家庭菜園

山草農法

Dsc00904
里芋栽培に昨年の山草を入れる、押し切りで切り刻む、
今日は土寄せとなる、しかし水が無く成長は遅れ気味、
Dsc00906   Dsc00905
手間が掛かるが美味しい里芋が出来る、生姜、牛蒡、生姜、など根菜類
ナス、キュウリ、トマト、なども山草を入れての栽培である。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作物

Dsc00868_2
ブルーベリーの収穫がようやく始まった、早生は少量しかないが
1,6キロを収穫できた。
Dsc00869_2   Dsc00870_2
畑には他にゴボウ、里芋、生姜が芽を出してきた、今年は雨が梅雨に入っても無い
果たして成長はどうなるか?
Dsc00871_2  Dsc00872_2
Dsc00873_2
パクチーの種ができはじめた、風で倒れたがそのままで種ができるまで待つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パクチー

Dsc00522
冬を越したパクチー、やっと新しい葉が出て来た、冬の雑草に負けずに
なんとか、成長は春先である、暖かい所の野菜なので冬が越せないと思ったが
冬を越した。
Dsc00521
ただし食べるのは大変、臭いが鼻について食べるのは好き嫌いが
熊さんはスープで食べるが、食べきれないのである。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャガイモ

Dsc00343
昨日はジャガイモ植え付けの準備で穴掘り、手掘りでエッチラ、コッチラ
休み休みである、大きなクシャミが3度ほど出る、誰かが噂をしているのかな
いやいや、杉花粉である、沢の水を飲んでいるからクシャミだけで済んでいる、
奥さんが3年前から花粉症で鼻水が出始めた、試しに沢の水を飲ませて
花粉症が少なくなるか飲ませ始めたが、果たして快方に向かうか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

植え付け

Dsc00349
自家製のジャガイモ種の芽が長く伸びている、もやし状態である
これでは種には出来ない、
Dsc00350_2   Dsc00365
長い芽は欠き、適当の長さにして植えることに、どうなるかは収穫時に分かるが
やってみるしかない、今日ジャガイモ の植え付けは完了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうだち

Dsc00337
タアサイを収穫したが、芯のところに花の蕾みが出来てきた、
今が一番美味しい時だが、とうだちしては収穫を早めなければ、
Dsc00338   Dsc00335
葉がしっかりと、つんでいれば 見場が良いが、霜が降りて氷ると美味しくなる
連作障害が出ないので栽培しやすいが、平たく開くので場所をとる、
日当たりが少なくても育つので、山間は適地である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山芋掘り

Dsc00114
山芋堀を行う、栽培の自然薯である、山の自然薯はイノシシに掘られ
何も無いので栽培するしか、自然薯は食べられない。
Dsc00116   Dsc00115
畑で栽培するのは難しいが(連作は駄目で有る)、自然薯 以外の芋はそうでもない、
栽培でも土を動かすのはえらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失敗

Dsc00091
家庭菜園の野菜が、植え付け時期が遅れて大きくなれない、大根は手首ほどの大きさ、
これでは漬け物は無理である、大根おろしが精一杯
Dsc00094   Dsc00093
水菜、春菊はまだまだ食べれない、正月までに大きくなって欲しいのだが、
根菜類は小さいが食べれるが、野菜は少し遅れると物にならない。
Dsc00095
コリアンダーは寒さでどうなるか?暖かい場所の作物どうなるのか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釜入れ

P1060695
大生姜を収穫し熟成させるために、山に掘った釜に入れる、
今年は生姜の豊作である。
P1060692   P1060693
雨が多く生姜に良い蒸し暑さが続き、例年に無くできが良い、昨年の
3割増しの出来、処分に困るほどである。ジャム、お茶を作るつもりであるが
3キロもあればよい、後は種として保存であるが、種の保存が難しい
余分に種を保存して置きたい、それもあちらこちらにである、
P1060695_2
ひととこに置くと腐れば種が無くなる、さて種が来年まで腐らずにいるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫時期

P1060610
秋の収穫がやってきたが、忙しくて収穫は遅れに遅れている、
霜がまだ降りていないのでまだまだ時間の余裕があるようなないような?
P1060608   P1060611
里芋、サツマイモ、牛蒡、生姜の収穫である、土を掘り起こさなければならない仕事
、体に負担が掛かる仕事ばかりである。
P1060609   P1060607
大根は引き抜くだけで良いので楽であるが、まだ親指ほどの太さであるのでまだまだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