カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月

A地点鬼女蘭葉裏幼虫

Pc295535

アサギマダラ幼虫2例目が居るが、

幼虫は少なくなつている、小鳥の餌食になっているのかな?

Pc295540

網の中で保護しても、繭になってから蝶にならない、

ヤドリハエの被害が、

Pc295537

ヤドリハエ対策が出来ればアサギマダラが増えるのだが、

023年もプログ見て頂き有り難うございました、

024年もご多幸あれ。

秘密の花園落合

Pc285525

秘密の花園倉真落合造成地3ヶ所目がやっと整ってきた、

入り口から降りる階段も固まって来た、後は砂利を少し入れ無ければ、

Pc285526

下段はフジバカマ50株ほども広さである、まだ50株入る余地があるが、

今年は管理できるか様子を見ることにしよう、

Pc285527

畝の間に砂利を置くか悩んで居るが、出来る所までに、

南下が終りそれで終りでは無い、024北上まで後5ヶ月しかないのだ。

原木椎茸は減

Pc295544

秋の原木椎茸は出ない、例年カゴに半分は収穫出来るのに、

出てもほんの少しだが、めのこしが大きくなり顔ほどの大きさに、

Pc295541

原木一本に2個ほどで、干し椎茸は出来ない、冷凍椎茸も無くなり

山に居ても椎茸が食べられない、

Pc295542

今日の椎茸は大事に食べないといけない、沸騰気候到来で

この先どう変化があるのか?

カモシカの死

Pc285529

カモシカが死んでいるのを見付ける、

やせこけて横たわっている、民家の直ぐ脇である、

区長さんに連絡して市役所に電話をしてもらう、

直ぐ片付けたみたいで、2時間後には無くなっていた。

セキショウ

Pc275522

川の石菖(菖蒲)みたいの植物である、これを鹿が食べ始めた

昔は川の中に多く有り根元には川エビが多く居たが、

今は石菖は少ない、これを鹿が食べる、

Pc275523

場所に寄っては食べられていない、

鹿、猪が増え畑も維持できない時代がやって来る、

そして動物のウイルスが人間に移る、

Pc275524

山で猪、鹿が出ている位なら良いが熊が町に出る時代、

この先日本は何所まで荒廃するのやら?

 

天狗岩赤焼け

Pc265520

天狗岩が夕方紅く焼けた色になった、滅多に見れない色である、

Pc265521

天狗岩も雑木に覆われ見えにくくなって居るが、

木を切っても良いと許可は貰っているが、手が出ない

伐採は危険がつきもので天狗岩までの道も険しい。

 

満開

Pc255515

春に収穫時期のセロリ菜、花が満開である、

蕾を春に食べる野菜である、

Pc255514

どうして秋から花が付いたのか分らない、例年と同じ栽培方法だが、

春になりトウダチ蕾を茹でて食べる、

暖かい日には蜂が蜜を吸いにやって来る、正月は暖かくなる予報だが

過ごしやすい年末年始になると良いのだが。

Pc255516

秘境松葉に堀川さん案内

Pc235567

こんにゃく亭に居た所アサギマダラとブルーベリーの話で

堀川さんと出会った、秘境松葉に行きたいとの事で案内、

途中秘密の花園落合と鬼女蘭谷も案内する、

Pc125505

秘境松葉で幼虫を2ヶ所見て13時を廻っていたので直ぐ帰る、

北上アサギマダラ時期6月と南下アサギマダラ時期と

倉真アサギマダラマップを渡した、北上時期に℡てくれるかな?

倉真干支テレビ撮影

Pc235567

昨日も干支のテレビ撮影に来て頂いた、

写るのが嫌で隠れる人も、逆に出たい人もいる、

人それぞれだ有る、見学者は中日新聞だけで有るので少ない、

大代の干支を見て倉真に来る人も居る、大代と間違えて来る人も、

昨夜テレビ放映が有ったので今日は増えるかも?。

薪ストーブ

Pc225563

今日は冷えた-4度から+5度で薪ストーブがフル回転、

薪も少なくなったが、来春までは十分有る、

Pc225565

焼き芋を焼いたり、銀杏を焼いたり、手を温めたりである、

薪が杉檜であるため暖かみが少ない。

竹割り

Pc215554

倉真こんにゃく亭に10時に行くと竹割りを行なっていた、

背負籠を作るとの事、師匠よっちゃに弟子入り2日目で

竹割り、途中ナタで負傷したが、頑張って割っていた、

Pc215561

最後は籠の底部分の作り方も、謙虚で竹割りを行なう為に、

竹を持って帰って行った、竹細工を行なう事が次世代まで

続くと良いものだ、

Pc215557

倉真ジャンボ干支の見学者は殆ど来ないが、毎年来ている人は

時々訪れシャッターを切っていた。

秘密の花園整備

Pc205551

アサギマダラ飛来地造成中の落合3ヶ所目を

機械で耕す、畝を作りたいのだが、

Pc205550

耕した後鍬での作業だが、予想以上の重労働である、

フジバカマ50株の植え付け予定だが、耕すことは出来

簡単に畝も出来た、4通りだが水はけが問題で有る、

Pc195537

水田の後で30年ほど荒れ地だったところ、セイタカアワダチソウも

あとオナモミも草刈が大変だ、一人で3時間ほど掛かるが今年中に終わった。

カモシカ日向ぼっこ

Pc195545

朝⒏時30分頃みつける、カモシカが寝転んで日向ぼっこ、

先日咲いた百合は花と茎を食べられる、

Pc195547

午後も現れて違う所で日向ぼっこ、朝居た所から

50m程離れた所である、

Pc195548

追い出すがノソリノソリと迷惑そうな動き、

来なくなる方法は無いものか。

ジャガイモの芽

Pc185529

ジャガイモを食べようと見ると芽がイッパイ出ている、

コンテナに入れたままで暗いところに置いたが、

Pc185528

10月末に一度芽欠きを行い安心し、ほかって置いたのがいけなかった、

シワシワになり食べれるが、月一確認しなければ成らない、

5月の新ジャガまで食べたいが今年は無理かも、

食べても食中毒にはならないよ、何故なら芽は食べないから。

藁縄作り

Pc175527

こんにゃく亭の門松に付ける縄を作る、これが厄介

藁が硬くてはねじれない、藁を叩いて柔らかくしなくては、

Pc175526

藁を叩くのもコツが有る、根元を強めに叩かなければ、

叩きが少ないとねじれない、苦労して4m程つ作るが、

やはり手が痛くて途中で引き上げる、今日は風花舞った。

紅葉真最中

Pc165525

ブルーベリーの紅葉が綺麗になった、

落下も始まり剪定も少しずつ、今日も気温が18度まで上がる、

アサギマダラは小雨で現れなかった、

こんにゃく亭の干支は出来たが、門松や看板が残っているが、

腕が痛くて参加は出来ない、見て居るだけなら良いが、

行けば手伝いたくなるので行か行かないか思案中である。

何で百合が今頃

Pc155521

2日前から百合が咲き始めた、蕾は有ったが咲くとは

霜で枯れずど根性で咲いてくれた、

Pc155519

マリーゴールドと同じ所に有るからカモシカの被害が

なかったのかな?カモシカはキンカンの葉と紫陽花の葉を

食べ、葉が有れば何でも食べる気配である、

Pc155522

昨日の干し芋作りは上手くいかなかった、ベトベトである。

芋切り干し作り

Pc145518

サツマ芋を蒸かしてみた、芋切りを作る予定である、

ブルーベリーの剪定枝を燃料に使い蒸かすことが出来た、

Pc145517

しかし焼き芋が一番甘味が出る、ふかし芋はいまいちである、

薄く切り干したが、果して甘い芋切り干しが出来るかな?

ジャンボ倉真干支作り

Pc135516

今日も干支作りに参加、もう少しの作業である、

畑を見てから10時から16時迄目一杯の作業、

Pc135515

昨夜は左足がツリ疲労がピーク、明日は休まなければこちらが

干支みたいに固まりそうである、プログも干支しかアップ出来ない、

もしかしたらアサギマダラ飛来があるかも?

明日は休養して、体調を直して年末仕事と大根の収穫と漬け物作り、

薪作りと干し芋作りも、無理かな?

最後の紅葉倉真松葉

 

Pc125514

あちらこちらの紅葉も、すでに葉が落ち残っている所は、

県道81号と川の間で有る、霜が降りない木の下と川の水温が13℃

ここだけである、今日も干支作りに参加、でもいよいよ手が痛み途中で見学に、

完成まではまだ数日掛りそうである、日曜までには、まとまると良いが。

 

 

 

秘密の花園倉真落合造成地

Pc095494

3番目の倉真落合造成地の階段を8段を取り付け、

残念ながらコンクリ板がまだ5枚ほど足りない、

Pc095493

何とか探しているが1枚はあった、足りない物はどうしよう

協力金を入れる箱を置いてあるが今年は入れてくれる人は無い、

Pc115502

こんにゃく亭に行き野菜を販売して経費を出したいが、

野菜販売も百円物の売り上げは少しあるが月5千円は難しい、

これだけ景気が悪くては財布のヒモも硬い、

今日も5時間干支作り、腕と腰が明日は雨でのんびり出来るかな?

倉真干支作り

Pc105501

ここのところジャンボ干支作りに参加している、

3年目でもまだ上手にいかない、

Pc105498

尻尾側を担当しているが四苦八苦である、

開始時期がアサギマダラ飛来と重なるため遅くなり

干支はまだ出来ない、頑張らなくてはいけないが腰が痛む、

Pc105499

曲がり仕事多く、試行錯誤が進む作業、雨が降る予定が続きそうである、

明日も天候が良ければ、畑仕事と年末行事が進まない。

 

干いも作り

Pc095496

干し芋を作り始めた、とりあえず焼き芋で干しも作り

しかし形が作れない、皮と実が分かれない、

Pc095497

細い芋を丸干しにやはり皮剥きが難しい、

ふかし芋を作る事も考えなければ、

Pc075480

前の土手に熊のような動物がいるが、ここ倉真に居るはずが無い、

動きが無いのでカモシカである、今日も倉真の干支作りに午後から参加。

カモシカとアサギマダラ

Pc085490

16時頃カモシカが土手で今夜の寝床にしようと寝ている、

毎日何処かにやって来る、アジサイの葉全部食べられた、

今まで食べなかったミョウガ、フジバカマも食べ始めた、

Pc085487

アサギマダラは3頭がやって来た、初めてサザンカに訪花しているのを

確認した、先日はビワの花にも訪花していた、

Pc085485

マリーゴールドにも訪花雌ばかりである。

鬼女蘭B地点

Pc065442

鬼女蘭B地点もアサギマダラ幼虫が葉裏に4匹居る、

道横のミョウガ畑である、

Pc065443

殆どが1齢目である、山の鬼女蘭でツルが伸びて鬼女蘭実も

毎年実る所である、アサギマダラが訪花し夕に入って行く、

Pc075477

9時半畑道にアサギマダラが1頭が舞い降りる、10時からは風が

強風になりアサギマダラはマリンゴールに飛来が無かった。

023.12/6アサギマダラ現れる

Pc065475

12/6 12時頃現れたアサギマダラ、マリンゴールドの蜜

を吸いにやって来た、9時頃は大根畑に現れた、

Pc065471

11時頃現れたアサギマダラは地面の所で水分を吸って居るみたいである

梅の剪定時にやって来たが20分で山に、

Pc065470

近寄っても逃げない、最接近で撮影できた、翅は広げてくれない、

風が無ければ雌はまだ蜜を吸いにやって来る、

気温がまだ上がる予報、日曜日まで・・・

南下アサギマダラ時期に飛来した蝶は11月末までに177頭、

北上アサギマダラ時期6月が321頭、シマフジバカマへの訪花、

南下訪花、花はフジバカマである、隣のフジバカマには多い日は30頭居た

訪花の開花が飛来数と比例する。

 

 

ブルーベリー冬支度

Pc055431

ブルーベリーの根元に木屑を入れる作業が続いている、

保湿と除草が木屑を入れると良好になる、

Pc055432

木屑で無くとも籾殻を入れると肥料の替えにもなる、

次は剪定の作業が待って居る、次から次と管理が続く、

家庭菜園、薪作り、フジバカマ管理も併せて進行中である。

フジバカマ少し残す、アサギマダラ来るかも?

Pc045416

フジバカマの処理に悩む、12/4に大根畑にやって来た、

カメラには収まらず残念、

Pc045421

フジバカマはほんの少し残す、刈り取ったフジバカマは処分

花殻が舞困る、焼却が最善な方法だ、

Pc045429

花が有る茎を5本残す、13時頃にはイシガキチョウも飛来、

蝶は直ぐ何処かに行く、土日は気温が上昇する予定、

もう一度カメラに収まるかも?。

桜&紅葉

Pc035414

冬桜が少し咲いている、もう1ヶ月になるかな?

昨年はアサギマダラが花に止まっていたが、

Pc035415

その横紅葉も散り始めている、

竹林の電気柵バッテリー交換を行ないに行き気が付いた。

倉真落合アサギマダラ飛来地造成中

Pc025411

倉真落合の造成地は元棚田であった、土は粘土質

通路の水はけが悪い、これは手の施しようが無い、

悩むよりやってみよう、

Pc025412

小屋前は通路とマリンゴールド、フジバカマ、であるが殆ど鉢植え、

小屋裏は2m上の土地、今年植えてわかった事が、

フジバカマにアサギマダラが止まっても逆光で見にくいのである、

対策は時間が掛かる予定である、気長になるように成。

初凍り

Pc015410

今朝はよく冷えた、バケツの水が氷っている、

こんにゃく亭で先日も凍りが張ったとヨッチャが言っていた、

こんにゃく亭では干支作りがやっと始まった、

Pb295407

冬イチゴの色が実った、

フジバカマの茎を切り始め、もう少し時間が掛かる。

023.南下アサギマダラ飛来情報4

アサギマダラ飛来は天候、気温、風、

訪花花開花がポイントで飛来数が変わります。

掛川倉真松葉飛来数    南下10月下旬~11月下旬

 11月 日  飛来数  時間  天気  気温  風
   19  2  13:30  曇り  15  2
   20  0    曇り  13  4
   21  2  12:40  曇り  17  0
   22  2    12:30  晴れ  17  0
   23  2  11:40  晴れ  16  1
   24  0    晴れ  17  4
   25    1    11:40    曇り    16    2
   26    2    11:00  晴れ    16    1
   27    2    12:40    曇り    16    2
   28    0      晴れ    17    4
   29    0      晴れ     17    4
        30  0      晴れ    15    3

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31