鬼女蘭

アサギマダラ幼虫

P3040339

ツクシが出て来た、雨が芽だしをうながす。

P3040338 P3040336

写りが悪い確認を怠った、ここも幼虫が大きくない繭に変化は絶望的。

| | コメント (0)

キジョラン谷

P2190354

キジョラン谷の県道を最近清掃行なった人が居て、キジョランを

片付けられて少なくなってしまった。

P2190349 P2190348

高い所のキジョランに3匹の幼虫が付いている、前回と同じ大きさ

大きな幼虫は居ない。

P2190352 P2190353

大きくなりサナギにはなりそうにないが、様子を小まめに見ることに。

| | コメント (0)

アサギマダラ幼虫

Dsc02503-1

アサギマダラ幼虫を山で飼育してみた、キジョラン谷の大きな幼虫が

どこかに行ってしまったので、網を掛けての飼育

P2170341P2170342

1匹だけで小さい幼虫なので、サナギにはならないかも?。

| | コメント (0)

キジョラン種その後

P2140331

ツルからまだまだ落ちそうも無い種である、葉は寒さで萎れたままである、

P2140333 P2140332

花芽はあるが変化無い、これで花が咲き種が出来るとは思えない。

P2140330

 

| | コメント (0)

色が似ている幼虫

Dsc02503_20210209193601

アサギマダラの幼虫がアサギマダラによく似ているな、

今日の幼虫を見て付くずく思った、見つけたのはキジョラン谷では無く

椎茸原木を寝かしてある所である。

P2090334 P2090333

幼虫は小さいが、消えてしまうかと思うとカメラに収めたのだ。

ネットを張り小鳥に食べられるのを防ぐか悩む。

| | コメント (0)

鬼女欄その後

Pb190250_20210204195201

鬼女欄その後は種が一段としなくれた状態である、

まだ種の殻はツルに付いたままである、

P2040326 P2040330

鬼女欄の花はまだまだ変化無い、葉は寒さで丸まっている、

アサギマダラの幼虫は小さな幼虫が丸まった中に入ったままである。

P2040329 P2040328

鬼女欄谷の大きな幼虫は消えたままである、鳥に食べられたかな?

なにか考えなければならないかな?

| | コメント (1)

鬼女欄 谷とでも名付けるか

P1170404

今日は改めて県道81号の鬼女欄の多い所を見に行く、

道沿い100mの間に鬼女欄が30本位はある、で鬼女欄谷としようか

P1170413 P1170414

その中にはアサギマダラの幼虫が付いている葉が4枚ほど有る

小さな幼虫から大きな幼虫が付いている、

P1170411 P1170409

大きな幼虫は葉を沢山食べているが葉がなくなったら移動するのか?

P1170405 P1170406

今日はほんの少しだけ載せるが、幼虫は3匹は見えるが、

1葉に3匹付いている葉も、探して下さい。

P1170415 P1170408

| | コメント (0)

鬼女欄その後

P1150393

久しぶりに鬼女欄を見に行く、種の殻がまだ蔓に取り付いている。

P1150394 P1150395

殻は合い換えあらず茶色のままである、花はも相変わらず小さい

昨年も同じ位の大きさで実が出来たのは1個だけであったが

秋に何個の種が付くかな?。

| | コメント (0)

鬼女欄そのご

Pc240324

鬼女欄は萎れが進んで居るかたわら蕾も見られる、

昨年と同じで小さな蕾である。

Pc240325 Pc240326

蔓は葉を沢山付けたままで、青木の木などの低木に巻き付いている。

Pc240323

| | コメント (0)

鬼女欄2と藤袴

Pc180392

倉真松葉上県道81号沿いの鬼女欄は昨日2個種が出てしまったが、

数日前に種が出た熊さんの遊び場、鬼女欄のその後であるが

Pc180391 Pc180394

アケビのような感じで蔓に付いている、フジバカマの種もほぼ種が出た。

Pc180393

種をSさんがほとんど持ち帰りほとんど無くなる、

今年はフジバカマも少ない年であった。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