« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月

激変

Pa310769

アサギマダラ幼虫が食欲旺盛で、鬼女蘭の葉を食べること食べる事

葉の三分の一を1日で、今年は蝶にならないがどうなるのか?

Dsc02500-1_20211031194201

激変して綺麗な蝶に変わる、イモムシ状態の幼虫である。

| | | コメント (0)

ヒヨドリ花

Pa280767_20211030193101

ヒヨドリ花が枯れて綿毛が舞いそうである、

フジバカマはヒヨドリ属でよく似ている、葉が切れている物がフジバカマである、

Pa280766_20211030193101

アサギマダラがヒヨドリ花には蜜を吸いに来ない、蜜が無いのか?

Pa260742_20211030193101

フジバカマにはミツバチも蝶もやって来る、フジバカマが増えると良いが

病気で根が駄目になり枯れるようだ。

| | | コメント (0)

紅葉

Pa290773

山は紅葉している様に見えるが、夕日があたり黄金色である、

ケヤキが少し変わった程度である、

Pa290774

紅葉はまだ下には降りてこない。

| | | コメント (0)

種落下

Pa260747-1

道上のあった鬼女蘭の種が落ちている、中は腐り種が無い

アサギマダラが産卵するツル科の植物である、

Pa260742_20211028193001

産卵は10月の中頃には、幼虫を確認した、

鬼女蘭の葉の裏には3匹の幼虫、

Pa260745

これで鬼女蘭の種は確認できる種が無くなった、残念。

| | | コメント (0)

見頃

Pa270760

雑草の中のマリーゴールドが満開である、フジバカマも満開

ヒヨドリ花は種になりもうすぐ舞い散る、

Pa270761

野菊も草に囲まれ、花は一輪

Pa270758

アサギマダラはフジバカマの切り花に来たが、

マークは入って居ない、春にマーキングした蝶は

未だ見つけていない。

| | | コメント (0)

朝から舞う

Pa260742

8時30分にこんにゃく亭で撮影したアサギマダラ、

マークが入った蝶を見つけたいのですがなかなか見えない。

Pa260743

雨露が有るが、気温が上昇し始めると舞い始める。

Pa260744

17度でしたら舞う、但し風が有れば少ない、

今日も大勢の見学者で賑わう。

| | | コメント (1)

火入れ

Pa250739

我慢できなくて薪ストーブに火を入れる、乾燥していないので

火の付が悪い、

Pa250740

銀杏も沢山あるので早速鬼皮を割り、火の中に

Pa250741

まだ火力は弱くても良いので蒔は少なくて済んだ。

| | | コメント (0)

鬼女蘭

Dsc05665

Fさんがアサギマダラ幼虫を見に来たので一緒に

案内がてら歩く、

Dsc05661

蝶にも関心がありが、幼虫も

産卵は見慣れないが、最初から大きく成長するまで観察したいと、

Dsc05660

昨日見つけたところに行くと又々変化が、

別の鬼女蘭にも幼虫もいて、3人で興奮でした。

| | | コメント (0)

早くも産卵

Dsc05654

アサギマダラの幼虫の産卵の目印の鬼女蘭葉を見つけ、

鬼女蘭谷を探索、

Dsc05651

あちらこちらの鬼女蘭見る、穴は有るが昨年の穴だ

昨年幼虫が居た葉の所を覗くと居た、

Dsc05653

はっきりと模様が有り、1㎝位の幼虫が居る、最初である

幼虫がそのまま成長するのか、またチエックが忙しくなる。

Dsc05652

 

| | | コメント (0)

鬼女蘭谷

Dsc05648

鬼女蘭谷の鬼女蘭を覗きに行くと早くも変化が

鬼女蘭の葉に丸い印が付いている、アサギマダラが

産卵を行なった印である、何日かすると幼虫が見慣れるはず。

Dsc05646

花も咲いて居る鬼女蘭も有る、

Dsc05647

葉の裏に黒い物が付いているので見るが、アサギマダラの幼虫ではない、

Dsc05645

 

| | | コメント (0)

朝のこんにゃく亭

13時のアサギマダラ、気温が低く雨の予報だが、

カメラマンは今日も居る、皆さん蝶に見せられたかな?

Dsc05636

丸太小屋の中のテレビのビデオが直っていて、

説明が簡素化出来る。

Dsc05637

明日は晴れて気温が上がる、絶好の見学日和か。

Dsc05635

今日のアサギマダラは少なかった。

| | | コメント (0)

しぶ柿

Dsc05633

山の中で寒い、アサギマダラが昼の日差しが有るとき5分程度みた、

とても渋くて食べられないしぶ柿、そろそろ収穫しないとカラスに食べられる

Dsc05634

柿にカラスが咥えた跡がが見られる、早い者勝ちだ。

| | | コメント (0)

こんにゃく亭

Dsc05631

朝からこんにゃく亭に出かけてみる、8時半からもう20人は居る、

野菜を持って来てとの要請

Dsc05628

牛蒡、里芋、生姜と根菜掘りは一番重労働である、

Dsc05629 

販売しながら、知っている事の説明も行い14時に引き上げる、

人が絶え間なく訪れて賑やかこんにゃく亭であった。

 

| | | コメント (0)

最後の動き

Dsc05621

ここ数日ミツバチが最後の蜜を集めにあちらこちらに見られる、

分蜂では無い、黄色スズメバチもやってきている。

Dsc05622

秋は蜂の動きが活発である、被害に遭う化膿性がおおきい、

Dsc05620

樫の木やコナラの葉に付くイモムシも木から落ちて道路に、

アサギマダラも山の中で飛んでいる。

 

| | | コメント (0)

美味しくなーれ

Dsc05607

新生姜の甘酢漬けやっと1ビンが終了した、

Dsc05605_20211018195501

畑に行き生姜を掘り、水と亀の子タワシで洗いここまでで

1時間、まだこれから割り箸で擦り、3.5㎏洗う、

Dsc05606

切る時間はも慣れない手つきで時間が1時間、

水で5回もみ洗いして、熱湯をかけて、冷めてからビン詰め

ラッキョ酢を入れて、作業終了後は2週間待ち出来上がり、

辛さが抜けると良いが?。

Dsc05607

| | | コメント (0)

ズガニ今年も川の中

Dsc05615

雨が降ったり止んだりの秋のうらさみし、

人恋しいくなる、

P5270627_20211017194501

小雨の中アサギマダラが木立の中を1頭まっていた、

畑を見に行く途中の出来事 

Dsc05614

川の中のを見ればズガニが見られた。

 

| | | コメント (0)

こんにゃく亭

Dsc05602

倉真終点バス停にあるこんにゃく亭のフジバカマに100頭近くの

アサギマダラが見られる、朝8時30分にはカメラを持った人が大勢

Dsc05604

沢山のアサギマダラで蒔の木にまで止まっている

Dsc05601

今日はテレビ局の撮影があるとのことである、

時間は分らないが、外なのに皆さんマスクを付けての見学である、

Dsc05600

看板も大きく掲げられて、蝶にはマーキングの印しが見れないとの事である。

| | | コメント (0)

うまくいかない

Dsc05590

無人市に銀杏を並べたが、毎度のことで誰も購入しない、

人が通らないので当然である。

Dsc05588

今日は鬼女蘭苗を置いてみた、売れなくてもアサギマダラが

卵を産み付けてくれるかも、毎日アサギマダラが遣ってく、

Dsc05594

山茶花が1輪花が咲いた、寒さがもうすぐそこまで来ている。

| | | コメント (0)

燻炭作り1回目

 

Dsc05555_20211014195301

涼しくなって来たのでモミガラを焼いて燻炭を作り、

Dsc05553_20211014195201

ドラム缶で作るが、失敗が多い今回は少し焼けていないところも、

Dsc05554_20211014195301

2回目は煙が青くなった、中は灰になり燻炭はバケツ1杯だけでした。

| | | コメント (0)

