« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

何で?

Dsc03344_2
大晦日にタンポポとスミレを見つける、今年の異常気象を象徴している光景だ
皆さん良いお年を。
Dsc03345_2
スミレは土手の窪みにひっそりと咲いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

干支

Dsc03337_2
金谷のジャンボ干支を見に行く、晦日の日でも次から次へと車で見学に
やってくる大盛況である。
Dsc03336_3   Dsc03338_2
イノシシが4頭藁で作ってある、大きい物は3mはあるだろうが良く出来ている
静岡のテレビ6局有るが5局は放映している。
Dsc03339_3   Dsc03335

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岳南と金谷

Dsc03329_5
岳南鉄道は迎春の飾りが取り付けられて、社内には女子駅伝ポスターが
Dsc03327_4   Dsc03331_5
金谷では車の中から機関車を見ることが出来、良いタイミングであった。
Dsc03332_2   Dsc03333_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山

Dsc03328_2
富士山を見に富士市に出かける、寒気が強く張り出して来て居るとのこと
富士山は雪に覆われているが。
Dsc03331   Dsc03330
雪がサラサラで舞っている状態である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと

Dsc03323_2
ブルーベリーが真っ赤に紅葉した、例年より色が赤いのである、
急激に寒さが来たせいである、野菜も遅く種まきしたのに大きく成長した。
Dsc03321_2   Dsc03322_3
畑全体が紅葉して山とは対照的な色、そろそろ剪定の時期が始まる?
今日もNさんがブルーベリーを見に来たので、栽培のノウハウを話すが
なぜか話がチグハグである。
Dsc03324_3
早生品種は葉が落ちて丸坊主状態である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臘梅

Dsc03320_3
今日は疲れたので臘梅の写真を2枚を掲示します、平成最後の年末
皆様良い年でしたか?平凡が一番ですね。
Dsc03319_8
臘梅が良い香りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンキイチョウ

Dsc03313_2
昨日風が無く日光が当たる窪地にモンキイチョウが2羽休んで居るのを見つける、
1羽は舞い上がりあちらこちらに、12月末に蝶が舞うなんて
Dsc03315
マリンゴールドの花も咲いている所にも舞い降りる、寒さがすぐそこに来て居るのかな
今日はゴボウ堀である、地面が凍らないまでに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倒木

Dsc03316_2
久しぶりに山に入るが台風の被害で倒木が山道も進めない、
知人の清作がチエンソーで倒木を切り進む。
Dsc03318_2   Dsc03317_2
台風の風は通常の風と違い向きと強さが違う、でも台風の風は
ほとんど決まった山の木を倒すのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬らしく

Dsc03311_2
ゴボウの葉が地面にベットと広がった、寒さが来て霜にあたり冬らしいゴボウの
状態になった、収穫を行なわなくてはならないが。
Dsc03312
少しづつ掘ってきたがそろそろ全部収穫の準備をして保存をしなくては
ならないが、体調と相談である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤富士

Dsc03303
病院から見た夕日に染められた富士山である、退院から3日目何とか
動ける状態である。
Dsc03304
今日は雨で散歩も出来ない良い骨休みとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イノシシ

Dsc03309_2
イノシシ撃退用の電気柵のバッテリーがなくなる、バッテリー寿命が1ヶ月しか
持たないのである。
Dsc03310_2   Dsc03308_2
バッテリーは知人から借りた物である、そろそろ新しいバッテリーを購入を
考えなければならない、今日の仕事も簡単な作業で済ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜

Dsc03305_2
退院後さっそく畑で大根の収穫、まだ大きくなくて丁度食べ頃である
畑にはイノシシとシカの浸入が無く一安心。
Dsc03306_4   Dsc03307_2
チンゲンサイ、春菊を知人4人におすそわけ、軽い作業から始めるが
重労働のゴボウ堀を早く行なわなくてはならないがどうしようか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

窓から

Dsc03298_2
病院から見える富士山が綺麗で入院患者さんは窓越しに癒やされる、
窓際に立ってはボーと眺める人が
Dsc03295_3   Dsc03296_2
3日間夜明けの富士山と夕焼けの富士山が見られた掛川中東遠医療センター
であった、今日の午後2時の退院であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百合根

Dsc03291
ブルーベリーの草取り中に山百合の根を掘る、こぶし大の大きさで有る
今年は百合根が2個になったのである。
Dsc03290_3   Dsc03292
新しい鉢に植え替えることにして、土は少し痩せて山土を鉢に
来春に芽を出してくれるだろうか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサギマダラ

Dsc03100_2
今年最後になるのかなアサギマダラ、元気に山の奥で越冬して
来春に姿を現して欲しいが?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寂しい

Dsc03286_2
紅葉も落葉して山の色は寂しくなって来た、今日はハイカー10人ほどが
粟ヶ岳から歩いて下ってきた、倉真温泉に13時頃に着いたのか?
今日の作業はブールーベリー内の草取りを仕事が進まない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dsc03283_2
冬の寒さがやってきた、外気温昼10度である、ブルーベリーの草取り中
花が咲いているのを見つける、毎年冬にも花を付ける。
Dsc03284_2   Dsc03285_2
草取りも体調不良で遅れ遅れである、寒くて日光が差している時間だけ
遅く始めて早く終る、作業効率は悪いが無理は禁物である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バリカン

Dsc03280
Y電気店に行きヘアーバリカンを購入した、置いてある商品の中でも上
であるが使い心地は分らないが、
Dsc03281_2   Dsc03279
10年使ってきたバリカンは切れなくなって新調したのだが、
古いバリカンはオオソドックスで使いやすかったのだ、
シンプルざベストかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジバチ

Dsc03276
畑のゴボウにジバチが2匹止まっている、どうして止まって居るかと
見るが葉の上でくるくる回りながら居る、
Dsc03277   Dsc03275
ゴボウ葉の裏側にはアブラムシがいっぱいで黒いがアブラムシの
所には行かないアブラムシを食べしアブラムシから出る液体を舐める
様子も無い、蜂なので蜜はなめるであろうが、
Dsc03278_2
蜂の子は耳の病に効くと聞いたことがあるが、これはガセネタかな?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬はまだ

Dsc03274
山は紅葉が落ち始めたが畑のジャガイモは葉がまだ霜で枯れていない、
今年の冬はどうなるのでしょうね?
Dsc03252_3   Dsc03273
マリンゴールドも満開で種が採れない、柿の木は葉がすべて落葉した
寒くなるのか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

椎茸

Dsc03271
椎茸が又で始めた、暖かさと雨が幸いして大きくなり始めたが
暖かすぎて開くのが早すぎである。
Dsc03272_3   Dsc03270
今度は椎茸の数は少ないので丁度良い数か?冬の寒さが来れば大きくならない、
原木椎茸は厚みが有り香りが良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手伝い

Dsc03253_2
知人のSさんのショウガを保管をすることに、スチロールに2㎏かな
ただ保存しても良いが来春に釜を開けたら腐っていると大変である。
Dsc03254_4   Dsc03255_2
昨年は保存出来たが今年はどうなるか?来年が楽しみであるが
熊さんのショウガを分けてあげればなんとかなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高

Dsc03269
紅葉が最高潮である、赤でも特別な赤と言いか朱色である、この色の
紅葉は他には無い色に変わった。
Dsc03268_2
場所が変われば落下が激しい落ち葉でいっぱいである。 
Dsc03267    Dsc03266

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサギマダラ

Dsc03263
アサギマダラが毎日畑にやってくる、今日は久しぶりに動きが鈍い
気温が15度で日差しが差しているのでそれ以上暖かいかも?
Dsc03257_2   Dsc03256
何をやっているか分らないアサギマダラ近寄っても逃げないので
指で羽根を挟む草の夜露をなめている、
Dsc03258_2   Dsc03262
放してあげると元気よく風の無い林の中に舞って行く、冬眠まではまだまだ
どこで冬眠するのやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »