« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

8個目

Dsc02508_3
またまたモリアオガエルが産卵、8個目か7個目である、
Dsc02533_2   Dsc02534_2
植木鉢に産み付けてある、よほど慌てて居たのかな。
Dsc02535_2   Dsc02536_2
水が無いので洗面器の中に移動
Dsc02537_3   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笹百合

Dsc02548
近所のKさんの家にセッコクを見に行ったのですが、笹百合が有ったので
松葉上地区の茶草場に咲いているのを家の庭に移した。
Dsc02546_4   Dsc02547
セッコクは萎み始めた、でも香りはまだまだ香る庭全体に漂う、
Dsc02549_2   Dsc02545_2
Dsc02544_3   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dsc02541
朝から3時まではポツポツ雨で風が無いのでウツギの花に蝶が入れ替わり
飛来した。
Dsc02539_2   Dsc02540_2
畑の通り道であるが県道 81号斜面、車両通過は30分に1台なので
気にしなくても良いが、畑仕事が忙しく見て居る時間も少ないが
Dsc02538_2   Dsc02551_2
 オオスズメバチは現れないので蝶が沢山集まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ

Dsc02532
アサギマダラが畑でしんでいた、昨年は一度も見たことがなかったが
今年は道で1匹、畑で1匹が息絶えていた。
Dsc02522_2   Dsc02524
畑の網近くに落ちていたが網に絡んだ様子はないが、この所スズメ蜂が舞い始め
ウツギの花にスズメ蜂が来てクロアゲハを追い回している。
Dsc02523   Dsc02531_2
セッコクの花がしぼみ始めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dsc02525
ブルーベリーに色が付いたが何かおかしい、まばらにポツポツと色が変わり
沢山はない、でも食べてみないと分からない。
Dsc02529   Dsc02530_2
裏側はまだ赤く未成熟であるが、酸味が少ないもうすぐ収穫が出来る。
Dsc02526_3   Dsc02528
さっそく網を掛けてヒヨドリの被害を防ぐことに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

役員

Dsc02518
日曜日の役員は倉真小と地区との合同運動会である、審判係で7時から
15時30分迄かかり片付けまでである、父兄がもう少し手伝ってくれると、
高齢者の役員の負担が少なくなるのに?
Dsc02514   Dsc02515_2
生徒が少なく全員が色々の役割をこなし、なにかしら皆の前で発表を行なう
全員が主役である。
Dsc02516_2   Dsc02517_2
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

駄目だった

Dsc02416
生姜保存に失敗した 今年は気温が予想以上低下したのが原因かな?
小生姜が全滅したので種生姜を買いに行ったがなかった、筆生姜が食べられない。
Dsc02415_2   Dsc02417
大生姜は上部は腐ったが下部の生姜は芽が出ていたので何とか予定量は
植えることが出来た、こんなことがあるので少し多めに種を保存しなくては。
Dsc02469   Dsc02470
畑の中からはセミの幼虫が出、ヘビイチゴもあちらこちらに。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天敵

Dsc02505
モリアオガエルの天敵はヘビ、今日はミミズ大のヤマカガシが卵の上に居座る
このヘビに捕まえれるカエルはいないのに、オタマジャクシでも捕まえるつもりか
Dsc02504_2   Dsc02506
大きなシロゴロシも来た、このヘビに捕まえられたら終わりである、毎年
カエルが来るのでヘビも必ず来る、ヘビが来るときはコロコロとカエルは鳴かない、
弱肉強食ではあるがしかたない。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ

Dsc02480
近所のセッコクがまだまだ萎れていない、土日までは大丈夫でしょう、
今日は気温が上がったので大汗をかいた、夕方には頭が痛くなってきた
熱中症の症状なのか?
Dsc02479   Dsc02478_3
家庭菜園のキュウリにウリバエが来て葉を食べ始めた、虫がいよいよ多くなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現れる

Dsc02489_2
雨降る前10時頃に熊さんの遊び場上松葉に、ウツギの花に止まっているのを
見つけた、羽化して蝶になったばかりで色が鮮やかである。
Dsc02491_2   Dsc02492_2
県道法面に咲いているウツギの木でである、雨降る前で日差しは無いが
風が無いので良いのであろう。
Dsc02493_2   Dsc02494_2
蝶も熊さんが居るので長くは花に止まらない、舞っては止まる蝶
綺麗な色には惚れ惚れする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5,6個目

