« 木の上から | トップページ | 薪木伐採 »

鬼女欄その後

Pb190250_20210204195201

鬼女欄その後は種が一段としなくれた状態である、

まだ種の殻はツルに付いたままである、

P2040326 P2040330

鬼女欄の花はまだまだ変化無い、葉は寒さで丸まっている、

アサギマダラの幼虫は小さな幼虫が丸まった中に入ったままである。

P2040329 P2040328

鬼女欄谷の大きな幼虫は消えたままである、鳥に食べられたかな?

なにか考えなければならないかな?

| |

« 木の上から | トップページ | 薪木伐採 »

鬼女蘭」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
いつも更新されるたびに拝読させていただいて
おります。
アサギマダラは、はるか南方に移動するものと
ばかり思っていましたが、国内で、冬越しする
のもいるのですね。

なお、余計なことですが、鬼女欄ではなくて、
鬼女”蘭”ですよね。

投稿: しらこばと | 2021年2月 4日 (木) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木の上から | トップページ | 薪木伐採 »