グルメ・クッキング

今度は

P1060411
生姜が豊作で食べきれない、今日は雨降りでガリを作ることに、初挑戦
ガリは薄くすることが大変である、包丁、スライサー、テーラーで作る。
P1060410   P1060412
手を傷つけないように調理する、沢山スライスしたつもりだが、意外と少なくなった
熱湯に潜らせて、砂糖、酢で味付け、美味しくなーれ。
P1060413_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生姜漬け

P1060377
大生姜を収穫して漬け物を作ることに、しかし昨年熊さんが作った生姜漬けは
カビてしまった、そこで知人に作て頂くことに。
P1060378   P1060379
皮を包丁でこそげ取り洗う、包丁でスライスして梅酢に漬ける作業、
スライスしてから熱湯にくぐらせなかった、殺菌は無しである,大丈夫かな?
冷蔵庫に保存すれば痛まないとのことである。
P1060380
2瓶漬けて頂く、赤酢、と白酢である、殺菌と干して水分を飛ばして冷暗場所に
おければ良いのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫蘇

P1050991
野菜の栽培が遅れている、毎年だがやっと紫蘇を収穫出来る状態になる、
梅干しに入れる紫蘇である。
P1050990
沢山の紫蘇を欲しいのだが、少なければ梅干しの色がうすくなるだけである、
しかし梅干しは色が付いたほうが美味しくみえる。
二回塩もみして梅酢の中に、紫色のいい色である。
P1050976
ミニトマトも収穫がやっと始まった、ほんの6本だけでなので味わって食べる
甘ーいトマトに育った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刺身コンニャク

P1050842
雨降りが続き外の仕事がはかどらないので、コンニャク作りを昨日と今日で
P1050830   P1050831
昨日はコンニャクイモをミキサーで潰し、石灰を液を混ぜてタッパーに入れ空気を
抜くが、石灰とコンニャクを混ぜるのに手間取り、表面がでこぼこになる。
P1050832   P1050843
今日はでこぼこの表面をトリミング、形を作り煮るて、ようやくできあがる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辛いかな?

Photo

わさびの花が咲き、ワサビ漬けを作るのに良い時期になった、

沢で採った花の咲いたワサビである。

Photo_2

葉だけ15枚おにぎりにするために分ける、その他はすべて酒粕で山葵漬けに、

湯の温度が肝心である。

Photo_3  Photo_4

今年はミキサーで作る、初めての挑戦である、冷蔵庫に入れて2日辛みが出た、

これで当分美味くご飯が食べられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出来た

Photo

コンニャクが一晩おいて出来上がりましたが、石灰を混ぜるのにムラが出来たので

固まらず、水泡の様な物が出来たが最初にしてはまずまずである。

Photo_2

今日のテレビで凍コンニャク作りを放映していた、先週に放映していたら参考に成ったのに

やはりコンニャク芋を摺りおろしてから、混ぜるのがポイントの様である。

Photo_3

切ってから水に浸けて置かなければ成らない、湯がいてから刺身コンニャクにして食べる、

美味しく頂ける、気温が上がるとネガッテしまう、早く調理したいが沢山食べる物でもないし

配って処分しなくては?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めて

Photo

コンニャク芋が有り処分するためにコンニャク作りに挑戦する、初めてのコンニャク

作りである、

Photo_2  Photo_3

準備する物は消石灰とジュウサー、煮る釜とボウル、ホウロウ鍋、などである

やってみるしかないので進める、

Photo_4  Photo_5

石灰は鍋に入れ沸騰させてフキンで濾す、蒟蒻芋は洗い煮る、竹串が通たら

皮を取り一口大にしてミキサーで、

Photo_6  Photo_7

ミキサーで水を入れてすり潰す、これが厄介であった芋を多く入れすぎ

ドロドロにならない、芋と水の量を気をつけないといけない、

ボウルに入れ石灰水を入れ混ぜ合わせる、これもけっこう大変な作業であつた、

平たく伸ばして蒟蒻に、一晩置き切り煮るのである、これは次の日に行う。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャム作り

Photo

ブルーベリーのジャム作りである、前々日に収穫したブルーベリーを

昨日選別して今日はジャム作りである、

Photo_3

ブルーベリーは小粒であるがジャムには最適である、酸味も有り量も多い、

Photo_4

ブルーベリーを洗い鍋に、40分煮てヘラでかき混ぜ鍋底が見えたら砂糖を入れる

3割入れれば十分である、20分煮て出来上がり、

Photo_6

瓶は煮沸する 熱くて火傷が気になる、もちろん蓋も ジャムが熱いうちに

瓶に入れ、瓶をまた煮沸

Photo_7

瓶を返して冷まして出来上がりである。




| | コメント (1) | トラックバック (0)

ジャム作り

Photo

ブルーベリーのジャム作りを行う、ブルーベリーもそろそろ終わりに近づき

小粒の物が多くなって来た、雨で成長が出来ない

Photo_2

粒の大きな物は冷凍して来年の6月まで、ぼちぼちと口の中に入る

今年はブルーベリージュース作りに挑戦したい、ワイン作りは出来たが

飲む機会があまりないので残ってしまう、

Photo_3

ジャムを作り置くのが場所を取らないので、保存が良いが瓶の消毒が大変である、

瓶を煮沸してジャムを入れて煮沸、気温が高いので暑い、2キロのブルーベリーに

砂糖は3割入れるが少し甘すぎである、少ないと保存が持たない、

レモンを入れると良いが無いので入れない、ゼラチンを入れては駄目だ、

ジャムは1時間ほどで出来るが瓶詰めが大変で3時間掛かりである、

出来たジャムは1、3キロである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土用干し

Photo

天気が良いので梅干しの土用干しである、初めての梅干し作り

こんなに手間が掛かるとは?

Photo_2

小梅も梅干しにた、小梅は種ばかりだが食べる時に2,3,個食べれば

大きな梅と同等になる、

Photo_3

大きな梅は1粒でも余すことが有る、焼酎の中に入れお湯割り用に?

土用干しは2日干したいがどうしようかな?明日から雨で困ったタイミングである

Photo_4

今年の天気は異常である キュウリの収穫量が少ない、ミョウガもほとんど採れない

野菜が値上がりしそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