カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

移植

Dsc00989
スズランを知人から譲り受ける、移植時期はいつか分からないが梅雨のこの時期
移植してみる、日差しの時間や土壌など条件が分からない、
Dsc00990   Dsc00993
球根では無く、つる状の根であるクマガイソウによく似ている、30株を植え付け
何本根付くか、クマガイソウも移植する これは枯れてきた。
Dsc00991   Dsc00992
6月始めに移植したが、ほとんどは葉が黒くなり枯れてしまった、少ない株を
枯らしてしまい、残りが少なくなった、山に取りに行かなくてはならないが、
山のクマガイソウも少なくなってきた。

ふえた

Dsc00986
モリアオガエルが卵を増やす、双子が3つ子によほど場所が気に入ったのか
葉ではなく、カラスから卵を守るために付けた網に
Dsc00988   Dsc00987
1週間ほど前の卵中にオタマジャクシが見える、今年初めて孵りである、
50匹以上のオタマジャクシが出てくる。

濡れて

Dsc00983
ブルーベリーが濡れて収穫が出来ない、早生品種ではないが6月下旬に
収穫出来る品種である。
Dsc00984   Dsc00985
実は大きいしかし味も大味である、ジュースには最適である。
まだ実割れが始まってないので安心しているが、早く天候が回復してくれ。

ハヤ

Dsc00971
川のハヤがよく見える、オイカワかな?、昔は居なかったのだが
一度マスを放流した時にオイカワが混じって入ったのである、
Dsc00969   Dsc00973
今朝はこの場所で鳥のカワガラスが、水の中でハヤを獲っていた、
久しぶりにカワガラスを見たが、
Dsc00972   Dsc00974
ハヤはあちらこちらに動き回り警戒している、ゴイサギ、カワガラス、カワセミ
に追いかけられ、軽快の動きで有る。

双子

Dsc00975
モリアオガエルが双子の卵を産み付けた、今年6個めである、
今年は雨が少ない、そしてオタマジャクシに孵れない。
Dsc00977   Dsc00976
木に有った卵は水の中に、しかしこれもまだ孵れない、卵に変化がない、
1個孵れば、50匹のオタマジャクシに孵るのに、?

時の寿

Dsc00965
植樹祭が行われました、朝がた雨が降っていたが10時には雨が上がる
そこで出かけることに、
Dsc00962   Dsc00961  
雑木の目録の引き渡し式、子供達も20名ほどの参加、山の大切さを
大人になっても引き継いで、くれるとよいが?
Dsc00963   Dsc00964
山道を登り植林現場に、山は傾斜が激しくなく、植林は順調に終る、
Dsc00966   Dsc00967

アサギマダラ

Dsc00886
五加木の花が無くなり、アサギマダラが見えなくなった梅雨らしい天気で舞うことが
できないかも、
Dsc00901   Dsc00899
いつ会えるか楽しみである。

モリアオガエル

Dsc00951
モリアオガエルがいつの間にか2個が木の上に有る、一昨日の雨の日に
生んだのか、今日になって気がつく。
Dsc00949   Dsc00948
昨日はヤマカガシが池の周りに居たが、大丈夫なのか?
Dsc00950   Dsc00952
高枝ハサミで取れる片方を切り、水の中に入れて卵を孵す事に挑戦、
前の2個はオタマジャクシにならなかった、そこで今回は試すことに、
さてどうなることか。
 

あめ

Dsc00943
昨日の雨は集中型で、道の上から水が瀧のような勢いで落下、
水は綺麗で濁っていないから大丈夫である、土砂崩れは無い、
Dsc00942   Dsc00944
川の水はどくにごりである、堤防を乗り越えるまでにはまだ1mはある。
そして今日は晴れ間が、
Dsc00945   Dsc00946
山百合のつぼみが少し大きくなって、いつ花が咲くか楽しみだ。
 

昨日

Dsc00941
梅雨の中休みが終る前に収穫を行う、露がないので今年は順調に
今日はおもいっきり雨、雨量が半端ない
Dsc00935   Dsc00936
収穫が終った幹は疲れた様子、お礼の肥料を施してあげないと、
これから熟す幹はぽつぽつ色が付き始めた、収穫量は3キロ少し小さい
Dsc00938   Dsc00939
7月下旬の梅雨が終ってからが収穫の本番である、順調に生育している
少し実が多すぎではあるが。
Dsc00933   Dsc00934
昨日まではアジサイも元気がなかったが、今日の雨で元気に

Dsc00911
山の中にアオサギが餌を求めて来る、川にいるニガッハヤを食べに来る
魚はほとんど居ないが、それでも少ないハヤを求めて
Dsc00912   Dsc00926
ジャガイモを収穫していれば、畑の中からヨトウムシ虫が出てくる、
虫を川にいるハヤにあげる、飛びついて取り合いになる、
Dsc00931   Dsc00928
命のやりとりは果てしない。

時の寿

Dsc00918
倉真の山里 時の寿学校開校式に出席する、森の力で地域創生事業開始式
Dsc00916   Dsc00914
過疎地域に導入された地域創生事業、地元の関わりがどこまで出来るか
気楽に参加できる活動である
Dsc00915   Dsc00919
全国各地からの参加者も、6/25日は植樹祭が行われる、落葉樹の植樹で
環境を配慮した事業で有る。

終活のありかた

Dsc00886
時の寿との懇親会、人生色色である、後10年どう生きるか人それぞれ、
最後の夢をどう挑戦するか?
Dsc00883   Dsc00885   
Dsc00888
それぞれ挑戦するが、結果は自己満足でしかない、でも挑戦しよう。
 

自給自足

Dsc00907
自給自足用のジャガイモの収穫である、梅雨の合間に収穫である、
今年は空梅雨で収穫には最適である。
Dsc00909   Dsc00908
収穫は少しずつ掘り返して、収穫は3本鍬で 気温が30度の中での作業
熱中症にならないよう水分と休憩をとり、いっこうに作業は進まないが焦らず
ぼちぼちと作業を行う。

山草農法

Dsc00904
里芋栽培に昨年の山草を入れる、押し切りで切り刻む、
今日は土寄せとなる、しかし水が無く成長は遅れ気味、
Dsc00906   Dsc00905
手間が掛かるが美味しい里芋が出来る、生姜、牛蒡、生姜、など根菜類
ナス、キュウリ、トマト、なども山草を入れての栽培である。
 

何だろう

Dsc00892
昨日アサギマダラを見つけた山に、表側が白い葉が有るのを見つける、
半夏生の木か?名前だけ聞いた名前半夏生
Dsc00893   Dsc00891
昨日アサギマダラを見た五加木の5m離れた木である、背が高くて葉が採れなかった
今度は高枝ハサミでも持って行かなくては、今日もアサギマダラが熊さんの遊び場を
ヒラヒラと舞っている、それも夕方の風の無くなった頃であった、
Dsc00881   Dsc00883

一休み

Dsc00881
アサギマダラが五加木の花に止まり一休み、そこにモン白チョウとカラスアゲハ
が来て邪魔をする、
Dsc00880   Dsc00883
風に吹かれてあちらこちらによろける、一休みもままならない
Dsc00885   Dsc00890

作物

Dsc00868_2
ブルーベリーの収穫がようやく始まった、早生は少量しかないが
1,6キロを収穫できた。
Dsc00869_2   Dsc00870_2
畑には他にゴボウ、里芋、生姜が芽を出してきた、今年は雨が梅雨に入っても無い
果たして成長はどうなるか?
Dsc00871_2  Dsc00872_2
Dsc00873_2
パクチーの種ができはじめた、風で倒れたがそのままで種ができるまで待つ。

梅干し

Dsc00867
梅干しのへたを取る、これがやっかいな仕事である、少し黄色になり
香りが出てくると取れやすくなる。
Dsc00866   Dsc00847
10キロのヘタを取り、8パーセントの塩で漬けるがやはりカビの発生が、
アルコールの使用が重要である。

寄生植物

Dsc00865
春先に楠の枝に縛り付けたセッコクが花を付けた、まだ根が楠に付いてはいない
果たして根が張るか?
Dsc00863   Dsc00864
楠は香りがあるの試しに少し付ける、このまま根が付けば2回、3回と付ける予定
柿の木、杉の木には良く付けるが、楠は見たことが無いが。

クマガイソウ

Dsc00862
クマガイソウに種らしき物が、花が付いていたところに、クチナシの実のような
物が付いている、観察をしたことが無かったので、気づかなかった。
Dsc00861   Dsc00860
種ができるかすこし気をつけて、増やすことに挑戦である。

梅雨

Dsc00856
掛川も梅雨に入った、10時頃から降り出した雨である、モリアオガエルが
さかんに鳴き始めた、サツキは満開である
Dsc00857   Dsc00859
山百合のつぼみが付き始めた、今からは百合の季節である、81号土手に
たくさんあるので楽しみである。

Dsc00854
今日は中梅を採りにEさんに家に、小梅は家にあるが中梅がない、
赤梅酢を欲しいので大きな梅を使い作るつもりである、
2時間掛かりやっと20キロを収穫する。
Dsc00853
川縁に3本にあるが大きい梅の木、管理してないので収穫が大変である、
脚立を使用しても手が届かない、簡単に収穫はできないのである。

Dsc00850
ブルーベリーに色がついたがところどころである、根元には虫の糞が
虫が付くと色は早く色付くのである、
Dsc00851   Dsc00852
これから忙しい日々が始まる。

満開

Dsc00847
今日もトレッキングの女性が通る、倉真温泉から粟ヶ岳まで2時間
帰りは下り坂で1時間のトレッキング、爽やかで楽しかったと好評
Dsc00848  Dsc00849
セッコクが満開である、次はアジサイの出番である。

ウドの大木

Dsc00845
山ウドが大きく成長しました、しかし葉がニホンカモシカに食べられた、
まえまえから食べていた、今日見たら
Dsc00846
ご覧の通り食べられた、人里は食物がある事を学習したんだ、
何か良い方法はないものか。

Dsc00831
梅の実が収穫時で有る、小梅が沢山実っている、バケツ1杯収穫するが
5キロである、300グラム100円で無人市に置くが売れない、
どこにもこの時期にあるからである、
Dsc00841   Dsc00842
パクチーの花が咲き実が付き始めた 、パクチーに近づくだけで臭いが
きつい、好き嫌いが激しい香辛料である。

虫が

Dsc00836
ブルーベリーに色が付いた、しかしこれは虫が付いて枯れての色つきである、
毎年同じ様な状態にはなるが、今年はいくらか多いか、
Dsc00837   Dsc00835
採ってみるとやはり虫の仕業、もう少しで収穫が始まるかな?
Dsc00839
今年は桑の実が鳥に食べられないで、残っているが何でだろう。
 

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29