Dsc02475
ユキノシタが満開となり道法面の一部が白い花で埋まる、
朝にはモリアオガエルが卵2個を産み付ける、柿の木の枝と池の網に
2個を産み付けてある、今年はペースが速い産み付けである。
Dsc02477_2   Dsc02473_2
柿の木の卵は池から外れているのでオタマジャクシは池の中には
落ちない、近いうちに洗面器に移動させる、
Dsc02474_4   Dsc02476_2
ユキノシタは壁にへばりついて、おいそれとは落ちない。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4個目

Dsc02466
熊さんの遊び場セッコクが満開になる、柿の木に寄生しているがカモシカが
セッコクを食べてしまったので寂しいが?
Dsc02464   Dsc02465
モリアオガエルが4個目の卵を産み付けるが、柿の木の葉ではない、
洗面器の中に移動したいがどうしようかな?
Dsc02467_3   Dsc02468
柿の木の高い所はシカの被害は無いが管理が悪いので花付がいまいちで有る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3個め

Dsc02457
朝にモリアオガエルが産卵している現場に立ち会えた、卵は3個目である、
Dsc02459   Dsc02463
カエルは緑色でまだら模様が入っている、洗面器に2個でその横に産卵
まだおしりは卵の泡の中である、余り近づくと逃げるので近寄れない、
Dsc02462_2   Dsc02457_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セッコク続き

Dsc02448
良い天気であった、風が吹きセッコク花の良い香りが漂ってくる。
昨日の続きです、見に来て下さい。
Dsc02449_2   Dsc02445_2
Dsc02446_3  Dsc02450
8分咲きである1週間は咲いているはずであるが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満開

Dsc02444
熊さん近所のKさん宅のセッコクが満開に咲いている、見事な花が見れる、
見頃で有る1週間は綺麗に咲いているのを見れる。
Dsc02448_2   Dsc02441_8
ピンク色と白がほとんどで有るが、寄生させているはマキ木である。
Dsc02443_2   Dsc02445_2
マキノ木は30本、柿の木2本、杉の木3本に寄生させてある。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モリアオガエル

Dsc02426
モリアオガエルの卵を水の中に入れたところ、3日でオタマジャクシが出て来た、
木の枝から早く水の中に入れるのが最善だった。
Dsc02420_2   Dsc02425
今年も7個位は卵を産み付けるだろう、卵をどこかの池に持って行、
簡単に見えるようにしようか思案中である。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無残

Dsc02431_2
道路にアサギマダラの死骸が、車に当たり死亡した交通事故なのか?
羽根も頭部も痛んでいないが腹部が無く蟻が
Dsc02432_2   Dsc02430_2
まだ羽化して舞い始めたばかりである、交通事故とは、今は低いところを
素早く舞っている、見つけるのも至難の時期である。
Dsc02434_2   Dsc02433_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野いちご

Dsc02424
野いちごが赤く熟れた、今が食べ頃である、少し遅れると蟻が中に入り込む、
桑の実も黒く色つきヒヨドリが毎日黒い実を食べている。
Dsc02418_2
モリアオガエルの卵を木の枝から取り洗面器に移す、カラスの餌食になるのを
防ぎ、乾きを抑えてオタマジャクシになるのを助ける。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モリアオガエル

Dsc02419_2
モリアオガエルが卵を2個を柿の木に産み付けた、例年より少し遅い
山の雑木を伐採したのでカエルの隠れ場所が少なくなったのが原因か?
Dsc02418   Dsc02420_2
1個は柿の木もう一つは網の上に産み付けた、昨日コロコロ鳴いていたが
ヘビがこのところ出始めたのでカエルも警戒しているのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生姜の釜出し

Dsc02330
生姜を保存していた釜から取り出した、毎年釜から出すときに大丈夫かと
思いながら開ける。
Dsc02417_3   Dsc02415_2
しっかりと芽が出ている生姜が出て来たこの釜は成功したが
他の釜を開けた所こちらは全滅であった、芽が出ている生姜が3本だけ
保存はほんとうに難しい。
Dsc02416
釜を開けたとたんに嫌な臭いであった、毎年余分に保存しないと不安なので
余分に種生姜を釜に入れているが、今年は余分が幸いした。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dsc02414
ウツギの花なのか(名前はよく分からないが)咲いた、アゲハ蝶が早速来て
密を吸い始めた、アサギマダラもじきおとずれるか?
Dsc02358   Dsc02411
花が咲く前は河原に止まり水分を補給していたが、
Dsc02330_2   Dsc02410_2
毎年アサギマダラは5月下旬から見られが今年は暖かいので早いのでは、
4月の下旬に2匹見えたが、以後見えない。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

摘果

Dsc02409
ブルーベリーの摘果を行なう、花が咲いた時に花摘みを行なうがまだ
実が多すぎる、
Dsc02404   Dsc02405_2
小さな木では沢山の実をそのままにしては 木がもたないのである、
実は収穫出来ても枯れてしまう可能性が多い。
Dsc02406_2   Dsc02408_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その後

Dsc02394
山野草のクマガイソウ枯れ始めた、昨年移植した株である移植して2~3年
でほとんどが枯れてしまう。
Dsc02395_3   Dsc02396_2
斑入りの葉はかろうじて枯れずにいるが果してこのままの状態でいるか。
Dsc02400_2   Dsc02401_4
スズランは花が落ちたが勢いが無い、これも先行き危ない状態である、
適地適作が基本である。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セッコクの蕾

Dsc02389
セッコクの蕾が膨らみ始めてた、地表に近い所はカモシカの餌食になり
無くなったが、柿の木の上には蕾が出来た。
Dsc02390_2   Dsc02391
熊さんの柿の木はまだ花が咲いてないが、近所の家ではちらほらと咲き始めた、
日差しがあれば明日あたりから咲き始める。
Dsc02392_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盗られる

Dsc02388
イノシシにハチコを盗られる、深く掘り替えして綺麗に食べてある。
50㎝はゆうにある。
Dsc02387_2   Dsc02386_3
ハチコは綺麗に食べられいる、今年は食い物が無いのか昼間から出始めた
イノシシがこれだけ多くては年がら年中出てくるのはしょうがない。
野菜も数年後にはイノシシに荒らされて収穫量も少なくなり、値段も上がるかも?。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨中

Dsc02384_2
ツツジも雨に打たれ縮んで見える、天気が良ければクロアゲハが見られるが、
先日見た2匹のアサギマダラ姿を隠したままである。
Dsc02369_2   Dsc02383_2
雨の中なにも出来ないので薪ストーブ薪に火を入れて炎を眺める。
Dsc02330_2   Dsc02358_3
訪問有り難うございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハチコ

Dsc02380_2
ハチコが出始めたがイノシシが待って居るようにほりかえしはじめ、
竹薮の中には1本も無い状態で有る。
Dsc02379_2   Dsc02382
イノシシは今の所、耕作道に出ているハチコには手いや鼻を出してないが
明日から雨が降れば鼻で掘り返すかも?
Dsc02376   Dsc02377_2
山ウドの木がアスファルトの間から2本出て来て生長した。
いよいよセッコクの花が膨らみ始めた、あと3日で開花である。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新緑

Dsc02372_2
山の雑木が綺麗な若葉色になる、コナラ、ケヤキなどの落葉広葉樹が主である、
風が強く若葉が時々舞ってくる、竹の葉は黄色くなり舞い落ちる。
Dsc02371_2   Dsc02374_2
ユキノシタが花を付け始めた、小さな白い花を付けている、葉は緑で綺麗である
Dsc02373_2   Dsc02375_3
県道のコンクリにへばりついて毎年増えていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とう

Dsc02360_2
捨てたゴボウが大きく育ったが、とうがたち茎が伸びてきたこのまま伸びれば
花が咲き種が採れる、とうがたち茎が伸びればごぼうは食べられない。
Dsc02362_2   Dsc02361_2
4月に蒔いたごぼうの種が芽を出してやっと開いた、7月に食べられるか、
捨て牛蒡を大きく育て食べる方法も有るようだが、秋まき牛蒡は栽培が難しい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にらみ

Dsc02367_2
カモシカににらまれた、道上でなにやら音がするので見上げるとカモシカがこちらを
にらんでいる、最近は人を恐れなく間近に
Dsc02363_2   Dsc02364_2
丁度学友が通りがかり目を離したすきに山の中に、学友にはミョウガ竹とウド
採ってあげる、フキ採り来た帰り道だと
Dsc02368   Dsc02366
アザミが咲き始めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサギマダラ

Dsc02330_2
アサギマダラ 先日見かけたまま今日も見ることが出来なかった、
どこに入り込んだのか。
Dsc02337_2   Dsc02358_2
ツツジがまだ咲いているのでキアゲハがやってくる、もちろんクロアゲハも
沢山舞っている、川にはイトトンボ、オニヤンマも見られる。
Dsc02340_3   Dsc02341_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後か?

Dsc02359_2
タケノコが最後の収穫になりそうである、裏年で沢山は採れなかったが
まあまあである、竹薮を整備すればもっと収穫出来るが。
Dsc02352_2   Dsc02354_2
山には藤の花が咲いて、まだまだ花が続いて行く、
Dsc02355   Dsc02356_2
今日もアサギマダラは現れなかった、探しに行ったが昨日と同じ場所では無理か
キジュランとバイカウツギがあるが舞っていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »