カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

満開

Dsc00688
ツツジが満開になった、クロアゲハ蝶が5日前から来ている、まだ元気で
カメラには収らない、動きが速いのである。
Dsc00687   Dsc00689
始めてアサギマダラが飛来した、風が強かったので直ぐに山の中に消えた、
アサギマダラの季節である、そしてモリアオガエルの産卵が5月中旬から始まる。
Dsc00686  
クマガイソウも満開である、そろそろしぼむ頃だ。 

富士

Dsc00681
電車で富士に行く電車はゴールデンウィークで混んでいた、
午前中は見えていた富士山も昼には見えなくなり、雨がパラパラ
Dsc00685   Dsc00682
天候がめまぐるしく変わった1日であった。
 

爽快

Dsc00679
新緑で爽快の日が続く、何気ない山の中で変化が大きい春である。
Dsc00678   Dsc00680

まだ

Dsc00674
緑茶の芽が伸びない、例年茶刈りの手伝いが入るのだが今年は
やっとこさ今日入る、でも刈り取りははっきり決まっていない、
5/2位の日に始まりそうであるが、芽は出ているが葉が開いていない。
Dsc00633   Dsc00632
雪の下の葉は綺麗に開いているが、花はまだである。
Dsc00643 Dsc00639
気温15度で寒い1日であった、クマガイソウの花は長持ちする。

フキ

Dsc00663
野フキがあちらこちらに伸びてきた、草刈り機で刈りとりするか迷う
さりとて採るのも大変だが、
Dsc00665   Dsc00666
土手の簡単に採れるところである、ハサミで切り落とすが、これではフキがなくならない
手で採れば根から採れるからフキが無くなる、後の祭りである。

奥静

Dsc00657
奥静岡にドライブに、吊り橋を見つけ渡ろうとしたが、どうも恐怖症があるみたいで
20m進んで行くと、金玉がゾクゾクとする、どうも苦手である。
Dsc00656  Dsc00655  
新緑が綺麗であるし、川の水も綺麗である、女性は吊り橋も平気である、
さっさっと渡りきり、戻ってくる。 今夜は吊り橋で魘されそうである。

春の味

Dsc00653
春の味がいっぱいである、タケノコ、ウド、ワラビ、クレソン、ワサビ、など
タケノコを茹でる日が続く
Dsc00652   Dsc00651
春の味ももう少しで終わりである。

逃げる狸

Dsc00649
狸が昼に散歩に出て道でばったり、逃げる逃げる丸くなって走る。
昨日の昼の出来事であった、
Dsc00644   Dsc00645  
Dsc00646   Dsc00647
さわやかな花が咲く日々である。

ハチノムサシ

Dsc00635
ブルーベリーに蜂がやってきた、例年とおなじ大きな花蜂である。
7日前に花が咲いても蜂が来なかったが 、やっとである。
Dsc00636_2   Dsc00637_2
蜂も警戒して近くに寄ると逃げる、毎年一本の木に5匹は来るがまだ1匹、
ツツジが蕾でまだ咲いていないからか?、 

色色

Dsc00629
遊び場の周りは花盛りである、オクミヤマツツジが咲き始めた、
綺麗な紫色がこれから満開
Dsc00630   Dsc00631
ツツジが咲き始めたがまだキアゲハは見られない、今年は蝶は少ないのかな?
モンシロチョウ、はあちらこちらに飛び回る。
タケノコを茹でる煙で蝶も出にくいか。

山百合

Dsc00624
春は真っ盛りである、花が咲き芽ぶきが盛んである、山百合も大きな芽が出てきた、
Dsc00620   Dsc00621
冬に鉢を一回り大きくして株分け、大きな芽が出たので一安心、花も沢山期待できる、
Dsc00622
種まきをし、発芽2年目でやっと葉が大きくなったが、花が付くのは4年目でも
無理な状態、もうすこし早く山百合の栽培に気がつけばよかったが?。

どうかな?

Dsc00618
クマガイソウの花が膨らみ始めるが、日差しが強く 気温が高いので
花の首が垂れてしまっている。
Dsc00619  Dsc00600  
ブルーベリーの花も咲き始めた、今のところは順調に推移している
今年はブルーベリー狩りを行いたい、ブルーベリーはお腹に良いですよ。

山菜

Dsc00616
山が萌葱色に染まる、新芽が綺麗である、山菜が出始めてフキ採りの人が
所構わず入り込む、マナーはない ワラビも地主の許可を取らずに採る
Dsc00615Dsc00617 Dsc00617_2
タラの芽、山ウド、手当たり次第に採っていく、何か良い方法はないものか?。

訪問者

Dsc00613
大きなウサギが庭に来訪である、左前足に何かヒモみたい物が付いている、
すこし痩せているみたいである、動きが悪いし
Dsc00614   Dsc00611
1回追い返して1時間してみたら、また来ている  さすがに2回追い返したら来なかった。
山桜が1本遅れて満開に、白くてすこし黒い感じに見える、この山桜はもう60年は
経ている、いやそれ以上かも。

立会人

Dsc00609
朝から選挙の立会人に、初めての経験である、腰の持病と冷え性で
思い悩んだが、やるしかなくなり6時60分から、
Dsc00604   Dsc00605
投票前の箱の確認と、鍵の確認から始まる。
Dsc00606   Dsc00607
13時30分まで椅子に座り立ち会い人、長い半日であった。

つぼみ

Dsc00575
つぼみがふくらむが、いつきには花にならない、猪や鹿に荒らされないかと
気にかかる毎日である、
Dsc00576   Dsc00573
山桜は風に吹かれてヒラヒラと舞い落ちる、そろそろ桜は終盤である。

散り始め

Dsc00595
桜の花が意外と長持ちである、今日も風が強いがまだ咲いている、
熊さんの前の道を20人ほどの女性のがウォーキングで、聞けば愛知から。
クマガイソウの花を見て頂こうとしたが、時間が無いとのことで帰られた。
Dsc00594   Dsc00593
落合公園のタラの芽が大きく膨らんだ、膨らんだ芽を収穫すると枯れてしまう、
Dsc00596   Dsc00592
先端の芽は採らずに、横の葉を収穫すれば枯れずに来年も収穫出来る、
少しの収穫でしたら、今が山菜の収穫が出来ますよ。
 

やなやっ

Dsc00588
春になり暖かな家の周りにたんぽぽが咲き始めた、このタンポポを食べに
ニホンカモシカが出て来た、まだ3歳くらいで小さい。
Dsc00587   Dsc00589
びびと鳴きながら食べる、シカもこちらに気づき山の中に、
梅の葉が出れば食べるし、ミカンの葉も食べ、畑の豆は好物
家の周りで簡単に餌が手に入るので、出てくる割合が多くなる、いやなやっである。
 

被害大

Dsc00571
竹林が猪の被害に遭い、ほとんどが駄目である、1週間前は被害は無かったが、
雨上がりの今日見に行き驚いたのである。
Dsc00570   Dsc00569
竹林の8割が荒らされた、それでも根気よく探し8本を収穫した、100本近く
猪の餌に、熊さんのタケノコは表年であったので期待していた、
やっきりして、気が抜けた、
Dsc00572
一度猪に入られ、荒らされると、20日は次が掘れない、今年も期待できない
タケノコ掘りである。

花見

Dsc00568
花見会を行う、9時から16時まで酒を飲みながらぐだぐだと
花は4分咲き、天気も雨から晴れに、
Dsc00566   Dsc00567
花桃も咲いて、山桜もあちらこちらにみられる、まだ花見は始まりである。

見えない

Dsc00564
朝から雨、それも大雨である大雨洪水注意報が出た、気温も上がり18度に
霧がすごくて、ほとんど見えない。
桜もまだ咲き始め、まだまだ雨が続きそうである、花見は出来ないかも、
明日は落合公園で花見会を行うが、小屋の中で猪汁、猪スペアリブで
花見である。
 

9人の新入生

Dsc00559
倉真小の入学式に立ち会うことが出来た、新入生は9人である、やはり可愛い
鞄が重くて大変だろう。
Dsc00558   Dsc00561
2年生がいろいろな学校行事を寸劇で披露した、1年が経つとこんなにも成長するのか
Dsc00562   Dsc00563
今の子供達はのびのび育っている、自分の子供時は陰に隠れていた思い出しか無い
元気に育ってほしい、熊さんの孫も入学式を浜松で、そちらは及びでない。

あきらめ

Dsc00538
薪割を終了にした、とにかく堅い木であった、割れないのでくろから
割進む、斧もボロボロに
Dsc00540   Dsc00541
節があるものはあきらめ止める、これで終了
Dsc00555   Dsc00556
雨が降り始めた山、山桜がやっと咲き始めたのに、でもまだ花は散らないから
花見が出来る日もくる。

咲いた

Dsc00552
ミヤマツツジ が咲いた、知らぬ間に紫色が、映える色で有るが
山にはほとんど無くなって寂しい
Dsc00554_2   Dsc00553
山桜も咲き始めたが、綺麗に見れるのは12日頃になりそうである。  

山は

Dsc00548
熊さんの遊び場の山も変わってきた、山のところどころが色が変わってきた、
山桜でも早生が有るようで、1カ所だけ白く花が咲いて居るみたいで有る。
Dsc00550   Dsc00551
キササキが花を咲かせた、めいっぱいの花、イカの吸盤みたいである、
良い香りがして小さな蜂が蜜を吸いに、実が実ればメジロが来てにぎやかに、
Dsc00549
道には山ウドの芽が出て、葉もでている。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29