« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

ヘリがうるさい

Pc310333

墜落したヘリを確認するヘリが9時頃から現れた、3機くらいで

熊さんの遊び場から見える山に、昨日ほどの風は無いが今日も冷たい風が強い

Pc310332

県道81号を金谷に行き大代郵便局から右に山に入った所みたいであるが

県道からは見れない、操縦士の方はお気の毒な事でした。

| | | コメント (0)

雨が降ったが

Pc300329

夜から10時迄雨が降ったが川の水は濁りも無い、水が増えていないのだ

今年は晴れと雨が交互にに続き作物には良くない結果である。

Pc300330 Pc300331

遊びから10㎞の辺りでヘリが墜落したとの報道明日見に行こうかな?

今日大代に午前中行ったのだが午前中でよかった、午後だったら

交通規制が掛かっていた。

| | | コメント (0)

竹ノコはどこだ

Pc290328

竹林に竹の管理に出かける、イノシシは侵入していないが

油断出来ない状態である、川岸にはイノシシの足跡と

大きな石を動かして沢カニを探した形跡がある。

竹林の竹を間引く仕事が遅れているが少しずつ行なう予定である。

| | | コメント (0)

雨が降ったけれど

Pc280326

昨夜から雨が降ったが、お湿り程度で川の水が濁りもしない

水が足りない。

Pc280325 Pc280327

11時頃までパラパラして終ってしまった、畑仕事も出来ない

石畑の鈴木茶舗に行き預かっていただいたお茶を受け取りに行く。

| | | コメント (0)

カラカラになる

Pc270324

雨が無くセッコクの根が柿の木から離れて落ちてきた、

柿の木にヤドリギとして付けてあるからひどい。

Pc270323

明日が雨との予報だが雲行きはどうなるのか?。

| | | コメント (0)

今年もお世話になりました

Dsc05338_20201226200001

今年もあとわずか、いろんな人にお世話になった

一年はあっと間に終る、70歳過ぎて後何年人生があるだろうか、

コロナで危機は一段と高まる、でも前を向かなくてはいけない、

趣味と生き甲斐をいつまで追い求めなければと思う今日この頃だ。

 

| | | コメント (0)

今日の富士山は雪無し

Pc250334

久しぶりに富士山を見に富士市に行く、雪が無く残念であったが

雄大さは変わり無い、存在感は半端ない。

Pc250329 Pc250330

田子の浦港から車で東名高速インターに、直ぐに富士川さあ-ビスエリアに

人はコロナの影響で少ない、皆さんしっかりと自粛している。

Pc250332 Pc250335

久しぶりの休みであった?。

| | | コメント (0)

鬼女欄そのご

Pc240324

鬼女欄は萎れが進んで居るかたわら蕾も見られる、

昨年と同じで小さな蕾である。

Pc240325 Pc240326

蔓は葉を沢山付けたままで、青木の木などの低木に巻き付いている。

Pc240323

| | | コメント (0)

火災が多い時期

Pc230416

熊さんの遊び場回りの木を切り、例年は野焼きで片づけていたが

雨が無く乾燥が続いているのでドラム缶の釜で焼却している。

Pc230417 Pc230415

生の木は燃えなく苦労をしている、種火をしっかり作り

生木を入れれば良く燃えるのである。

| | | コメント (0)

骨酒忘年会

Pc220409

昨日から忘年会の準備で今日午前中も、里芋の煮物は昨日から

Pc220410 Pc220413

今日の午前中は、かぶの漬け物、伊勢芋のトロロ、大根おろしで

Pc220412 Pc220411

友人Iさんがイワナ、鮎の焼き物で昼から飲み始め終わりが17時まで

本年まで良く元気で過ごしたことから、政治、コロナ、芸能まで魚のつまみである。

Pc220408

| | | コメント (0)

山百合堀

Pc210406

山百合の根をを掘る、茎は茶色で葉も茶色でまだ枯れ木にはなっていない

今が掘り頃なのか?

Pc210402 Pc210404

百合根はブルーベリーの畑の中である、堀ると小さな球根が出て来た

5㎜でその下に大きな球根が出て来た、鱗片が欠けるがかまわず堀る

Pc210403 Pc210407

球根が5個塊であるある、掘り出してモミガラの中に保存、小さな物は

畑のすみに植えて大きくなるのを待つことにした、来年いくつの花が付くか?。

| | | コメント (0)

冷凍ブルーベリージュース

Pc200399

冷凍庫のブルーベリーをジュースにして飲んでいるが収穫から

4ヶ月目で少しスポンジ状になって来た、-20度であるなら良いのか。

Pc200396 Pc200397

ミキサーで砕けば何とも無く美味しく飲める、なりよりも目がショボショボしない

そして便が順調に出、下痢も止まる、自分だけかも。

Pc200398

毎日100gを飲み干す。

| | | コメント (0)

鬼女欄2と藤袴

Pc180392

倉真松葉上県道81号沿いの鬼女欄は昨日2個種が出てしまったが、

数日前に種が出た熊さんの遊び場、鬼女欄のその後であるが

Pc180391 Pc180394

アケビのような感じで蔓に付いている、フジバカマの種もほぼ種が出た。

Pc180393

種をSさんがほとんど持ち帰りほとんど無くなる、

今年はフジバカマも少ない年であった。

 

| | | コメント (0)

県道脇の鬼女欄

Pc180382

県道81号脇、鬼女欄2個を見に行く、片方は種が無くなっていた。

Pc180378 Pc180388

もう1個は実がビッシリである、手を伸ばして種を間近に引き寄せる、

Pc180386 Pc180377 

手が離れて種が一気に放出され1個だけ残る。

Pc180376

下に落ちた種は崖で拾えないのでそのままに、風であちらこちらに

飛んで行き、芽が沢山出そうである。

| | | コメント (0)

夜雪が降る 熊

Pc170391

夜に内に雪が積もる、ほんの少しである野菜の葉の上が白くなる。

Pc170389 Pc170388

ブルーベリーの根元にも、昨年は雪が積もることは無かったが、

Pc170387 Pc170390

屋根も白く玄関の温度計も-3度昼は5度で寒い日でした。

| | | コメント (0)

氷りの芸術 薮の熊

Pc160381

寒い朝で初氷が張り貯水槽に落ちた紅葉が氷りに閉じ込められている。

風花も舞う一日で最高気温4度で寒い日である

Pc160382 Pc160380

夕方には雲が下側が赤く染まり不気味に感じた、大雪で大変な地域もあるが、

助け合うコミニテーで乗り切って下さい。

Pc160386

雪下ろしの事故にはくれぐれも気を付けて下さい。

| | | コメント (0)

空き家

Pc140374

ミツバチの巣箱も冬になり蜂は見られない、越冬はさせなかったみたいである。

毎年春には蜂が入るから秋に密を全部収穫しているかも?。

Pc140377 Pc140375

寒桜は満開である、花が一重で見栄えははいまいち、熊さんの巣箱には来春

蜂が入ると良いのだが、春の楽しみが又一つ増えた。

Pc140376

| | | コメント (0)

最後の鬼女欄種

Pc140370

風が強い今日は鬼女欄の種が舞い出て残りは2粒である、

明日には無くなる、下を見るとあちらこちらに綿毛の付いた種が、

Pc140372 Pc140371

明日見て種が落ちているようなら、土の中に埋めてあげよう。

| | | コメント (1)

クチナシの収穫

Pc130369

もみじ下にあるクチナシが赤く色付く、ほかって置いても鳥にに食べられるので

収穫して乾かすことに、

Pc130368 Pc130367

大根の甘酢漬けに入れ、色を付けるのに使用する。

| | | コメント (0)

鬼女欄種もうすぐ

Pc120366

鬼女欄の種が舞って少なくなる、中心の白い芯が毛になり少なくなる、

なん日かは、残っているだろうが、

Pc120365 Pc120364

朝にはオーキングの団体が倉真温泉から登り始めた。

| | | コメント (0)

ブルーベリー紅葉

Pc110359

ブルーベリーの紅葉も峠を通り過ぎ落葉が進み始めた。

Pc110361 Pc110363

花が咲いたブルーベリーもあるが、無料コーナーの柚子がやっと無くなりそうだ。

今日は鬼女欄を見に青田の典雄さんと秋葉路さんが訪れる、楠さんも来て

午前中は大忙しだった。

| | | コメント (0)

羽根を乾かすアサギマダラ

Pc100379

今朝9時半頃に日当たりの良い草の上にアサギマダラが止まっている、

めったに見たことが無い寒い時間帯である。

Pc100378 Pc100377

数秒で止まったり動いたりである近寄ったが、羽根が重たいのか動きが悪い、

近くに寄っても逃げないが、日差しが強くなったら舞っていなくなった。

Pc100376 Pc090373

モンキイ蝶はまだ元気に舞っているがそろそろ暖かい所に隠れる、

アサギマダラも暖かい所に入り混むのかな?。

| | | コメント (0)

撮影

Pc080358

鬼女欄の種が飛び始めたのでSさんに連絡、磐田から松葉までやって来た、

Pc080369 Pc080357

午前中に連絡しようか悩んだが、午後見た所、地面に種が15個も

落ちていたので急ぎ連絡した、8個拾い持ち帰ったのである。

Pc080370_20201209192601 Pc080367

 

| | | コメント (0)

悩んだ末の

Pc080361

悩んだ末にオリ-ブを購入しました、実を付けたオリ-ブを見つけたからです。

リンゴも植えてみたいとも思いましたが、

Pc080359 Pc080360

根が付くかわからないが挑戦です、買うことをチュウチョしていたところ

上品なマダムがオリーブを8本を栽培しているとの事で、色々教えて頂いた、

見に行く約束をして電話番号を教えて貰ったが、事もあろうに番号を消してしまい

約束が果たせなくなってしまった。

Pc080364 Pc080363

赤と白の南天が実っているが直ぐに小鳥が食べてしまうので正月飾りに使用出来ない。

| | | コメント (0)

道路際の鬼女欄

Pc070351

県道81号道路際にある鬼女欄の種を見に行く、萎れが激しく種が茶で沢山見える

風がでれば直ぐに舞って行きそうである。

Pc070354 Pc070353

割れた真ん中の白いところが綿毛の白い所で折りたたんでいる、

白い綿毛が出て来て茶色の種が出てくる仕掛けである。

Pc070352

| | | コメント (0)

山百合種で桃源郷の夢

Pc050347-1

山百合種を収穫して県道81号沿いの土手に植える予定である、

花が付くまでに5年は掛かるでしょう、それまで自分が生きているかな?

Pc050343 Pc050348

種は8分目まである、ビニールに入れ春に蒔こう、イノシシとシカに食べなければ良いが、

何年か続けているがまだ茎も出てこない、桃源郷はまだまだ。

| | | コメント (0)

一瞬の間にアサギマダラ

Pc020321_20201205201501

朝は曇りで寒いのでアサギマダラは見えなかったが12時になり日が差し

暖かくなったら、1頭舞ったが直ぐに見失う、

Pc050345 Pc050342

鬼女欄の近くにいるかと見に行くが飛んでいない、日差しが無いのである

畑に行くと川向こうの日当たりに1頭舞っているこれも動きは一瞬である。

Pc050340

| | | コメント (0)

なぜ今頃

Pc050337

ピンクのサツキ花が2輪咲く、狂い咲きである、他にも八重ヤマブキも

Pc050338 Pc050339

午後からは、かみさんの軽自動車を見に行く、いわゆるサポートカーである、

70代になり少しでも安全運転を願って替え替えを考えている。

Pc050351 Pc050350

| | | コメント (0)

乾くかな

Pc030332

キジョランの種が少しずつ飛んでいるみたいである、

羽根の下にある茶色の種がなくなっている、飛ぶところはまだ見られない。

Pc040335 Pc040336

次郎柿とサツマ芋紅アズマと紫芋の干し芋を乾かしている、雨が無いので乾いて来たが、

乾燥させるには低湿度、風が欲しいが一寸無理かな?

Pc040333 Pc040334

柿の皮も干して使用するつもりだが、最後の乾燥はどうするか?。

| | | コメント (0)

遅れた紅葉

Pc030330

やっと赤く紅葉が始まった、毎年綺麗な紅葉になるが今年は

まだ本来の紅葉ではない。

Pc030331 Pc030329

銀杏の木も黄色になった木や葉が落ちた木、場所により極端である。

| | | コメント (0)

2頭のアサギマダラが絡み合う

Pc020321

2頭のアサギマダラ暖かくなった10時過ぎに舞った、

2頭が一緒に絡み合うのはめったにない

Pc020319 Pc020322

木の葉に止まったので近寄ると逃げない、よく見ると羽根が痛んでいる、

越冬出来るのか?、12月20日迄は舞うかな

Pc020320

来春には松葉で羽化したアサギマダラが元気よく舞う。

 

 

| | | コメント (0)

鬼女欄種が舞った

Pc020323

昨日は磐田から鬼女欄を写真撮影にやって来てくれた、

プログを見て頂ければ変化が分ると教えたが見てくれたのかな?

Pc020326 Pc020325

今日は山の中に入り観察した、なんと苗と、種が5個集中して落下していた。

Pc020327

| | | コメント (0)

火災の煙

Pc010315

8時頃に火災の広報無線がある、方角の方向には煙が

11時に鎮火の無線、火災の発生が多い季節である。

Pb290306_20201201192201 Pb190251

鬼女欄とアサギマダラ

| | | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »