カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

こんにゃく亭022.4/30

P4301443

雨でフジバカマが伸びてきた、恵みの雨である、

P4301440

フジバカマ畑の通路の部分に防草シートを張り終えた、

詳しくは(こんにゃく亭フェイスブック)にあり

P4301442

まだ干支のトラは健在である。

コンニャク芋からコンニャクを作る

P4251390_20220429195701

久しぶりにコンニャクを作る、手間が掛るので

遠慮がちだったが、

P4241387

雨降り仕事で、竹の子が裏年で少ないので、

薪が余りそうなので作る、

P4241389

皮は全部捨てる、厚く皮剥きして中の白い所だけで、

P4241388

芋をスルのがミキサーで行なったので、そこは簡単に、

P4251390

一晩アクと混ぜて置き、次の日に煮る、3回煮ないと

アクが取れない、手間の掛る仕事である。

アサギマダラサナギに変化

P4291428

アサギマダラサナギに変化が、サナギの下に金に色の点が

今までいくつかのサナギを見たが必ず出る、

P4291427

雨で気温が下がっているので直ぐには蝶にはならない、

P4291429

やはり1個のサナギだけで有る、今日も葉の裏を

探したが他には見つからない、

P4291431

蜜源の一つであるカマツカの花も咲き始め、クロアゲハも

やってきている、待ち遠しいが

P4291433

アサギマダラが舞う迄には1ヶ月を切った、

保護したアサギマダラサナギが蝶になれば、

山のアサギマダラが出てくるだろう。

ツツジ散りクマガイソウ萎む

P4281418

ツツジが散り始め木の下には赤い花びらが引き詰められている、

P4281420

クマガイソウはピンクの膨らみが萎み、

黒く変化し、萎んで縮む、

P4281419

まだ咲いて居るのがシャガである、次に咲く花は何かな、

やはりウツギの花か、それともヤマボウシかな?

P4281421

忘れていたセッコクが咲き良い香りする。

定期検診

P4271414

定期検診で泌尿科に行く6ヶ月ぶりに、

駐車場は空いていたが、帰りには一杯でした、

P4271412

尿の検査、血液検査を済ませ医師との面談⒏時15分に付き

9時40分は終わる、

P4271413 

2年前と比べ診察もスムーズになったが、中身は分らない?

P4271416

モリアオガエルが1個目の産卵を柿の木に、

P4271417

今年も15,6個は産卵が有るだろう、カラスに

卵を食べられないで、オタマジャクシになれば良いが。

 

アサギマダラ幼虫サナギに

P4261402

今朝にアサギマダラ幼虫がサナギに変わりました、

P4251392_20220426195001

昨日は幼虫で余り大きく無かったが逃げ出すことが無く

サナギに、

P4261403

サナギは小さいので蝶になっても小さいだろう、

20匹位は保護したが1匹だけのサナギである、

P4261401

今度は蝶になるのを楽しみにこのまま保護する、

自然の山の中で蝶になれば蜜の花が咲く頃と

重なり子孫繁栄となるだろう。

 

 

シマフジバカマ花芽付く

P4251397

やっとシマフジバカマに花芽が付いた、やはりシマフジバカマは

暖かい所で育つだけあり気温が上がらないといけない、

P4251398 

一鉢だけで他の鉢は花芽が無い、まだこれから花芽が付くかも、

P4251400

一鉢は葉が病気かも、赤カビ病みたいな感じだが、

1年目の栽培では分らない事ばかりである、

P4251399

秋に花が付くフジバカマは順調に成長しているが、

水分と日照時間が多くないと駄目の様である、

管理が面倒かも。

アサギマダラ幼虫吊下がる

P4251392

保護したアサギマダラの幼虫最後の1匹となる、

昨日は2匹居たのだが、

P4251395

大きな鬼女蘭の葉の裏に1匹だけ吊下がる、でもサナギにはならないかも、

P4251391

居心地が悪い?、この幼虫だともう一度脱皮するはずだが、

このまま脱皮だとまた居なくなる可能性大である。

 

