« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

アサギマダラ

Dsc03107
先日アサギマダラが止まった鬼女欄の葉の裏側を見ること、
Dsc03172   Dsc03170
葉の裏にはぽつんと白い卵らしき物が有る、まさかこんなに早く卵を産み付けるのか
アサギマダラの卵とは限らないが、
Dsc03171
アサギマダラの卵なら観察したいが、今年の春に幼虫を見つけたが蝶になる前に
居なくなってしまった、少し気を止めて置こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサギマダラ

Dsc03159
アサギマダラが遊び場の畑に2羽と遊び場庭に1羽が舞い降りた、
暖かいが風が有り直ぐに山の中に。
Dsc03152   Dsc03155_2
畑に来たアサギマダラは羽根が傷んできた、雄なのか雌なのかは分らない
体が大きい蝶と小さな蝶である。
Dsc03158_2   Dsc03160

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危ない人

Dsc03169_2
竹林に行く途中でキノコを見つける、シメジらしきキノコが5本杉ヒラタケらしき物が
5本を見つけるが、
Dsc03163   Dsc03164_2
シメジらしき物は香りが椎茸の香りで食べても大丈夫そうであるが、
Dsc03165   Dsc03166
杉ヒラタケらしき物も香りは良いが、最後に見つけたキノコは薄紫色が
全体にあるこれはどうも食べられないか?
Dsc03167_2   Dsc03168_2
収穫したがやはり危なそうなキノコである、やはり食べるのは止めよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狂い咲

Dsc03138
セッコクが花を付けたが春に咲く花が狂い咲きで秋に咲いた毎年2~3輪咲く
Dsc03139   Dsc03140_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dsc03131
10月桜がすでに咲いている見場はぽつぽつとしか咲いていないので
桜の花とは思わないくらいである。
Dsc03130_2
2本の桜の木があり12月迄は咲いていたような気がしたが、もう老人特有な
忘れではなく元々から記憶力は無い、困った物だが良いこともあるストレスが
あっても忘れられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原木椎茸

Dsc03142_2
原木椎茸が出ているがすでに傘が開いてしまっている、そろそろ出ているかと
覗いて見ると出ていた、量は少ないが開いて居るので収穫、
Dsc03143_2   Dsc03144_2
今年はキノコの出が良いらしいがナメコ、ヒラタケ探しは出来なかったが
原木椎茸は自分で菌を打ち寝かしたので毒キノコとは間違えないし、
毎日少しずつ収穫できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサギマダラ

Dsc03028
今日もアサギマダラがやってきた、2羽違った場所に現れた、日差しが暖かく
風の無いところを選んで来る。
Dsc03134_2   Dsc03135
鬼女欄の苗がある所にはアサギマダラがうろうろと舞回る、もしかして卵を
産み付けなのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナンバンキセル

Dsc03132
ナンバンキセルの花がススキの根元に咲いている、山草を刈りながら見つけるが
見つけた物が他にもイノシシの屎である。
Dsc03133   Dsc03050_2
草刈をやりながら最後の燻炭を作る、これで野菜が美味しい物ができれば
Dsc03079_2   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

対策

Dsc03125
竹林に猪対策の電柵を設置した、10月末には例年竹林の中にイノシシが入り
タケノコを食べ始める、そろそろ設置時期が来た。
Dsc03123   Dsc03127
案の定タケノコを掘ってある、足跡は指3本の大きな足跡と指一本の足跡
である親子である。
Dsc03128   Dsc03126_2
電源を入れていない線は踏み倒されて線が地面に垂れ下がる。
Dsc03129   Dsc03124
植林した檜の木はイノシシが体を擦りつけたので皮が剥けてしまっている、
これで竹林に侵入を防げるか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片付け

Dsc03122_2
やっとブルーベリーの網の片付けが、小さい畑の方側を朝から昼間で掛かる、
体調不良、台風、長雨で延びてしまった。
Dsc03119_2   Dsc03120
網をあがながらブルーベリーの木を見るとまだ実がなっている、
Dsc03121   
食べたら甘い、台風がなければ沢山採れたのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待って

Dsc03107
晴れて天気がよく日差しがある、朝が寒かったが昼は16度とアサギマダラが舞うには
良い日よりである。
Dsc03098   Dsc03099_2
オトビの花に止まるのを追う、やっと止まってよく見ると羽根が少し痛んでいる
これでは奄美まで旅をすることは出来ない。
Dsc03100   Dsc03105
松葉のアサギマダラは越冬するので何とか生き延びてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色々

Dsc03096
晴れから小雨が降り始め綺麗な虹がでる、見事な色であった。
Dsc03095
紅葉も色が付き始めるがまだこれからである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサギマダラ

Dsc02503
雨間の畑にアサギマダラが来たが、人の気配で直ぐに舞い上がりる。
気温が低いので風の無いところに
Dsc03090   Dsc03091
林の中は草木で風が止まり、ママンドは特に風が無い、太陽が出て雨が降る今日
畑に出れば雨 家の中に入れば晴れるイライラとする1日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畑道の花

Dsc03088
マリンゴールドが満開になった、花を片付けずに種が出来種が落ちるまで置き
毎年同じ所に芽が出て花が付く
Dsc03089_2
八重のヤマブキがポツポツと咲いている、気温が18度前後になると咲き始める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

群れ

Dsc03083_2
道のすぐ脇にシカが7頭もたむろしていいる、こんなに多くのシカは珍しい。
Dsc03084   Dsc03085
雌ばかりの群れである、1頭だけ大きいが後は一回り小さいがこれだけ多いと
農作物の被害は甚大である。
Dsc03087
直ぐに山の中に入って行ってしまったが困った動物である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木屑

Dsc03067
ゴボウの葉に大きなイナゴがいる、秋になり虫達もだんだんと少なくなってきたが、
イノシシだけはやたらと出て来ている、もう昼も出て来そうである。
Dsc03054_2   Dsc03055
知り合いの大工さんが木屑を持って来てくれた、大工さんも処分に困っているのか
畑に持って行き発酵させて肥料に出来れば、ブルーベリーにも入れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芋ツル

Dsc03053_2
サツマ芋の蔓を押し切りで細かく刻み畑に振りまく、あとは耕して肥料になれば
良いが、棚田さんのプログを参考に
Dsc03051   Dsc03052_2
芋はたいした事がないがツルだけが伸びた、ツルは以前調理したが芋の香りがし
普通に食べることが出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山草農法

Dsc03073
作業が遅れやっと山草のススキを刈り始めたが雨が多くて進めない、作業は
山の斜面で足の踏ん張りがきかず疲れる作業である。
Dsc03072   Dsc03074
ススキの穂が出てしまいどう処理しようか悩ましい。
倉真縁側カフェが始まりましたが山の中まで来る人は少ない、散策の人も
少ない、天気が良ければ81号を歩けばアサギマダラに会えるがほとんどの人が
車で通り過ぎるので出会えない、ぜひ1時間歩けば出会えるので歩いて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アケビ

Dsc03071_2
山草を刈り取りに山に出かける山の木にツルが有りアケビが口を開いている
白い実があるがまだメジロが突いていない。今日は寒く風が有りアサギマダラは
見られなかった。
Dsc03068   Dsc03069_2
このツルはアケビでは無いと思っていたがアケビが有り何かおかしいが
アケビが有るのでやはりそうである。
Dsc03070

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クマガイソウ

Dsc03005
クマガイソウ移植したけれど草にまみれて大きくなっていない、草取りも行なわなくては
やはり半分は枯れてしまった、日光か風か気温か?
Dsc03007   Dsc03006
もう少し様子を見るしかないのである、
Dsc03065   Dsc03066
知り合いの清作さんも庭にクマガイソウを七株ほど移植したがやはり枯れている、
土は山土と腐葉土を混ぜた土である、暖かく日当たりが良いが、気温が高すぎ
残った3株がどうなるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

椎の実

Dsc03061
椎の実が落ち始めた、栗は少なかったが椎はどうかな、イノシシが畑に出て来ている
ので山の木の実が少ないのかもしれない。
Dsc03060   Dsc03054
大工さんがカンナクズを持って来てくれた、ありがたいことである畑に持って行
寝かして堆肥になる、まあ面倒だが鶏糞、糠を混ぜなくてはならないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンロ

Dsc03064
昨日の台風24号の影響で停電が長引き苦労したのでガスコンロを買う事を決め
息子に相談してみると、注文して購入してくれた。
Dsc03062   Dsc03063
届いたコンロは重いが希望道理のコンロ後はホースと減圧機が必要である、
 量販店で購入すれば完璧である、とりあえず使って芋煮でも作ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーベリー

Dsc03056_2
ブルーベリーの実がまだ幹に付いている、台風23、台風24号、25号でも頑張った
実が少しだけ、
Dsc03057   Dsc03059
24号がもっとも風が強かったのでこの台風での落下がほとんどである、
今日はアサギマダラが5匹ほど81号沿いの道で見られた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芋掘り後

Dsc03022
アサギマダラが時々顔を見せる、畑の上を飛んだり林の中を舞ったり
現れたり消えたりである。
Dsc03038_2   Dsc03039
燻炭を作りながら前日の燻炭を畑に入れて耕す、堆肥を入れる代わりに
山草とサツマイモのツルを押し切りで細かくし耕す。
Dsc03040_4   Dsc03042_2
今はカマキリがやたら居る首筋や頭に乗ってくるのでビックリだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓮花寺池公園

Dsc03043
42歳の息子と蓮花寺池公園に出かける、久しぶりで独身の息子と散歩が出来た
会社、仕事、将来生活、収入のことなどベンチに腰掛け話す事が出来た、
温和しい息子だから相手は居ないが、将来生活全般がしっかりしていた。
Dsc03044_3   Dsc03045
子土達がボートに乗り元気な声が、池には鯉、鴨などがいる、
癒やしの空間である。
Dsc03046   Dsc03047_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芋煮会

Dsc03034_2
鎮守の森のお祭りが始まったが雨パラパラ程度で収まっている
行いが良いのか台風がそれて日本海に、熊さんは飲み友達と芋煮会を
Dsc03032_2   Dsc03031
朝から里芋と牛蒡、ネギを畑から掘り準備である、里芋は洗い皮をむき
ゴボウは洗いサカガキ用に
Dsc03035_2   Dsc03036
柔らかく里芋が煮えたが、醤油が少し多かった最後に入れたのが失敗でした。
本つゆと水で煮たが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クンタン

Dsc03020_2
ドラム缶で燻炭作り、友人からモミガラをもらい燻炭作りのドラム缶は知人から借り
作業開始である、でも準備がまだ木、粘土、藁、新聞紙、ねじ回し、
Dsc03019_4   Dsc03030
火を付けて3時間待たなければならないのでその間、サツマ芋を収穫
下側10㎝はモミが焼けないので20分だけ付いていなければならない
後は粘土で密封し一晩置き冷めたら出来上がり。
Dsc03029_2   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサギマダラ

Dsc03022
雨がパラパラしている中アサギマダラがやってきた、風もあるが花にしがみついて
1時間余り1カ所に居る、
Dsc03021_3   Dsc03023
最近は時々高い所を舞っているのを見て居たが、止まって居るのは秋最初で
フジバカマの花か?これからは畑で見られる。
Dsc03026   Dsc03028

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倒木

Dsc03017
山に木を見に行くやはり台風の風で根元から杉の木が倒れているでは無いのか
植林して7年である、太いが倒れては駄目である。
Dsc03018_3
倒れてほかの木を巻き添えにしている、近いうちに切らなければならない、
今切っても木は柔らかく腐ってしまうか蜂が穴を開ける、11月頃の水を上げていない
次期が良いのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鱗雲

Dsc03016
秋の鱗雲が出ている、明後日からは曇りと雨の予報である掛川大祭は雨予報
停電も未だ解消されていないし、25号台風がまた来週に来そうである、
昼にアサギマダラが舞っている、まだ元気でサッと山の中に消える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爪痕

Dsc03012
台風の被害は停電である、発電機で冷蔵庫を動かしレジ打ちを行なっている
お店はパンはほとんど無くレジは混でいる、
Dsc03015   Dsc03014
雨は少なく風が強く里芋の葉はボロボロ、ブルーベリーの植木は倒れ
近所では小屋の屋根が飛んでカーポートも倒れどこかに飛んで行く
ケガをした人が居ないのが幸いでした、停電がいつまで続くか悩ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »