カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月

6/30掛川倉真アサギマダラ飛来状況

P6302108

朝1頭のアサギマダラがやってきている、

警戒心は強い、物音に過敏に反応、

P6302117

羽根はよく見えないが、痛みは少ないみたい、

P6302112

直ぐ飛び立つので、近寄ることが難しい、

P6302111

10時には34度、姿は消えた、

P6302120

よくこの高温で飛来した。

 

クマガイソウ移植後

P6292098_20220630073701

移植したクマガイソウ何となく元気ない、

梅雨開けが早く水不足か、

P6292096_20220630073701

移植場所が合わないといけないが、とにかく

増えないのである、

P6292097_20220630073701

12株移植して1年後5株残っただけである。

キュウリが実り始めた

P6292101

やっと種から蒔いたキュウリが実り始める、

しかし変形が激しい、

P6292100

水不足か、肥料不足か、それとも高温が

影響しているか?

P6292099

まだ害虫が少ないので水と肥料を多めに施し、

収穫を楽しもう。

 

 

暑い暑いと川に行く

P6282090_20220629073801

余りに暑いので倉真川に涼みに出かける、

マイナスイオンで涼しい、川歩きだけで良い

P6282091_20220629073801

木陰は有るが岩で広く座る所はないが、

これで十分である、

P6282093_20220629073801

川から上がると青空である、早い梅雨開けで悪影響が出そうである。

6/28倉真アサギマダラ飛来

P6282093

16時45分目の前を1頭アサギマダラが飛来、

カメラは過ぎ去ったアサギマダラを追う、

上空を風に乗り舞い上がる、黒い点だけだが蝶に見える、

P6282094

秋に咲く藤袴まだ草丈は低い。

6/27倉真アサギマダラ

P6272085

アサギマダラ飛来は無い、朝から26度で暑い、

シマフジバカマも花が少なくなった、

P6272089

梅雨で水分が多くキノコがあちらこちらに出ている、

P6272086

この辺でアサギマダラ飛来情報はお休みとする。

山百合蕾30個以上付く

P6262097

畑の山百合が蕾を沢山付けた、幹が平らに変形し

ウイルスにでも感染したのか?

P6262096

周りの百合は幹を虫に食われ倒れている、

この幹にも入り込むのかな?、

P6262095

26日午前9時半ころから雨が降り全身びしょ濡れ、

2時間程度で上がり晴れ間が出始め、晴天になる、

まだまだ変な天気が続く。

6/26倉真アサギマダラ飛来地情報

P6262093

気温26度となり、アサギマダラは夕方まで

飛来は無かった、

P6262094

ただ夕方に上空を1頭舞っていたが、これは確認とは行かないだろう、

P6252080

サナギは確実に茶色に変化、もう無理だろう。

 

早生ブルーベリー収穫終了

P6252091

6/25日にブルーベリー早生を収穫して

終わりました、

P6252092

2から1番花から収穫始まりもう4番花、

粒は小粒になりました、

P6252090

ブルーベリーの保存と食べ方がを分らない人が多い

実は洗わずに冷蔵庫で2日ぐらい生食可能、

食べる時に洗う、空気に触れる様に口を開ける、

消化が悪いので食べ過ぎないこと。

3日以降は洗わないでビニール袋に入れ密封し

冷凍する、食べる時に流水でサッと洗い食す。

6/25倉真アサギマダラ飛来

P6252084

蒸し暑い日になったが朝は3頭のアサギマダラが飛来

P6252089

蜜の有りそうな花に3頭が集まる、他の花には行かない、

10時には1頭が残る気温26度蒸し暑い、

P6252088

昼には全て居なくなる、明日は何頭来るか、来ないか。

6/23 アサギマダラ飛来なし

P6202033

いよいよアサギマダラが飛来しない日が来た、

今日は朝から湿度が高い、

P6212045

1時間おきに気にしていたが飛来はなかった、

P6202031

フジバカマはまだ咲いて居るが、香りも無いのか?