撮れたカワガラス

Dsc05578

初めてカワガラスを写真に収めることが出来た、ピンぼけだけど

10年前からいや60年前からカワガラスは居たが、

Dsc05585

畑横の川である

Dsc05575

1羽だけでクチュクチュウ鳴いている。

| | | コメント (0)

一休み

Dsc05544

今年初めて熊さんの遊び場の軒先にアサギマダラが1頭やってきたが

マークは入って居ない

Dsc05549

11時半頃から2時間位軒先に、熊さんが動くと居場所を替えてあちらこちらに、

Dsc05531

時には帽子の上や、顔にまで、

Dsc05530

鬼女蘭のある山の方向に舞っていった。

| | | コメント (0)

すばしっこい

Dsc05520

アサギマダラが3頭見つけたが、気温25度では直ぐに

涼しい山の中に

Dsc05521

最初は9時半頃川の上側の風の無いところで

Dsc05523

2頭、3頭目は13時頃に道上を舞っていて直ぐに

林の中に、もう少し気温が低下すれば、家の軒に来る。

 

| | | コメント (0)

鬼女蘭谷

Dsc05516_20211010184701

アサギマダラを探して鬼女蘭谷へ、前から見つけていた種が

Dsc05517_20211010184701

高い所に1個だけ、早くも割れた様な感じが見える

色も緑から黄色に変化

Dsc05515_20211010184701

ツルは垂れ下がり車に触るほどである。

| | | コメント (0)

アケビの実

Dsc05514

鬼女蘭を探しに出かける、鬼女蘭谷であるが最初に目に入った物は

アケビの実である、鬼女蘭は有るはずだが

Dsc05513

アケビは鳥の好物なので直ぐに無くなるだろう。

| | | コメント (0)

舞うアサギマダラ

Dsc05501

倉真バス停終点の脇にあるコンニャク亭にアサギマダラが舞っている、

フジバカマが咲き始め、涼しい時間にやってきている。

Dsc05503

フジバカマも手入れされ、10/5からアサギマダラがやってきている。

Dsc05499

カメラマンも朝8時30分頃から来てシャッターをきっている。

Dsc05502

まだ元気なアサギマダラなかなか花に止まらない。

| | | コメント (0)

まだだね

Pa050725

里芋を掘ってみたがまだ小さい、美味しさは絶品です

子供の頃に他地区に遊びに行くと、松葉の芋食い屁ばっかして

ろくな事しゃーへんと言われ事を思い出す。

Pa050726

いよいよ土掘りが大変になり、来年は植え付けを少なくする予定である。

| | | コメント (0)

初来客

Pa050723

13時頃に吉田のFさんがオートバイで熊さんの遊び場に

オートバイの音で気がついた、

Pa050722

ブルーベリーを栽培していて、熊さんのブルーベリーが気になり

寄ったみたいである、2人でブルーベリー栽培談義に花が咲いた。

Pa050724

熊さんの冷凍ブルーベリーの味見をして頂いたが、美味しいとの事

今後も情報を交換を約束して1時間で分かれる。

| | | コメント (0)

赤い種

Pa030720

畑にはゴーヤがまだ残っている居るが熟れて実が真っ赤である、

Pa030721

落ちて地面に、そして来年には芽を出すのである、今年のゴーヤも実生である、

Pa030719

まだ食べられそうであるが、硬くて食べられ無いか?

茶に薄く切り干せば飲めるかも?。

| | | コメント (0)

復活

P9300718_20211001194701

挿し木したフジバカマ一時、茎から出た葉が枯れたが

また葉が出て来た、このまま成長が続けば良いが

P9300717_20211001194701

挿し木で増やすことが確認出来たのでもう少し増やそう。

 

| | | コメント (0)

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »