カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年7月

危ない

Dsc01151 Dsc01149
草刈り中に蜂が出て来た、最初はアシナガバチかと思ったが、
よく見ると黄色スズメバチであった、危なかった。
Dsc01148   Dsc01147
蜂の巣は低いツツジの根本付近、雨が少ない年は巣は低いところに作るらしい、
今年はあめが少ないもん、
Dsc01150   Dsc01146
危ないからキンチョールで退治して草刈りを始めるが、5m離れた所にまたもある、
これも低いところにある。
Dsc01151_2   Dsc01152
2個を取り蜂の子は川のハヤの餌に。
 
 

コジュケイ

Dsc01135
コジュケイが親子で畑の際に出没、悪さはしないので良いのだが
時々大声でこっち来い、こっち来いと鳴くのでビックリである。
Dsc01136   Dsc01105
コジュケイは直ぐに山の中に、山百合はR81号沿いの土手に咲き誇っている。
Dsc01106

もうすぐ

Dsc01131
山百合がもうすぐ咲くであろう、つぼみが白く透ける様な感じになってきた、
蕾が網や木に触ると変形して花の形状が変わる、花がまともに咲かない、
Dsc01132   Dsc01133
蕾が沢山すぎて幹が傾いてきた、さっそくヒモでいわえる、
Dsc01134
他の山百合は5個しか花が付かない、これももうすぐ花が咲きそうである、
山百合の谷はほとんどが咲き始め、良い香りが今が見所である。

シナ柿

Dsc01124
柿で思い出し、山にシナ柿が有ったのを見に行く、やはり有った小さな柿の実
シナとは中国の昔の名前の志奈なのか?
Dsc01122   Dsc01123
実は沢山実っているが、ほとんど野鳥の餌に。

恵みの雨

Dsc01118
久しぶりに雨が降った、今日の昼から急に大粒の雨が集中して降る、
雷もゴロゴロとなりあちらこちら水が溢れる。
Dsc01119   Dsc01117
時間にして20分で雨が小降りに、時間雨量50㎜とはこの様な雨か?
Dsc01120
川の水はどく濁りである、短時間でも水が出たが、畑には丁度良い恵みの雨。

落ちる柿

Dsc01113
次郎柿がほとんど落ちてしまう、ヘタ虫が付いてであろうと思うが、
対策の薬剤は散布していない、
Dsc01114   Dsc01116
甘柿は久しぶりに沢山の実を付けた、9月には食べられるが種が多くて食べるところが
ほとんど無い、今のところ落下は無い、さてどうなるか?。

モリアオガエル

Dsc01106
山百合の谷の山百合が咲き始めた、日差しが当たるところから咲き始める、
香りが少しずつ広がってきた、ただ道下の百合は猪が球根を食べてしまった、
Dsc01108   Dsc01107
最後の卵がオタマジャクシに孵る、30匹は居るが何匹池に帰って来るか?。

欲しい雨

Dsc01054
九州、秋田と大雨であるが、静岡は雨が無い、ほどほどの雨が欲しい、
里芋は雨が無くて水掛しなくてはならない、
Dsc01055   Dsc01056
今日も空を見上げて、雨が欲しいと思うが曇りで雨が無い、車を洗えば雨が降るかな?

山百合

Dsc01103
山百合が咲き始めたが、ぽつりぽつりとまばらである、日照時間の差で変わる、
あと少しで良い香りが漂う満開に、
Dsc01094   Dsc01104
Dsc01095
 

ブルーベリー狩り

Dsc01101
今日は倉真温泉にいらっしゃったお客さんが、熊さんのブルーベリー園に
金沢から来た人たちであった、
Dsc01102   Dsc01100
能登にはブルーベリー園があるが近くには無いとのこと、あちらこちらの
ブルーベリー園に訪れているとのこと、他のところも美味しいが、ここは美味しいと
沢山食べて行かれた、ラビットアイが熟し始め収穫の本番が近づいた。

マダニ

Dsc01096_2
やっと自治会の会合が終った、今日はミョウガ採りに山の中に入ったら
マダニが手首でモゾモゾ、
Dsc01097_2  Dsc01099_2
ミョウガは600g収穫、マダニは1匹で済んだ、
Dsc01098
テープに貼り付けて焼却処分、指されなくてやれやれ。

クリーン推進委員

Dsc01085
自治会の見学学習会に参加、3カ所を見学して印象に残った所を
家電リサイクル見学を
Dsc01087   Dsc01089
Dsc01091   Dsc01092
見学を終り疲れが出、家に帰り休んでしまった、たった今動き始める、
家電の解体、掛川ではあちらこちらに野積みにし、重機で解体している
家電リサイクル法はザル法ではないかと思われるのが現状だ。

地蜂

Dsc01082
草刈り機のマフラーに地蜂が入り込んで、マフラーをふさいでしまった、
もちろんエンジンは掛からない、
Dsc01081   Dsc01083
マフラーを分解して虫を出す、アオムシに卵を産み付け成長する、
エンジンはすんなり動く、やれやれ マフラーに地蜂が入らないように蓋をして
置かなくては。

消防団披露

Dsc01080
西郷小学校で倉真地区消防団の披露がありました、暑さが厳しいときの練習、
良く頑張って成果を出してくれました、
Dsc01078   Dsc01079
昨日はテント下で見学したが、暑くペットボトル2本も水分補給をしました、
Dsc01075   Dsc01076

水質検査

Dsc01067
朝から倉真川の水質検査、水を取り地区公民館に行き試薬を使い
行う、
Dsc01065   Dsc01066
試薬の感度が悪いのか、変化が1年間ほとんど変わらない、変わらないのは
水質が良いのか、自治会の管理はこんなものか?水質検査をして
自己啓発をしているのか、データーの開示は無いので自己啓発なのか?

最後?

Dsc01064
モリアオガエルの卵が2個産み付けられる、これが今年最後の産卵か?
雨が続けばオタマジャクシに孵るがさてどうなるか?
Dsc01063  Dsc01062
柿の木の上と網に産み付けられた卵、柿の木卵は高枝ハサミで獲り保護
網の上の卵は崩れかけたのでそのままに、
Dsc01061
崩れて池の中に、卵はオタマジャクシに孵り池に落ちるのが良いが、これでは
オタマジャクシになれない、今年はカエルになれない卵ばかりである。

咲くのは何個?

Dsc01057
山百合のつぼみが膨らみはじめた、ざらっと30は蕾がありそうである、
果たしていくつ咲くだろうか?ただし虫の害が心配である、
Dsc01058   Dsc01059
普通は花が4個程度である、3本目の百合は途中で虫が入り枯れてしまった、
茎に穴をあけて、枯れてしまったが茎の下側は生きている。
Dsc01060
4本目は蕾が15個が付いている、しかし網を突き抜けしまい蕾がもつか?

ミョウガ採り

Dsc01048
そろそろミョウガが出ているかと思い、探しに入るが有りました、しかし小さい
早生ミョウガ4個を見つける、目のこしがあり、3日もたてば花が咲く
花が咲けばみつけやすい、
Dsc01047
ミョウガの木も肩まで大きく伸びている、雨が少ないわりには木だけは伸びた
ミョウガはまだ早いようである、花が咲く寸前に収穫すると大きな物が採れる。

大きい

Dsc01049
ズッキーニやっと大きな物が採れた、今までは親指大の物がずっと、
今年に入り2本男根サイズが出来た、
Dsc01052   Dsc01050
大きく育たないので受粉を行う、雄しべを採り雌しべの中に無理矢理押し込む、
まるでエロイ話だが、受粉が朝の早い時期である、10時に花がしぼんでしまう、
自然受粉をさせる昆虫が居ないのが欠点、
Dsc01053   Dsc01052_3
しかし受粉させる花の状態により、大きくなるのとならないのがあるみたいである。

ジュース

Dsc01028
ブルーベリージュースの季節が早くもやってきた、毎日150グラムはジュースにし
飲み干しているが、生ジュースは少し酸味がある。
Dsc01025   Dsc01027
今年は雨が少ないので早くから収穫できた、おかげでジュースも早くから飲める、
Dsc01029   Dsc01030
熟していないブルーベリーが入っているので、どろどろでさっぱりしたところが無い
でも美味しいことに変わりは無い。
 
 
 

合体

Dsc01015_2
川トンボが子孫繁栄の合体である、しっぽが丁度ハートマークになる、
オニヤンマは川の上を悠々と川下から川上そして川上から川下え、
Dsc01016
川石の上で静かに涼んでいるトンボ、熊さんも川で涼む時間が長くなった。

最後の収穫

Dsc01021
のびのびだったジャガイモの収穫がやっと終了した、しかし暑くて作業は休み休み
川で涼む、涼んで居るほうが長い、
Dsc01023   Dsc01024
50キロの収穫である、これで3月まで自給自足である、畑は畝が残っているので
サツマイモのツルをそのまま挿すことに、暑さでツルが根付くかな?

カラスの悪戯

Dsc01020
ズッキーニをカラスが突く、キュウリと勘違いして食べられると突いたのか?
悪戯で突いたのか、早く対策をとらないとまだまだ被害が
Dsc01018   Dsc01019
突いて切断したのもある、昨年は大丈夫であったが今年は被害、
カラスを捕まえる方法は無いのか、カラスは頭が良いので対策は網を掛けるか、
テングスを張るか?。
 
 

姉妹

Dsc01010
シカが現れるそれも2頭のメスである、1頭かなと思ったが周りこんで見ると
もう1頭居るでは無いか、
Dsc01014   Dsc01011
可愛いく見えるが、畑は荒らしマダニを振り落とし、木の幹は食べる
人間より大食漢である、
Dsc01012   Dsc01013
シカも罠に掛かるが、シカの肉は筋が有り、固くて食べられない、
柔らかいジビエ料理があるとは思うが、素人ではなかなか調理出来ないのが現実。

コンニャク

Dsc01007
コンニャク芋の花が咲いて実が出来ました、花が枯れて実に被さっている、
コンニャク玉は大きくならずに、コンニャクにすりつぶすことは出来ない、
Dsc01009   Dsc01008
今年は花が咲いたコンニャクが多くあったので、今年はコンニャク玉の収穫は
少ない、自家製のコンニャクは作るのにやっかいであるので、少ないくらいが丁度良い。

食べられる

Dsc01004
ウドの大木がニホンカモシカの餌食になり、ウドの成長が少なくなる、
葉をまだ食べに来る、これでは絶えてしまう。
Dsc01003   Dsc01005
とにかく新芽の柔らかい所は食べてしまう、山に沢山有ったウドの木、人間が
山菜として手当たり次第採り、そしてニホンカモシカが食べてしまう、
植物もこの先どう変わるのか?。

ゴボウの花

Dsc00980
昨年の捨てゴボウが花を付けたが、実が付くのか?
種取りの挑戦である。
Dsc00953   Dsc00982
パクチーの実の収穫にも挑戦しているが、雨で濡れてカビが出て来たしまった。

33度

Dsc01000
暑い1日であった、温度計は33度まで上がり老体にはこたえる、
草取り途中に川の岸辺に、涼しくて自然のクーラーなので体には負担が少ない、
トンボが石の上で涼んでいる、
Dsc00998   Dsc01001
猛暑がこんなに早く来るなんて、15分作業して川辺で30分休む、これでは仕事が
進まない、まいいか
Dsc00999   Dsc00997
ゴボウの葉もちじんでよじれた、急な気温変化で人間同様に脱水症状。
 
 

雨の影響

Dsc00994
ブルーベリーに割れが出て来た、やはり雨の影響であるがまだ少しだけである
明日は晴れるので収穫が出来そうである。
Dsc00995   Dsc00996
実は大きいのでジューシーである、ベリーの特徴が出ている実で有る。
 

« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29