ウコギでは無かった

P4241383

山斜面にある花がウコギかと思ったが違った、

早くも散っていたが、ウコギに似て居た、

P4241382

花が小さい、雨の中の撮影でピンボケばかりになってしまった、

P4241385

もうすぐウコギが咲き始めアサギマダラが見られる。

ブルーベリー実が

P4221362

ブルーベリー実が見えてきた、花が咲きハナバチ来た

花の落下と同時に実が見えてきた、

P4221363

実は星形が見える、膨らんでは居ないのでまだ結実するかは分らない、

例年は、ほとんど受粉して摘果が必要であるので、収穫が待ち遠しい。

保護したアサギマダラの幼虫脱出だ

P4231380

アサギマダラの幼虫大きくなって来て、

鬼女蘭葉をもりもり食べて元気になる、

P4231379

サナギになる前に保護地から居なくなりそうで有る、

外に出ればヒヨドリに食べられてしまうが出るだろう、

Dsc02503_20220424082501

バイカウコギが咲くのはもうすぐ、一部咲いているところも、

蜜源が咲けばアサギマダラが舞う日も近い、近日中に報告出来るかも?。

 

 

 

掛川倉真こんにゃく亭の今日

P4231378

晴れ間の今日は粟ヶ岳までのハイキングの車で賑やかでした、

P4231377

団体で松葉の滝へ向かう人達を車で追い越した、

P4231375

フジバカマも大夫成長した。

フジバカマ

P4221365

フジバカマを山に地植えし芽が少しずつ生長している、

P4221364

肥料も土壌消毒も無しである、

元々ここにはヒヨドリ花があり成長はフジバカマより良い

P4221366

ヒヨドリ花はフジバカマにそっくりだが、アサギマダラ蝶は来ない

P4221369

鉢植えのフジバカは30㎝に成長している、

P4221371

シマフジバカマはまだ花芽が付かない、

佐藤さんのシマフジバカマは花芽が付いたとの事である。

 

 

 

クロアゲハ蝶舞う

P4211352

3日前からクロアゲハ蝶が舞い始めた、

とりあえず写すが、黒では無く白っぽいアゲハ蝶である、

P4211353

普通は黒いが今日来た蝶は羽根が白い、

P4211354

アサギマダラが待ち遠しい、

P4181338

姫リンゴにはモンシロチョウが来たが、受粉して実がなるかな?。

 

クマガイソウ、ツツジ満開

P4201351

クマガイソウとツツジが満開に、地味なクマガイソウは

ピンク色で目だたない、半日陰で咲くので控えめである、

P4201350

まれにしか観る事の出来ない山野草である、

P4191349

ツツジは赤とピンクである、八重のヤマブキは満開を過ぎた、

今日は時々雨が、そしてモリアオガエルが鳴き始めた、

もうすぐ綿飴みたいな卵が木にツル下がる。

アサギマダラ幼虫大きく成長

P4181342

ここに来てアサギマダラの幼虫が大きくなった、

暖かい部屋に置けばサナギになるらしい、

P4191347

アサギマダラが舞い蜜を吸う為に、花も咲き始めた

P4181340

保護した幼虫は10匹以上だが、最終4匹でサナギに

なると良いのだが、

P4181343

鬼女蘭の葉が少し足りないかな。

P4181341

 

ミツバチ他人箱

P4091266

近くにあるミツバチの箱にミツバチが、

巣箱に来始めた、キンリョウヘンを置いて、

P4111283

キンリョウヘンを設置して2日後に花に来始める、

P4111282

4日後には沢山のミツバチが入る、

P4111281

キンリョウヘンを置いた巣箱4個に入り、

キンリョウヘンの置いていない2個にはミツバチは居ない、

キンリョウヘンが重要な割合をしめている。

 

鬼女蘭谷は工事中

P4171333

鬼女蘭谷の工事が進んで杉林が伐採された、

山の上からの落石防止対策である、

P4171337

今日も頭代の石が植えから落下し道に落ちている、

P4171331

5m上道路には鬼女蘭が垂れ下がっている、

ここは毎年種が実るところである、

P4171330

前の鬼女蘭から2m上にも垂れ下がる、

ここも種が出来るところである、

P4171329

今年は鬼女蘭谷はアサギマダラも5月から舞うところだが

今年はアサギマダラは期待は無理かも?。

 

4/16こんにゃく亭風景

P4161326

久しぶりのこんにゃく亭、フジバカマノ成長が見られる、

特に販売用のプラ容器のフジバカマは青々と成長、

P4161324

予備用のフジバカマも順調である、

P4161323

少し成長が悪いのがリングに植えたフジバカマである、

ここは風当たりが強く寒いが秋までに成長するので丁度良いかも?

P4161325

トラもはや5ヶ月余り、写真写りは健在だ。

姫リンゴ花が咲く

P4151320

植えて2年姫リンゴに花が咲いた、ピンクの可愛い花だ

富士も植えたが、花が咲く所まで成長はしていない、

P4151322

幹が生長途中であるので花は採り幹を育てなくてはならない、

P4151321

姫リンゴは実を付ける可能性はあるが、鹿の食害にあうかも、

兎は幹を囓るかも、カラスは実を食べそうだな。

焼き竹の子

P4141312

竹の子を簡単調理、薪の中に放り込んで、

焼き上がるのを待つだけ、

P4141313

やはりアルミホイルで包まなくてはいけないね、

P4111272

午前中は気温22度まで上がる、竹の子掘りで

汗が出る、ミツバチがやってきた。

色とりどり

P4141314

桜が終わっても熊さんの遊び場は色とりどり、

P4141319

ツツジと八重八重山吹である、黄色がアクセントである、

P4141317

これから咲くツツジである赤とピンクである、

P4141316

草取りを怠けているので草に負けてきた、仕事が

増えてしまい管理が行き届かない、(フジバカマ、アサギマダラ

鬼女蘭)誰か手伝ってと言いたいが、何とかなるだろう。

P4141318

ハナバチが舞い始める

P4131306

今日はハナバチがブルーベリーの花のやってきた、

P4131308

ハナバチの数は例年と比べると少ない、ヒヨドリが来て

花を啄みあちらこちらの花が食べられている、

P4131307

ミツバチはほとんど見ない、菜の花にはミツバチが時々見られる、

P4131305

蜂が来ないと受粉出来ない、今年は実りが心配だ。

訪問者

P4131304

ブルーベリー畑で散水し向の土手を見るとカモシカが

食事をしている、こちらを見る、

P4131296

20分してもまだ食事中、カモシカはダニをまき散らす、

土手に入るには重装備が必要だ、

P4131295

あまりにも長居しているので水を向けるとやっと動き出す。

野菜畑に入られては大変、追い出す。

ミヤマシロチョウかな?

P4121289

新聞で見たがミヤマシロチョウがほとんど居ないとの事

先日から見かけていた蝶がよく似て居るが、

P4121290

たぶんこれはモンシロチョウでは?

羽根が丸くない。

蕾から直ぐ咲いた

P4121287

クマガイソウがもう花が膨らんだ、今日の気温22度まで上昇、

P4121285

移植は失敗したので、今年は今有る群生地の横に

移植してみる、

P4121288

花の寿命は短くなりそうであるが、雨が少なくなれば持つかも?

P4121286

群生地を見つけるのは至難である。

保護し残った幼虫

P4071249

アサギマダラの幼虫4月11日現在3匹、

P4071250

道路際の鬼女蘭に居た幼虫12匹保護しての結果

居なくなった蜂の鬼女蘭を隅々まで見たが、

P4081262

小鳥に食べられたか?、寒いのか、日当たり悪いのか?

見当も付かない。

P4081264

ニッキの木とクマガイソウ蕾

P4021212

ニッキの木を植えました、知り合いから頂いた物です、

P4021213

山には同じような木が沢山有りますがニッキはほとんど無い、

子供の頃は皮を剥いで食べた思い出がある、

P4071247-1

クマガイソウの蕾はやっと出て来ましたが、

今日の高温23度の影響はどうなるかな?、

P4071246-1

移植は上手くいかない、ましてや鉢植えなど至難で有る。

 

クマガイソウ、山百合、桜

P4071247

クマガイソウの蕾を見つける、今年はクマガイソウが

少なく感ずる、

P4071246

P4061237

山百合も太い芽が出てきた、山に有ると猪とカモシカに

食べられる、

P4081260

小天狗岩の桜も落下盛んである、

P4061236

20度と気温が上がるが松葉薄墨桜は満開である。

 

 

山桜散り始め倉真上松葉

P4081256

天狗岩の山桜少し色が変わってきた。

P4081261

松葉薄墨桜8分咲き

P4081258

水仙

P4081254

シャガ

P4081257

 

竹の子アク抜き

P4081251

今日も竹の子掘り、今が旬ではしりである、

堀たて30分後に調理開始、

P4081252

竹の子の皮を4枚取り尻と咲きを切り、穂先に切れ目を立てに入れ、

P4081253

鍋に投入する、とにかく時間との勝負、

米ぬかと唐辛子を入れ1時間、次の日の朝取り出し、

調理終了である。

 

 

挑戦栽培

P4051230

姫リンゴが芽を出した、受粉させるための木である、

植えて1年目で芽がこんなに出るとは、

P4051231

富士は芽伸びが悪い、肥料は無いのが良いとあるが?

土壌があわないのか?、3年で実が付くと良いのだが、

P4011211

受粉にはミツバチが良いので、箱を置くがまだ早すぎである、

P4051229

オリーブの成長は無理かも?寒さで葉が伸びない、

木が縮んでしまった、これは困った。

掛川倉真こんにゃく亭フジバカマ

P4071242

こんにゃく亭の干支寅も色あせてきた、

でもこんにゃく亭の周りは桜で輝いている、

P4071243

フジバカマの販売用のポットの芽が一段と延びて来た、

P4071244

畑のフジバカマも少し芽が伸びてきた、秋までに大きくなれば、

P4071245

通路が広くなり写真も写しやすいだろう。

 

 

松葉薄墨桜咲き始める

P4061236

山の中で咲いてる桜、毎年遅く咲く桜がある

色も少し黒い花で、木も大きいが、山の雑木と竹に隠れて居る

この桜は熊さんの山の物ではないので、周りを切り目だつようには出来ない

P4061240

アケビの花も咲いて満開である、

P4061238

ブルーベリーの花が咲き始めました、

P4061241

蝶も舞い始めたが、アサギマダラは5月中旬に舞う。

山桜見頃とヤブレガサ

P4051232

天狗岩の山桜が見頃、でも花びらが山の上からヒラヒラ

舞い落ち始めた、ソメイヨシノは落下盛ん、

P4051235

知らぬ間にヤブレガサは開いて居る、

P4051234

天麩羅に揚げても美味しいとの事で、揚げてみたが味も香りも無かった、

P4051233

ここの群生地はいつも早く開くのである。

町と山

P4041223

用事があり雨の東名高速で静岡に出かける、

雨なので最低速度で、追い抜きはゼロ、

P4041224

12時には帰るがまだ雨がパラパラしている、

今日は夕方まで雨予報であるが椎茸を採らなくては、

P4041228

春椎茸は今日が最後の収穫、原木椎茸の原木がそろそろ

終わり、木がボロボロしてきた、椎茸は乾燥してこんにゃく亭で販売

乾燥が手間が掛り経費が掛り赤字であるがしょうが無い、

町と山を行き来、13時頃からは晴れ間が出て来た、山は爽快だ。

 

フジバカマが成長してきた

P4031216

雨で山桜もぼやけて見える、まだまだ見頃今日は寒く

最高気温8度である、これでは桜も散らない、

P4031217

寒暖の中でもフジバカマは成長著しい霜が降りない限り順調に

成長する、

P4031218

さてこれからフジバカマはどう栽培しようか?。

こんにゃく亭花々

P4021221

こんにゃく亭も華やかに花で包まれている、

桜が満開で緑の中にピンク色が際立つ、

P4021216

シャクナゲも赤い色が鮮やかでこんにゃく亭入り口に咲き始めた

P4021215

3日は旧ひな祭りである、お茶お手前、カラオケライブが行なわれます、

P4021218

フジバカマの苗も販売されています、芽が伸びて植え頃です、

P4021219

地植えのフジバカマも芽が出始めた。

P4021220

 

保護したアサギマダラ幼虫消える

P4011203

10匹いたアサギマダラ幼虫が次々と居なくなる、

P4011201

網を張った中に保護しているが居心地が悪いのかな?

鳥に食べられ無い様にと手間と資金を掛けたが、

P4011202

ある人の話では幼虫を10匹ほで庭の鬼女蘭に、

見て居るとヒヨドリが来て食べられてしまったとか、

網の中を居心地良くしたいが分らないのである、

P4011204

雨でも桜は散っていない、気温8度で寒い今日であった。

 

 

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30