつぼみが目だっようになってきた、他の木々は葉が落ちて寂しいが
梅の花が咲けば少しは明るくなる、
Dsc00110   Dsc00103
天狗岩も少しずつ顔を出し始めた山々、椎茸の原木を伐採するチエンソーの
音も響く、
Dsc00101   Dsc00102
モミジの葉は綺麗に落ちてしまった、コナラの木は少し葉が残っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dsc00106
なんと冬なのにブルーベリーに花が付いた、霜が降りて気温13度の中で
花をつけるなんて、
Dsc00104   Dsc00107
同じ種類の木は3本あるが、全部の木に花が付く、春になっても花は付くので
大丈夫である、来春の剪定時には難しい判断が必要である。
そうそう同級生のMさんがオーキングで熊さんの遊び場前で出会う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだ

Dsc00086
箱罠に来るイノシシが、入り口から進まない、もう1ヵ月進展がない、
イノシシは例年に無く多く居るが箱罠に入らなくては駆除にはならない、
Dsc00085   Dsc00087
餌を工夫しているが進まない、7年も同じ所で捕獲していては、頭のいい猪
は 無理みたいである、一昨年に13 頭がピーク昨年は3頭、今年はまだ0である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失敗

Dsc00091
家庭菜園の野菜が、植え付け時期が遅れて大きくなれない、大根は手首ほどの大きさ、
これでは漬け物は無理である、大根おろしが精一杯
Dsc00094   Dsc00093
水菜、春菊はまだまだ食べれない、正月までに大きくなって欲しいのだが、
根菜類は小さいが食べれるが、野菜は少し遅れると物にならない。
Dsc00095
コリアンダーは寒さでどうなるか?暖かい場所の作物どうなるのか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

種山百合

Dsc00089
山百合の種の収穫です、少し遅くなって種が風に吹かれて半分になった、
まだまだ中に有るので切り取る、
Dsc00090   Dsc00088
乾燥するのを待っていたが、採ってみたら中には何も無い、大きく開いた
中には一粒の種も無い、採った種は山の斜面に蒔く、
猪と鹿が入らない場所は見つからない、山百合の谷を作りたい。
欲張りすぎて忙しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フクロウ

Dsc00083
大きなミドリのフクロウが出現した、熊さんの遊び場から500Mの所に
可愛いフクロウである、福が舞い込んでくる顔つきである。
Dsc00084   Dsc00082
知り合いのマー坊が作成したのか?土地はマー坊の土地、
場所はヒンマシである。何とも愛らしい顔である、見に来てね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後

Dsc00078
雨が降り始め今夜は荒らしの様相である、風が吹き葉は落ちてしまいそう、
最後の紅の葉である、
Dsc00077   Dsc00074
銀杏の葉もまだ残っているが、山の尾根は葉が落ちてくすんできた、
Dsc00073   Dsc00075
翌檜(あすなろ?)の木も見事に紅葉である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉

Dsc00070
やっと地植えのブルーベリーが紅葉した、このところの寒さで霜が降り、
急に色が増した。
Dsc00071   Dsc00069
冬に入りあちらこちらの葉が落ちているが、柏の木の葉は枯れてもなかなか落ちない、
落ちてもいつまでもカラカラとしている。
Dsc00072
柿の木の葉は綺麗に落ちて枝ばかりである、梅の木は蕾みが付いてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猪鍋会

Dsc00062_2
倉真オーキングが行われ、120名の参加者が有り盛況であった、主催は倉真まちづくり
委員会である、熊さん達花咲爺会は真砂落合公園で猪鍋会を行う。
Dsc00058_2   Dsc00057
オーキングの人達はあいにく来なかったが、倉真をにぎやかにしたいのは変わりない、
猪汁は5升釜2個を作る、昨年来た人が10人程度来てくれた、
猪汁が美味しいと3杯も食べてくれた人も、
Dsc00059   Dsc00067
野菜販売も、白菜、大根、キャベツ、カボチャ、牛蒡、里芋、水菜、春菊、
どれも100円である、白菜はすぐに無くなる。
Dsc00065   Dsc00063
楽し猪汁を作り、皆さんに食べてもらうが、沢山残ってしまった。
鍋を持参した人に分けて終了、次に行う時はもう少し来てくれると良いが?。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来ない

P1060666
捨て犬ノラが姿を消してもうすぐ1週間になる、まるっきり姿を見ない所をみると
どこか遠くに行ったのか、新東名倉真パーキングに入って消えたのか、
ノラは吠えることのない犬である、手を出せば直ぐに逃げる犬である。
山に入って動物を捕らえることは無い、ま元気で次の飼い主に出会って居るだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はしっこい

Dsc00043
イノシシがはしっこい、入り口の餌だけ食べて中に入らない、箱罠の
上の木を切ったので明るくなったのも響いたのかな?
Dsc00044   Dsc00045
足跡は中ぐらいである、箱罠に入れば捕らわれることを学習したイノシシか、
鉄の箱罠はもはや役に立たないのかな?、捕獲方法はくくり罠しかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落葉

Dsc00047
道路は落ち葉でいっぱいである、風が吹き落ち葉が次から次と舞い落ちる、
黄色の落ち葉が多い。
Dsc00048   Dsc00049
道の上には赤色のモミジ、黄色の大きな葉が舞い落ちる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう

Dsc00037_2
竹林にタケノコを見に行く、もう電気柵を設置する時期が遅れている、
案の定タケノコを掘ってある。
Dsc00039_3   Dsc00041_2
イノシシは早くからタケノコを掘る、11月からも、電気柵を急いで設置したが
1度タケノコ掘られるとタケノコの収穫時期が20日位は遅れる、
Dsc00040_2
やたらめったら穴を空けてある、遅すぎた見回りであった、
息子に20倍ズームのカメラを買ってもらって、飛行機を撮影したが目が回る
小鳥と蝶を撮影したいがこれは難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉

Dsc00031
ブルーベリーの紅葉がピークになった、鉢植えが特に綺麗に紅葉した
花芽も沢山付いて来年も沢山の実を付けてくれそうだ?
Dsc00032   Dsc00033
1年生と2年生の鉢植えも紅葉した、直ぐに落葉しそうである、今年の
ブルーベリーは紅葉が綺麗である、
Dsc00018   Dsc00019
川沿いのモミジも綺麗に紅葉して綺麗である、そろそろ落葉が始まってきた、
この2,3日がピークである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寂しい

Dsc00028
冬の枯れ葉が舞い散る頃、ノラは昔の家のことを思い出しているのか
元気が無い、
Dsc00029   
草刈りの片付けを寂しそうに眺めている、今日は知り合いがノラに食べ物を
持ってきてくれた、白いご飯とおでんである、おでんは食べたが白いご飯は
食べない、グルメを捨てないと生き延びる事は出来ないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小鳥

Dsc00013
榊の木に挿したミカンをメジロがつついた、昼にキリキリとメジロが長い間
鳴いていた、このときに食べに来たのかな?
Dsc00016   Dsc00017
榊の実はそろそろ食べ頃になってきたのか、黒く光り輝いているが、
Dsc00014   Dsc00015
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里芋

Dsc00064
里芋を保存するのに収穫をする、里芋の出来はあまり良くないが食料用と
種保存用にした、ばらしたので種芋をどうしようか?
Dsc00069   Dsc00068
イノシシの餌として箱罠の中にいれることに、喰いは良くないが入れる
前に入れたときは、外に引きずり出して食べてしまったので何とか餌になる、
Dsc00056   Dsc00057
外の餌は綺麗に食べてある、箱罠の中にはほんの少し入り込んだが
仕掛けまで到達するにはどうしたらよいのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »