« 救命 | トップページ | ツツジの挿し木 »

危険極まりない

昨日は自治会の川土手刈りが行なわれた、10m以上離れて

草刈を行なう指示が挨拶で行なわれず、作業場所の指示だけである、作業場所も違う、

3年前までは家業心得で危険であるから離れて作業を行なう指示が出ていた、

昨日は10m無いに5人が入り草刈機作業を、熊さんは危険だから作業は混み合う所は

避けて見て居たが、役員が刈り残りの所に行って草刈をしてくれと指示があった

当然皆で出かけて、密な草刈を行なっていた、熊さんは遠い所で見て居たが、

自治会の役員は資料の中に作業心得が有るのに見て居ないのかと疑問に思うし

何十年も作業をしていても役員が前の事を見聞きしていない事なのか?

自治会会長を引退して3年になるが、口幅ったいことを言えば直ぐに嫌な顔をされる

今の世は個人主義なのか、鈍感なのか、人間性なのか、良く分らない、

自治会運営には口を出したくないが、口出ししないと駄目だなと思った次第である。

たとえ無視されようと、YES、NOは発言する事に。

つたない文で申し分けない無いです、学生の頃は通信簿はアヒルさんでした。

 

|

« 救命 | トップページ | ツツジの挿し木 »

熊さんの遊び場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 救命 | トップページ | ツツジの挿し木 »