P6212039

アサギマダラ幼虫もダメになり、飛来も無く

秋までの楽しみかな?。

6/24倉真アサギマダラ飛来

P6242053

雨で蒸し暑い朝3頭のアサギマダラが飛来した

P6242050

元気がいい、近づくと直ぐに舞い上がる、

羽根の痛みは見られない、

P6242059

12時には1頭が居なくなる、

P6242051

16時には居なくなる。

 

京芋棚作り

P6212048

やっと終わった棚作り、栽培は今年2年目

昨年は簡単に作成したが、今年は高く作成、

P6212047

竹が少ないがどうなるか、芋が大きく育てば良いが。

アサギマダラ幼虫が

P6222076

アサギマダラ幼虫が茶色に、これは幼虫に

虫が付き食われたのだ、

P6232080

これで蝶には脱皮出来ない、茶色になるとは聞いていたが

残念な結果になってしまった。

鬼女蘭谷

P6222085

アサギマダラ食草鬼女蘭が少し葉見える、

工事はまだ有るが、中休み中

P6222079

花が咲いて居る木が1本見つかる、

P6222083

ツルが伸びて道まで下がって来ている、

7月になれば掃除のために切り落とされる、

P6222084

道路下にも所々に鬼女蘭が見られる。

6/22倉真アサギマダラ

P6222068

今日の飛来は1頭だけである、湿度が高く霧雨が降っている、

近づくと直ぐに舞い立つ、

P6222060

12時には見えなくなる、明日来るかは分らない、

P6222065

マークあるアサギマダラは来ない、

P6222064

後何日現れてくれるだろう。

6/22掛川倉真こんにゃく亭にアサギマダラ飛来

P6222057

今朝アサギマダラがこんにゃく亭に飛来したと連絡あり、

早速見に行くと1頭いる、

P6222058

佐藤典雄さんが撮影中でした、

P6222056

羽根が少し痛んでいる、疲れて腹ぺこなのか、

シマフジバカマから離れない、近づいても警戒しない、

当分はこんにゃく亭に居るだろう。

6/21倉真アサギマダラ

P6212043

朝から蒸し暑い気温23度アサギマダラは2頭来た、

湿気が多いと来ない、少ない飛来である、

P6212041

近づくと直ぐに飛び立つ、10時には居なくなる、

シマフジバカマの香りも無くなったか?。

 

掛川倉真こんにゃく亭切り絵展示会

P6212052

倉真在住の女性の力作です、

誰でも無料で勘定できます、

P6212051

雨で早めに畑仕事を終えて、寄ってみた、

詳しくは掛川こんにゃく亭フェイスブックを見て下さい。

P6212054

P6212053

クチナシの花と

P6182010

クチナシの花が満開、実は秋に小鳥の餌に

P6182011

姫リンゴは背丈がどんどん伸びる、

P6182012

リンゴ富士は大きくならない、幹が3本に分かれてしまい、

剪定を考えなければならない、

P6182013

オリーブも栽培が難しい植物である。

6/20倉真アサギマダラ

P6202030

今日3頭のアサギマダラが来た、マークが無いので

分らないが、入れ替わっているかも

P6202029

羽根の欠損の跡が有ったアサギマダラが居なくなった、

P6202026

今日は羽色のくっきりしたアサギマダラが多い、

P6202027

夕方まで1頭がシマフジバカマに張り付いていた。

 

 

アサギマダラ サナギ

P6192020

アサギマダラの色が少し茶色に見えるが、

P6192019

気温が上がると早く羽化するのか?。

6/19掛川倉真アサギマダラ

P6192028

気温が上がった23度である、アサギマダラ飛来は3頭

1頭は家の軒にへばり付いている、

P6192014

日の当たらない所のシマフジバカマに2頭、

P6192023

15時には3頭共居なくなった。

アサギマダラ幼虫からサナギに

P6182000

朝には幼虫からサナギになっていた、太ったアサギマダラ幼虫、

P6182001

もう一匹は食べかけの葉を放して消えた、

P6182002

あちらこちらを探すが見つからない、そのいと蝶になつて舞うだろう。

6/18倉真アサギマダラ

P6182007

雨が降っているがアサギマダラ4頭が朝からいる、

近寄って見ると反応が良い、羽根は大丈夫なのか

P6182009

雨が強くなっても花から離れない、

P6182008

羽根を畳んで縮めてじっとしている。

掛川アサギマダラ幼虫動き停止

P6171995-1

昨日アサギマダラ幼虫が葉裏でツル下がり

サナギになる準備

P6171994-1

もう1匹も今日中に吊下がるかも?。

P6171997

ジャガイモ堀

P6171999

ジャガイモを梅雨、晴れ間に少し掘る、少し病気、潰瘍病

肌にシミが、連作障害もあるだろう、味は変わらず美味しい、

P6161989

川に鳥が何かを咥え飛ぶ、カワガラスの様な飛び方と

色である、警戒心が強くなかなか写せない。

6/17倉真アサギマダラ

P6172000

気温26度まで気温が上がる、朝は5頭居たが

11時には3頭、

P6171993

15時過ぎからは1頭のアサギマダラが蜜を吸っていた。

P6171990

倉真アサギマダラ

P6161977

アサギマダラ幼虫そろそろ葉裏で止まるか?

P6161978

鬼女蘭葉を食べて次の鉢に移動し葉裏で動かない、

丸々と太った感じだ、

P6161976

大きな幼虫からは大きな蝶が出てくる、1個目

P6161975

2個目の幼虫同時にサナギになるのが楽しみ。

6/16倉真アサギマダラ

P6161984

気温上昇でアサギマダラ飛来が少なくなった、

今日は4頭の飛来

P6161983

日陰にある花に来るかと思いきや日差しが有るところの花に、

開花の状態かも、

 

P6161980

3頭一度にカメラに入れるのは大変である、

P6161988

1頭は玄関引き戸の取っ手上に止まり家に入りたそうである。

アサギマダラ幼虫の食欲

P6141944

2匹いるアサギマダラ幼虫の食欲がすごい、

P6141948

大きな幼虫は手の平大の鬼女蘭葉を一日で食べ尽くす、

そろそろサナギに変化するかな?

P6141940

小さな幼虫はまだ葉の裏で食べたり休んだりで

食欲は少ない、しかし食草の鬼女蘭の新芽まで

食べないと葉が少ない、鬼女蘭の成長が間に合わない。

 

モリアオガエルの産卵

P6151964

雨が降ればコロコロとモリアオガエルが鳴き

産卵する、卵は雨が多ければ直ぐに溶ける、

P6151965

池の上の卵カラスに食べられ直ぐに無くなる、

昨日は植木鉢に産卵している、

P6151973

池の中の草にも産卵、これで12個目か?

まだ今年は産卵が有りそうだが、蛙目当ての

蛇が増えて来た、弱肉強食の世界、

ロシアも下等動物と同じで弱肉強食とは情けない。

6/15倉真アサギマダラ

P6151971

朝から雨と低温でアサギマダラは11時まで来なかった、

10頃から雨が止み1頭現れた。

P6151970

1時間後には4頭現れる。

P6151967

マークあるアサギマダラもやってこない、

P6151968

アサギマダラの羽根を見て居ると、痛んだ羽根が数日前に

3頭居たがこの所見えない、アサギマダラが入れ替わっているのかな?。

 

 

山鬼女蘭切られる

P6111904

先日山の鬼女蘭を見に行きがっかりした、

切られ枯れ始めている、

P6111906

そうだ中電の停電で電線の工事が有り切られたのだ、

電線の下に鬼女蘭があるのだ、土地は熊さんの土地だが

電気はインフラだからしょうが無い、

P6111908

この鬼女蘭は種は付くし、大きいのでアサギマダラが

卵を産み付けて数が多い、

P6111907

太いツルが綺麗に切られてい、残念。

6/14倉真アサギマダラ

P6141952

朝から雨で気温16度と寒い風もある、今日は

アサギマダラは来ないだろう、

P6141949

山の頂上付近は木の葉が揺れ葉裏が見え白い、

P6141953

11時頃に雨が少なくなってやってきた、

P6141959

1頭だけで少し近づくと直ぐに逃げる、敏感だ

P6141960

1頭だけであちらこちらに、15時迄まで蜜を吸っていた。

6/13 収穫最盛期

P6131936

早生ブルーベリーの収穫が最盛期で、

1日収穫し、明日は選別作業です、

P6131938

今年は蜂が少なく受粉しなかったので、実が大きくなった、

P6131937

天気が雨予報だが、梅雨に入るのが遅れたので収穫が順調に出来た、

今から実り始めるブルーベリーの収穫が路地では大変だ。

6/13倉真アサギマダラ

P6131935

倉真飛来地今朝は5頭が訪れた、気温は23度で少し暖かい、

P6131933

一つのシマフジマカマ4頭乗ったが、近づくと1頭逃げた、

P6131932

何時まで来るのか?

P6131931

夕方5時半まで1頭だ花から離れずにいた。

6/12倉真アサギマダラ

P6121919

朝のアサギマダラは5頭居たが直ぐに4頭に

P6121916

気温が25度まで上がると3頭になった、

マーキング入りのは今日は現れなかった、

P6121920

日差しが差す所にあるシマフジバカマを日陰に移動、

今日はアサギマダラに時間を取られた、

P6121917

午後14時過ぎに雷が鳴り始めると、

アサギマダラは何処かに消えた。

ホタルブクロ白と赤

P6111893

松葉神社前の道には白と赤のホタルブクロが

道土手に、

P6111894

ここは山百合が咲く所だが、今年は山百合はほとんど見えない。

P6111892

6/11掛川こんにゃく亭

P6111890

梅雨みたいな空模様でもこんにゃく亭から

粟ヶ岳散策に向かう人が来ている、

P6111891

フジバカマもみるみる大きく成長している、

年配の人達が昨年の10月から11月の間に

アサギマダラを見に来て、印象深かったのか

沢山のアサギマダラが来て(すごかった)と

話していた、今年も沢山のアサギマダラが飛来するだろう。

 

アサギマダラとモリアオガエルは天敵なのか?

P6111915

モリアオガエルがアサギマダラ近くに居たが、

アサギマダラを食べるのか?

カエルは昆虫を主食と居ているので可能性は大かも?

P5270627_20220612071801

無いも考えず、モリアオガエルの産卵の柿の木近くに

シマフジバカマを置きアサギマダラが毎日5頭来て居る、

シマフジバカマを移動したいが、良い木陰が無いのである。

クマガイソウ

P6111912

クマガイソウを見に山に入る、

そろそろ草刈をして上げないと、

P6111911

クマガイソウに種が付いている、

P6111914

キンチョールをズボンの噴射して山に入ったが、

マダニが付いている、もう春から7ヶ所食いつかれた。

 

6/11倉真アサギマダラ

P6111899

曇りで気温22度アサギマダラは今期最多の

7頭が現れた、

P6111901_20220611192901

一つのシマフジバカマに4頭が鈴なりに一瞬なつたが

近寄ると直ぐ舞い立つ、

P6111920

17時に女性が撮影に来られた、近寄って

撮影できたと動画で撮影した。

アサギマダラ幼虫

P6091873

アサギマダラ幼虫は食欲旺盛で食草鬼女蘭の新しい葉を

食べ始めた、小さな葉は直ぐ無くなる、

P6091874

遅く幼虫になった物は葉裏にスジを入れてから、

食草鬼女蘭を食べ始める。

廃品利用雨水タンク

P6101890

午後から雨模様で雨水タンクを取り付ける、

ポリドラムを細工しての取り付け、

P6101891

黄色の農業用タンクが割れて水漏れ、

廃品で何とか、こぎつけたがまだ調整が必要だ。

6/10倉真アサギマダラ

P6101881

マークしたアサギマダラが今日もやってきた、

朝は5頭がシマフジバカマに、

P6101879

羽根が痛んだアサギマダラが2頭目に付く、

P6101886

シマフジバカマの香りが強いのか蜜が美味しいのか、

アサギマダラを引きつける力はすごい。

P6101882

家庭菜園は難しい

P6091876

家庭菜園の野菜たちである、今最盛期なのが

ロメインレタス、作りやすそうで、種から栽培、

アオムシが付く、

P6091878

キュウリはまだ小さいがキュウリを付け始る、

虫が直ぐに付く、連作障害がでる、

P6091877

インゲン豆も採れ始める支柱がイマイチむずい、

初夏過ぎるとカメムシ類が付く、

P6091875

ナスは発芽せず種蒔き3回目、連作障害がでる、

カメムシ類が付く、販売している物の様に

農薬を前日まで行なう気は無い。

 

梅雨の花

P6091880

アジサイが綺麗に咲きました、

青色だけである、アルカリになれば

花がピンクになる、種類で青である、

P6091879

これから咲き出す花が多い、

P6091881

サツキツツジは終わりに近づいている。

6/9倉真アサギマダラ

P6091871

朝から5頭のアサギマダラが遣ってきた、

マーキングした蝶は来た、

P6091872-1 

熊さんの記入下蝶である、近寄り見るが他はいない、

P6091870

2時間ごとに見たが、マーキングしたものは来ない。

山百合蕾

P6081867

山百合蕾が出来たが、今年になり球根を植え替えたので

蕾が少ない、

P6081865

鉢植えと地植えにしたが花が咲くのか?。

P6081866

6/8倉真アサギマダラ

P6081860

今日のアサギマダラ飛来は4頭であった、

簡単に確認しただけであるが、

P6081863

マーキングのアサギマダラはいない、

ここ数日確認昨日も来ていた、

P6081862

15時30分頃には居なくなった。

P6081862

 

昨日の風雨の被害

P6061850_20220607193601

昨日の風雨の被害が出た、風の被害が大きかった、

シマフジバカマは風で幹が倒れ、枝が折れてた、

P6061851_20220607193601

シマフジバカマの折れた物は風で何処かに飛んでしまった、

P6071857

ブルーベリーは実が落ちた物と枝ごと落ちた実がある、

結構実が落ちた、キュウリの棚も修理が必要となった。

 

6/7倉真アサギマダラ

P6071852

昨日の風雨が嘘のような晴れの天気、

昨日山でアサギマダラを1頭見たがシマフジバカマには

来なかった、

P6071853

今日は5頭のアサギマダラが飛来、

熊さんのマークした1頭もすぐに見つかった、

P6071854

3時迄は居たが、4時にはいなかった、

P6071856

昼気温23度の時は軒先に入り涼んでいた。

シマフジバカマ花

P6061845

シマフジバカマ花が咲時期があわない、蕾が出来た状態のもの

P6061847

少し蕾が緩んだもの、咲き始めたもの、原因は何なのか?

冬越し方法、肥料、何なのか分らない、5月20頃の開花からが良い、

P6061846

気温が上がるとアサギマダラが来ないが、

7月に羽化するアサギマダラも居るので

7月に花が付くと良いかも。

倉真アサギマダラ

P6061837

さすがに雨と風の朝はアサギマダラは居ない、

気温も16度と寒く風も強く体感気温は13度くらいである、

P6061839

保護したアサギマダラ幼虫を見に行くと、

1頭雨の中飛んでいるで、追ったが、

P6061840

檜の葉裏に止まるが、目を離した週間見失う、

明日は晴れるので、やってきそうである。

幼虫の成長

P6051826

保護したアサギマダラの幼虫が少し大きくなった、

P6051829

さて6月末までにどこまで大きくなるか?

P6051827

3頭保護したが2頭見えるだけである。

収穫間近

P6031810

ブルーベリーが色付きそろそろ収穫出来そうである、

P6031807

問題は天候である、明日は大雨で風も強いかも?

実が落ちる可能性が大きい、

P6031809

梅雨は欲しいがブルーベリーには大敵である。

マーキング蝶1頭来る

P6051837

3頭のマーキングアサギマダラが1頭やって来る、

熊さんが1日にマーキングした蝶である、

P6051835

5頭居て昨日佐藤さんが2頭マーキングした

アサギマダラは来ていない、

P6051836

3時まで居たが明日は雨である、マーキングした

アサギマダラ3頭を見て見たい。

倉真アサギマダラ

P6041822

6/4日朝にアサギマダラ5頭居て、マーキング蝶も

帰って来たので佐藤典雄さんに連絡、

P6041816

典雄さんが来てビデオと写真を、我慢強く

シャッターチャンスを待つ、

P6041817

熊さんは仕事をし、案内だけ行なった、

P6041820

マーキングも2頭行なった、1頭はそのまま

シマフジバカマの蜜を吸い、1頭は山に入って行った、

明日マーキングしたアサギマダラが何頭帰って来るか。

腹減った止まって

P6041824

車運転中山の中で前方に石ころか?

リスであった、逃げないので止めて待つ、

P6041823

子リスみたいで小さい、虫でも捕えたのか

黄色の何かを盛んに食べて居る、逃げない、

P6041825

こちらが動いたら気づき山の中に、よほど腹が減っていたのか?。

倉真帰って来たアサギマダラ

P6041814

先日マーキングしたアサギマダラが今朝いた、

マーキングし放蝶したのち高く舞い上がり消えた、

P6041812

朝5頭居た、その内の1頭にマーキングがあった、

まさか帰って来るとは、でも警戒心は他のアサギマダラとは違う。

涼しいところがお好き

P6031816

気温が上がりアサギマダラも涼しいところ探して、

軒先で涼んでいる、

P6031815

小梅収穫ダメだこりゃー

P6031811

小梅を収穫した、見た目が悪い表面に斑点でいっぱいだ、

P6031812

ニホンカモシカに枝を折られ、葉を食い荒らされて散々だ、

P6031813

農薬を掛けて病気を予防しなければならない。

旅する蝶アサギマダラ

P6031800

朝早くからアサギマダラが、シマフジバカマ吸いに

3頭が、

P6031799 

やはりマーキングしたアサギマダラは居ない、

P6031805

よほど美味しいのか超接近しても逃げない。

アサギマダラ卵から幼虫に

P6021853

アサギマダラ卵が今日幼虫に変化していた、

今からサナギになるまでどれだけの時間が掛かり

蝶になるだろうか、早めに保護するのが良いかも?。

 

アサギマダラ卵から幼虫に

P6021853

アサギマダラ卵が今日幼虫に変化していた、

今からサナギになるまでどれだけの時間が掛かり

蝶になるだろうか、早めに保護するのが良いかも?。

 

アサギマダラ見学者訪問

P6021851

13時過ぎに見学に来ると連絡である、

静岡から車でやってきた、知っている道である、

P6021850

来る前からの準備は前日からである、確実にアサギマダラが

見れるようにシマフジバカマを保存、

P6021849

来客時間30分前に1頭のアサギマダラが遣ってきた、

逃げないよう近寄らない事に、

P6021852

1時30から2時20分迄、写真撮影で3mまで近寄れば逃げる、

5分も経過すれば直ぐにやってきた、アサギマダラが見れて良かった。

 

アサギマダラマーキング

P6011817

マーキングを1頭に行なう、雄である、

鱗粉がまだ綺麗に付いている、

P5311797

マーキングの是非も有るが1頭だけに、

P6011816

放してあげると空高く舞い上がり山の頂上めざし登る、

直ぐに見えなくなる、子の場所には戻らないかも?

佐藤典雄さんの情報だと、姫島ではマーキング禁止であるとの事。

山の鬼女蘭を

P6011818

久しぶりに山の中鬼女蘭を見に行が種がない、

P6011822

葉の裏には丸い斑点、これは幼虫が居るかとワクワク

でもどこにも居ない

P6011821

あちらこちらの葉に穴も有るが、初夏の幼虫は珍しい。

P6011820

シマフジバカマを持ち来客

P6011825

佐藤典雄さんがフジバカマを軽トラに積み、

熊さんの遊び場にやって来る、

P6011832

花が咲いてもアサギマダラが遣ってこないとの事、

他の山の中(大沢)にも行ったとの事、

P6011831

5分舞ったが来ないので、熊さんのシマフジバカマを見

10分経過後には軽トラックのフジバカマにいる、

明日は熊さんの遊び場に静岡から来客がある、

気候が良くアサギマダラがやって来ると良いが。

 

倉真アサギマダラ

P5311788

気温21度で過ごしやすい、これならアサギマダラ舞いそう

シマフジバカマも4/5輪ほで咲き始めた

P5311785

花の先端に髭のような紐状に出て来ためしべなのか?

P5311787

直ぐにアサギマダラが遣ってきた羽根の一部が欠損している、

P5311789

また1頭やってきた、羽根色が茶系が目だつ、

日差しが出てくると山の中に入っていった。

 

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31